「モテ男の恋愛心理学」モテ男のキメゼリフ集

簡単なテクニックですが、このテクニックが使えれば、とても素敵なモテ男になること間違いありません。
「モテ男の恋愛心理学」モテ男のキメゼリフ集

日頃、私たちが何気なく使っている言葉ですが、それを聞いた人は、楽しくなったり悲しくなったりします。
言葉の影響力は、私たちが考えているよりずっと大きいのです。

また、「モテ女の恋愛心理学」モテ女のキメゼリフ集(*)を掲載していただいたところ、大変好評をいただきました。
(*)http://www.el-aura.com/murata20160523/

-shared-img-thumb-TSJ93_kokuhakujk20150208100556_TP_V

 

そこで、さまざまなシーンで男性が女性に使うと恋愛に効果的なキメゼリフを集めてみました。

「それでいいと思うよ」「その通り!」「いいね!」「うん」
こういう言葉をかけられた女性は、貴方に受け入れられたと感じます。他人から受け入れられると嬉しくなり、相手に好意を持つようになります。親密になりたい時や彼女からもっと好かれたいときに有効なキメゼリフです。女性が最も好むタイプは「頼れる人」です。この決めゼリフは「頼りがいがある」イメージを与えます。

「大丈夫?」「心配したよ」
女性はパートナーから大切にされたいという欲求が男性より強い傾向があります。アンケートを見ていてもその傾向は如実に現れています。女性は歴史を見てもパートナーから守られる存在であったからです。ですから、「大丈夫?」「心配したよ」というような気にかける言葉を待っているのです。

「声が聞けて嬉しかった」「どうもありがとう」
他人から受け入れられると嬉しくなり、相手に好意を持つようになります。また、感謝されるのは心地よいことであり、「声が聞けて嬉しかった」「どうもありがとう」というような言葉は感謝の表明なので嬉しくなり、相手に好意を持つようになります。

「(電話があって)ゴメン! 今ちょっと忙しい」
電話をもらった時に、少しじらしてみましょう。一旦断る事で、彼女の心はフラストレーションが溜まります。そこで、すぐに電話をかけ直すとフラストレーションが一気に発散して、喜びいっぱいになります。これは、少しレベルの高いテクニックですが、有効なので是非マスターしてください。彼女は、貴方の大切さを思い知るでしょう。また、フラストレーションが一気に発散して喜びを感じますので、相手を燃やしたいときも有効なキメゼリフです。

「○○してくれると嬉しい」「忙しそうだけど、こうしてもらえるといいな」
彼女は貴方の意に沿わない言動をすることがあるでしょう。そのような時に、叱りつけるのではなく、このような形でリードすると、喧嘩にならず相手を傷つけずに言動を直してもらいやすくなります。そして、言動を直してもらったら、「どうもありがとう」「うれしい」というと、更に効果的です。

「俺は好きだよ」「そういうところが良いんだよね」
相手が欠点だと思っていることを長所に変えてしまうことです。ポッチャリしている彼女が「ダイエットしようかと思う」などの相談があった時に「俺はそのままが好きだよ」と言ってあげましょう。彼女のハートをワシヅカミです。

「頑張ったね!」「さすが!」
人間は、褒められると嬉しくなり、また褒められたいために頑張ります。例えば、自分のために食事を作ってくれた場合に「頑張ったね!おいしいよ」と言ってあげれば、相手は喜び更に料理の腕を上げることでしょう。

「内緒だよ」「二人だけの秘密だよ」
親密な間柄でなければ、秘密を共有することはありません。逆に、秘密を共有することで親密になるテクニックです。秘密を共有するドキドキ感や後ろめたさがありますが、恋人たちには嬉しいことです。話の最初か最後に「内緒だよ」「二人だけの秘密だよ」というだけの簡単テクニックです。しかし、何回も使えるテクニックではありません。

いかがでしょうか? 簡単なテクニックですが、このテクニックが使えれば、とても素敵なモテ男になること間違いありません。

couple-1198290_1920

 

その他にも、心理テクニックがあります。

そのテクニックをまとめたものが電子書籍「モテ男モテ女 恋愛心理学」です。
概要は、こちらをご覧ください。
http://www.amazon.co.jp/dp/B01EFLWUXE/

村田本

 

書籍紹介
貴方をモテるようにするのがこの書籍の使命です
心理学では、人を好きになる心理プロセスの研究が進んでいます。このセオリーを異性に利用すればモテるようになるはずです。
「異性を惹きつける」「相手にイエスと言わせる」「一挙に恋人の距離に近づける」「マインドコントロール」などの秘法を掲載しています。

 

《村田芳実 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/?s=%E6%9D%91%E7%94%B0%E8%8A%B3%E5%AE%9F&submit=