どこに軸を置くかで未来は変わる~丹田・中心軸を感じると答えが出てくる~

今年のGWに受けたご相談で一番多かったのは「どの選択が一番良いか? 失敗しないのはどの選択か?」というものでした。

人生の岐路に立つ時には、迷うことも多いですよね。
ただ、何かを選択をする際には気を付けるべきことがあります。
それは、「一番良い選択」や「失敗しないのはどれか」という事だけを基準に決断をしてはいけない、ということです。

 

〈良い・悪いは価値観や時の流れによって変わる〉

なぜなら「良い・悪い」「成功・失敗」というのは、今はそう見えたとしても、長い目でみると変わってくる場合も多いからです。
また「良い結果を得たい」の「良い」は、私たちが無意識に付けている、主観や偏見・思い込み等に左右された価値観でしかない場合も多いのです。

本当にそれが良いのか・成功と言えるのかは、人生が終わる瞬間まで分かりません。

そもそも「苦しみ、迷い、悩み、決断をする」というプロセス自体が、後々の成功のための必要な学びとして設定されている場合もあります。
また、失敗することで痛い思いをして学ぶ、ということが、その人の残りの人生にとって絶対必要な場合もあります。

ですので、例えば、

・今の彼と結婚していいのか、他にもっと良い人を探したほうがいいのか
・転職したほうがいいのか、今の職場で我慢したほうがいいのか
・離婚したほうがいいのか、我慢して結婚生活を続けたほうがいいのか
・自活したほうがいいのか、親元に残ったほうがいいのか

などは、極端な話「どっちを選んでもいい」と言えるんですね。
それぞれの道に意味があり、学べることが沢山ありますので、魂を磨くという観点からは、どちらでもいいわけです。
ですから、絶対的な「良い答え」はないことが多いんです。

 

〈自分の軸をどこに置くか、を決めると答えが出やすくなる〉

実際、リーディングの際にガイドに(守護存在)に「どれが一番いいでしょうか?」と聞いても、答えが来ない場合がほとんどです。
ガイドは基本的に見守るだけで、人生には介入しないことが原則なので、こういう本人が決めるべき問題への答えをペラペラしゃべることはまずありません。(ガイドの性格によって若干の例外はありますが)

従って、結局のところ一番大切なポイントは、

*自分はどうしたいのか

に尽きると言えます。
とはいえ、自分が単純に望む事だけするのが難しい場合も、この世にはありますよね。
社会的な立場や、家族の中での立場などを無視して決断できない場合もあるでしょう。
そういうときには、

*どこに自分の軸を置くか

という部分をじっくりと考えてみると、今の自分にとって、より適切な答えを出しやすいかと思います。

「軸」を持つことは大事です。
軸がなければ、何を選んでも「やっぱりあっちが良かったかな?」と迷い続けるだけです。

人生は最後の最後まで、何か一番良かったかなんてわかりません。
だからこそ、自分はどうしたいのか、何を軸に生きたいのか、ということを、常に自分の中心に置いて考えてみてくださいね。
それは必ず、自分らしい人生を生きていくことに繋がっていきます。

 

〈丹田・中心軸の「体感」が助けになる場合も多い〉

なお、体感として丹田・中心軸をしっかり感じる練習をすると、理屈を超えて「あ、これだ」という感覚がつかめてくる場合も多いです。

丹田・中心軸が生きる基本、というのは本当です。
ですので、もし今あなたが何かの選択・決断で迷っていて、どうしても答えが出ないなら、一旦問題を置いて、まずはご自分の丹田・中心軸をしっかりと感じてみてください。

体感が出てくるに従って、自分にとってしっくり来る答えが、より感じられるようになると思います。
「この決断でいいのだ」という、全身で肯定できるような答えを、丹田中心軸を感じることで、見つけてくださいね。

 

[ブログ]
http://healing-pianissimo.com/blog/

丹田中心軸のやり方はこちら
http://www.el-aura.com/post_real-spiritual2/

 

《菊山ひじりさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/kikuyama-hijiri/?c=86497