背中合わせは仲良しの証拠⁉︎ 姉妹それぞれの役割を担う姫神☆磐長姫神&木花咲耶姫神

縁切りは最後の最後の手段。相手も自分も傷ついてしまい、心も体も魂さえも、修復に時間がかかってしまうし、切ってしまえば相手が悪いで自分は悪くないでなんの反省も出来ませんからね。
背中合わせは仲良しの証拠⁉︎ 姉妹それぞれの役割を担う姫神☆磐長姫神&木花咲耶姫神

佐太神社から約100メートル先、境内から鳥居を出て少し進み、左側へと向かう道へと入り、また少し歩くと、とても珍しい社が背中合わせの神社があります。

こちらの神社は佐太神社摂社の田中神社といいまして、磐長姫神と木花咲耶姫神を祀る神社なのです。

 

縁を解いて縁を結ぶ背中合わせの社

%e7%94%b0%e4%b8%ad%e7%a5%9e%e7%a4%be2

神社境内に入ると、まず田中神社西社が鎮座していますが、こちらを先に参拝してはいけません!

なぜなら、田中神社は縁解きの東社と縁結びの西社で一対の神社なのです。西社から参ってしまうと、縁を結んで縁を切るというなんとも悲しい結果となるのです。

%e7%94%b0%e4%b8%ad%e7%a5%9e%e7%a4%be3

東社に祀られていらっしゃるのは磐長姫神。西社に祀られていらっしゃるのは木花咲耶姫神、そう、日本神話で邇邇芸神の妻になった姉妹の姫神の神社なのです。
こともあろうに邇邇芸神は、好みではなかった磐長姫神を『ブスだから妻にはしない。』と返した為に、人間の寿命は短くなってしまったのです。なんてことをしてくれたんだ、邇邇芸神!

と、ついつい神話を思い出す度にそんな理由で縁談を断った事にムカーッとする私ですが、きっと邇邇芸神はお子ちゃまで磐長姫神の良さを理解できなかったのねと、勝手に怒りをおさめています(笑)

そんな理由もあってか、仲が悪くなった姉妹が背中合わせで祀られていると謂われるこちらの神社ですが、それにしては距離が短い。
これって、姉妹喧嘩して、「ふーんだ!」とぷいっとしている姿にも見えませんか?

きっと夜中、誰も参拝しなくなったら、背中合わせの社は向かい合い、姉妹で楽しくおしゃべりをしているのではなかろうかと妄想する私です(笑)。

 

勝手に脳内変換☆木花咲耶姫&磐長姫神

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

そんな社を擬人化するならこんな感じでしょう。
背中合わせというよりも、お互いに信頼できるから背を預けられる。二人で背を預ければ、ぐるっとどこまでも見渡せるそういった感じかもしれません。

余談ですが、鳥取県には磐長姫神と木花咲耶姫は美人姉妹であったという伝説もあるのですよ! これもまたいつかTrinity記事にてご紹介できればいいなと思います。

縁は切るものではなく解いて結び直すもの。
切ってしまえばお互いに長さを失って次への縁へと繋ぐのが難しく、そして時間もかかってしまいます。縁切りは最後の最後の手段。相手も自分も傷ついてしまい、心も体も魂さえも、修復に時間がかかってしまうし、切ってしまえば相手が悪いで自分は悪くないでなんの反省も出来ませんからね。

まずは磐長姫神にお願いして縺れてしまった縁を解くお手伝いをしていただき、心を見直して反省すべき所は深く反省して二度と同じ間違いを起こさないように肝に銘じます。

切らずに長さの残った縁は、きっと深く反省した分だけ輝きを増し、深みを増し、強さも増して、そして木花咲耶姫神が素敵な縁へと繋げてくださるお手伝いをしてくださることでしょう。

 

《沙久良祐帆さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/sakurayuuho/?c=88928