占い師リルの愛され自己啓発~「怒り」や「ストレス」を上手に浄化する

人は辛くなったとき、誰かに話を聞いて欲しくなるもの。しかし、暗い顔をしてずっと愚痴を吐き出しているだけでは、相手は負担になるばかり。良い空気の中で良い形で聞いてもらえるようなアイディアや知性を自分の内側から引き出すようにしてみましょう。
占い師リルの愛され自己啓発~「怒り」や「ストレス」を上手に浄化する

Trinity読者の皆様、こんにちは。女性専用占いサロンfem代表のリルです。

ストレスを感じているときや、イライラしているとき、そんな【負の感情】を上手に浄化することはなかなか難しいものです。
ついつい誰かに愚痴ってしまったり、周囲に当たってしまったり……といった間違った方法で感情を爆発させてしまうと、余計に悩みは膨らむもの。
感情的になってしまったことで他人からの評価が落ちたり、信用を失ったり、距離を作られてしまったり……という事態に発展することもあるのです。

 

—とても上手に【負の感情】を浄化している人たち—

 

忘れられないエピソードがあります。

これはある惣菜屋さんの中で起きたお話です。
あるパートさんが突然大量のケーキを買って来て、「みんなで食べよう! 」と全員に振る舞ったそうなのです。その惣菜屋さんは大きなお店で、板前さんや学生のバイトたち、パートの主婦たちなど、幅広い世代の男女が沢山働いているのですが、大きな箱に沢山のケーキを詰めて皆の分を持って来たのでした。

「急にどうしたの? 」と驚く同僚たちにその女性は、「昨日の夜、夫と大喧嘩しちゃったの。もう、むしゃくしゃしてイライラが止まらないから、仕返しにお金をうんと使ってあげたんだ。ほら、みんなで食べようよ」といたずらっぽい顔で明るく言うので、思わずみんな笑ってしまい、ワイワイにぎやかなケーキタイムがはじまりました。
ケーキを食べながら、「いったい何で揉めちゃったの? 」「旦那さんはまだ怒っているの? 」など、夫婦ゲンカの話になります。
「本当~に頭の固い夫なんだよ」と彼女も冗談交じりに吐き出し、ああでもないこうでもない……とみんなで語り合ったのです。

172218050

同僚の1人がふと、「気晴らしにお金を使うなら、自分の洋服か何かを買いたくならなかったの? 」と聞くと、「普段は節約もしているし、あとから本当に後悔してしまうような大金は使いたくないんだ。それよりもこういう風に使って、みんなに食べてもらうのが良いの」と彼女は言いました。

自分のものにパーッと使ってストレス発散……よりも、彼女は【みんなとの楽しい時間】のためにお金を使ったのでしょう。
そして、そんなお金の使い方は、負の感情に押しつぶされそうだった彼女の心を元気にしたに違いありません。

 

人は辛くなったとき、誰かに話を聞いて欲しくなるもの。

 

しかし、暗い顔をしてずっと愚痴を吐き出しているだけでは、相手は負担ばかりを強いられてしまいます。これは、疲れやストレスなどを他人にまで連鎖させ、誰のことも幸せにしません。

【誰かに気持ちを聞いて欲しい】というときには(その話題がネガティブな場合には特に)、良い空気の中で良い形で聞いてもらえるようなアイディアや知性を自分の内側から引き出すようにしてみましょう。

247400014

感情的にならない【冷静な気持ち】と少しの【ユーモア】を忘れずに……。

リル

 

《リル さんの記事一覧はコチラ》