~幸せのカギを開ける~「2015年幸せを掴むためには・続編」どうしたらいいの?

幸せを掴むには『出来る方法を考える自分』が必要なのです!
~幸せのカギを開ける~「2015年幸せを掴むためには・続編」どうしたらいいの?

スピリチュアルアドバイザー氷姫(ひめ)です。

第一回目の記事~幸せのカギを開ける~「2015年幸せを掴むためには」どうしたらいいの?では、ご好評頂き誠に有難うございます。この場を借りて深く御礼申し上げます。これからも宜しくお願い致します。

さて今回は、続編としまして前回より少しステップアップしてみましょう。

どのような自分を作っていけば幸せを掴めるのでしょうか?

ただ、幸せになる自分をイメージしても継続しづらいかもしれませんね。

目標を達成するには、先ずいくつかのスモールゴールインの設定が必要です。それが可能になってから初めて大きいゴールを目指しゴールインすると確実性が増します。

初めから大きいゴールを目指すのも勿論良いのですが、確実性からいくと全体の2%の成功率だそうです。

ならば、確実に出来る方法(プラスの法則)を考えれば幸せは最短で更に確実に叶いますね。

例として、ある二人の主婦A子さんとB子さんがたまたま商店街のくじ引きで、特賞のシンガポールお一人様旅行が当たったとします。

どちらも行きたい気持ちからのスタートです。が、結果は?

A子さんは、一生に一度かも?と思い、行こうと自己決断をします。そして、家族に炊事洗濯を教え、自分の小遣いを貯めてどうにかしてシンガポール旅行に行く方法を考えます。

B子さんは、行きたいのは山々だけども家を数日空けるのも家族に何て言おうか、反対されるのではないか?お小遣いもかかるしと、無意識に行けない方法を考えます。

結果はどうでしょうか?

A子さんは、行く為の方法を考え行動した結果、自分で努力し目標を達成しシンガポール旅行に行き感動して帰国し、また海外旅行に行ってみたいと思いました。

B子さんは、行けない方法を考えていたので結果行く為の行動を何もとらなかったのでシンガポール旅行には行けませんでした。

あなたはA子さんとB子さんどちらのタイプでしょうか?

二人のスタートは『シンガポール旅行に行きたい』でしたが、結果目標を達成したのは行く方法を考え行動したA子さんだけでした。そして、A子さんはまた、海外旅行に行きたいと更なる次への目標までも作る事が出来たのです。

幸せを掴むには『出来る方法を考える自分』が必要になります。

やってやれないことはちょっとしかありません。思いを形にすれば願いは叶います。思いを言葉にすればそれを脳がインプットし叶う為の行動を起こし、目標が達成され自己欲求が満たされます。則ち幸せになれたのです。

シンガポール旅行に行きたいという、『思い』が行く方法を考え自ずと脳にインプットし、行く為の行動を自然にとった結果なのです。

神秘的で不思議ですね。

目標を達成する!と、いうゴールにひたすら向かって諦めずシュートを決めて点を取ろうとする自分が気付けばいるのと同じです。

そのゴールインした目標達成点数は貯めておいて、大きいステージが来た時に一気に使うようにするのです。

これを『幸せへの貯蓄』と言います。

賞味期限も消費期限もありません。その時が来るまで大切に閉まっておきましょうね。

『脳にインプット』には他にもあります。『ついている自分』とインプットする事も幸せを掴むには重要な事の1つです。

全ての事をプラス発想する。

素直な心(受け入れる心)

感動、感激、感謝

ついている人と付き合うこと

人を褒めること

相手を思いやる気持ちと行動

「ついている」と言葉に出していうこと

成功者の話を聞く

奇跡は突然にはやって来ません。日々の積み重ねと、全ての行動を起こすか起こさないかはあなた次第です。チャンスを掴み諦めず行動し続けたら夢は叶い幸せは掴めるのです。

迷ったら人の為に無償で尽くしましょう。必ず道は開けると信じています。

あなたの正当な心と行動が幸せを掴む法則を、プラスに作用するでしょう。

そして、毎日楽しくです。1日の目覚めに、今日も楽しく1日過ごそう‼と、声に出して言ってみましょう。知らずに楽しく1日を過ごそうと努力してる自分がいますよ。

夢は叶える為にあるのではなく、叶える為に夢はあるのです。幸せも同じですね。

皆で幸せになりましょう。

全ての人が幸せであるようにといつも心から願っています。