《夕立の季節に。》こんな視点はいかがでしょう? MIKAKUの易占アドバイス(8月第4週)

ポジティブは大切ですけれど、しっかり落ち着いた動き方も、忘れないようにしたいものですね!
《夕立の季節に。》こんな視点はいかがでしょう? MIKAKUの易占アドバイス(8月第4週)

大衍筮法による易占、4096の卦から得られる、先哲の英知。
取り入れてみると、ちょっと素敵な一週間になるかも?
易者MIKAKU(未畫齋)がお伝えします。

 

地震、雷……

8月24日は、イタリアのベスビオス火山が噴火した日だそうです。

そんなことを意識しつつ、8月25日を調べてみましたところ。
1498年に、東海道で大地震が起きたのだそうです。
浜名湖ができたのは、この地震によるものだとか。
意外と新しいんですね!

……なんて、呑気なことを言っていてはいけないのかもしれません。
私達は、9月1日には防災を強く意識しますが。
裏を返せば、その直前は少し意識が緩んでしまっているかも。

8月はうだるように暑い日が続きます。
ついつい、注意力が散漫になりがちなこと、ありますよね。
レジャーに行く機会も多い時期ですし、ここで少し気持ちを引き締めておくのも、悪くないかも知れません。

232221988

 

雷のイメージ

地震にちなみまして……。
今回ご紹介するのは、「震」という卦です。

「震(震為雷)」は、上下とも雷というかたちです。
古代の中国において、「雷」とは、「実際に落雷する範囲はピンポイントだから」という理由から、「音は大きく恐ろしげだけれど、実際は大したことが無い」というイメージで語られていました。

したがいまして、「震」の卦は、「心配事があるかもしれないけれど、大丈夫。大したことにはなりませんよ。」というイメージを持ちます。
一方で、「それでも音は大きい」わけですので、「ひょっとしたら、世間を大きく騒がすような大成功もあるかもしれない!」というイメージも持ちます。
第三に、「上下とも同じ(雷)」というかたちをしていますので、「二度あることは、三度ある」というイメージも持ちます。

全てあわせますと……。
「失敗しても、大したことは無い。何度でも、チャレンジできる。ひょっとしたら、大成功だってあるかもしれないじゃないか!」
という、非常にポジティブな運気を象徴するということができるのです。

……とは言いますものの。
「雷」は、「音ばかり大きなもの」。
大騒ぎして、軽々しくて。
そういう軽薄さは、あまりお勧めできないとされています。

ポジティブは大切ですけれど、しっかり落ち着いた動き方も、忘れないようにしたいものですね!

60181534

 

出会いのチャンスは期待できます。
相手がいる場合は、落ち着きましょう!

個別の問題について、指針を提案いたします。
参考になるところがありましたならば、幸いに存じます。

金運:無駄遣いには、要注意。
仕事運:積極的に、動きましょう。きっと良いことがありそう。
就職・転職:二度あることは……とは言いますが、腰を落ち着けるのも大切です。
恋愛・結婚:出会いのチャンスは期待できます。相手がいる場合は、落ち着きましょう!
家庭:「雷を落とす」やり方、難しいですよね。後を引かぬようにすることが大切かも。
学問・芸術・趣味:何度でもチャレンジです!

 

《未畫齋さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/mikaku/?c=91777

 

(トップ画像提供・ウィキペディア/イタリアベスビオス火山)