憎き『G』を撃退!
~これからの季節の害虫対策~

植物は自分で体を動かして、害虫を追い払うことのできないので、虫に食べられるのを防ぐために、昆虫の嫌がる香り成分を含むエッセンシャルオイル(精油)を体内に作るようになったと考えられています。
憎き『G』を撃退!<br>~これからの季節の害虫対策~

暑い季節、ジメジメな季節に現れる『G』

光沢のある漆黒の甲冑を身にまとい、まるで忍者のような身のこなし。単体ですら瞬時にして敵を脅かす脅威。生物最強を連想させる生命力。人はそれを『G』と呼ぶ。そう、黒き悪魔ゴキブリ……。

『G』。その名を呼ぶ事さえ恐ろしい存在ですよね。爬虫類を可愛いと言う女性は時々いるようですが、まさか『G』を可愛いと思う人はそれほどいたりしませんよね。

不運にも目撃してしまったら足がすくんで、その周辺を歩けなくなってしまいます。トイレやお風呂、台所など生活に欠かせない重要な場所に出没しようものなら、私の生活はそこでストップしてしまいます。

気の毒ではありますが、トドメを指さない限り、恐怖と不安が消える事はありません。夜眠るときさえ、気になって安心して眠れません。

でも、でも、でも、ここに重要な問題が発生します。それは、自分では恐くて『G』と戦えないと言う事です!

家に人がいたら、もう助けを求めすがるしかありません。他力本願と言われようと臆病者と言われようとも、仕方ありません。『G』を倒してさえくれれば何と言われても良いです。

私にとっては、『G』とはそれほどの脅威なのです。もしかしたら、共感してくれる読者さんも少なからずいるのではないでしょうか。

297704414

 

『G』にまつわるエトセトラ

ところで、この忌まわしき『G』には信じられないような話もあります。
実は東アジアではなんと!『G』を食べる人たちもいるそうなのです!

確かに『G』は繁殖力がありそうですし、有効利用できそうといえば出来そうですが……。どうやら揚げ物にして食べるようなのですが、生理的にアウトという人はどのくらいいるのか気になります。

いえ、気になると言った事は忘れて下さい。文化的な問題なので否定するつもりはありませんが、少なくとも私はもう完全にダメです。世界は広くて不思議がいっぱい。書いていて、自分の血の気が引いて行くのが良くわかります。

 

『G』に屈する事無かれ!

恐るべき敵、『G』。しかし! 私達はヤツラに怯えているだけではいられません。人は時に戦わなければならない時もあるのです!

そのためには、まず敵の弱点を知る事が大切です。一緒に決戦に備えて勉強しましょう!

395103337

 

環境にも優しいアロマで『G』を撃退!

ゴキブリに限らず人間以外の生き物は、そもそもアロマの匂いが苦手なのです。植物は自分で体を動かして、害虫を追い払うことができないので、虫に食べられるのを防ぐために、昆虫の嫌がる香り成分を含むエッセンシャルオイル(精油)を体内に作るようになったと考えられています。

特にハッカのような刺激の強い匂いが苦手なので、これらはゴキブリ以外にも害虫を寄せ付けない効果があります。

ゴキブリが出そうな場所(台所、洗面所、お風呂、トイレなど)や、玄関付近、エアコン周りなどといったゴキブリの侵入経路に、アロマで作った『G』撃退スプレーを吹きかけて下さい。