スピリチュアル通訳/翻訳家のススメ
〜過去世のトラウマを手放す〜

突然いつか両親と死に別れひとりぼっちになるという認識が自分の中に目覚め、以来何をしていてもその怖れは消えず夜中に目覚めると涙が止まりませんでした。
スピリチュアル通訳/翻訳家のススメ <br>〜過去世のトラウマを手放す〜

過去世の恐怖心が潜在意識に呼び起こされることはございませんか?

自分の事って普段あまり視えてませんが、あ! そうだったのかと自分の過去世にも関わる新発見が最近ありました。

某先生のクライアントさんとのセッションに同席していた時の話です。

クライアントさんから「幼い頃から背後から襲われる、大勢の人が怖い、殺される恐怖、特に男の人が近くに来ると硬直する傾向がずっとあって、常に背後を警戒してしまうからか背中、特に首肩の痛みがあるのはなぜ?」という質問でした。

その方は10歳当時の或る日「いつか自分も必ず死ぬ」と落雷に全身を貫かれるようなショック体験をし、極めて明るい性格だったのがそれ以降根暗になり友達付き合いも上手くいかなくなったそうです。

このような幼少からの不安恐怖の場合それらは明かに過去世の実体験が因にあり、その課題に再チャレンジしに現世に生まれた後、その体験した年齢に来るとその当時の恐怖を潜在意識が思い出すからだそうです。

私も自分の5~6歳の時の似た体験があります。

そのきっかけは覚えてませんが、突然いつか両親と死に別れひとりぼっちになるという認識が自分の中に目覚め、以来何をしていてもその怖れは消えず夜中に目覚めると涙が止まりませんでした。

誰にも理解されないその恐怖を紛らわすため、たまたま近所の日曜学校へ連れてかれたのをきっかけに私は人生の中によりどころを求める旅をはじめました。

また人生には何回か人生ハイウエイを降りるか否か無意識レベルで成り行きを決定できる場面があると聞いたことありませんか?   私の場合は3歳までに自宅の階段のてっぺんから落下した時、予防注射ショックで逝きかけた時の2件がそうらしいです。

このクライアントさんのセッションではいろいろ共感しました。こういう過去世の影響はそのままだと私達の人生に付きまとい続け、私達はどんどん過去の影に怯える状況になってしまいます。

そこでそれに気づいた時自分でできる対処法を聞いてきました。

① 不安を感じたら即座にNo!という。「No!その出来事はもう終わった、未来は今からこれからだよ!」と。それができたら即神様に感謝を。

② 自分が不安を感じそうな状況(例えば人混みや苦手な人に接近された)でそれを上手くコントロールできたらすかさずまた神様ありがとう!と心の中でガッツポーズ、お礼を。

③ 過去世記憶を筋肉から絞り出すロルフィング等のボディワークを一定期間受ける。時間かけ深層筋肉の体癖を解除し細胞内の条件反射ビビりを解放し自分を生まれ変わらせてあげる。(物質レベルの生活にも影響している問題だから第三者に肉体レベルでそのパターンを解除してもらうと効果大)

④ 朝晩以下の呼吸法を行いその後幸福な自分の生活のイメージを瞑想するエクササイズ呼吸;吸う息と共に「私は愛、喜び、幸福にしたがって生きる選択をしています。」と頭の中で唱え、次は吐く息と共に「そうなっています。神様ありがとう。」と感謝を伝えるこれで1セット。それを24回。仕上げに2分間瞑想―最初はモヤモヤで良い。自分がともかく幸福の最中にいる自分の姿をリアルにイメージし、その安堵感と快感を自分の全エネルギー体に定着させる。

早速私もやってみました。不安になるとNO! と頭の中で言い、成功したらありがとうといいましょう。(なんかイヌの躾けみたい! 騙されたつもりでいいから無意識領域には条件反射が効きます)。

呼吸のリズムで、同時に宣言するのはタイミングが難しいけど24個クリップを用意します。一回毎に移動させると○。ウソみたいに気分は緩みます。直ぐ結果が出てくるのも良いです。

後はロルフィングをやってみましょう。筋トレはエネルギーの強化に欠かせませんが深層細胞から過去世トラウマを確実に絞り出すには「委ねるマッサージ」も最高だと思います。

》前回の記事はコチラ《