「京都『五山送り火』の謎 その1」
〜シリウスB星の高次の意識体”ポコプン”からのメッセージPart.30

「船」には、“シリウスの乗り物(宇宙船・飛行船)”という意味が込められています。
「京都『五山送り火』の謎 その1」<br>〜シリウスB星の高次の意識体”ポコプン”からのメッセージPart.30

< いつ、だれが、何のために、始めたのかは謎に包まれています >

毎年8月16日に、2つの「大」、「鳥居」、「船」、「妙法」の文字と絵が京の夏の夜空を焦がす、京都の名物行事・伝統行事の「五山送り火」。

この「五山送り火」の起源や由来は謎に包まれていて、日本の首都であった平安京では、ほとんどの行事や風物は公式な記録が残っているのに、送り火についてだけは、なんの記録も残っておらず、「いつ、だれが、何のために」始めたのかは、謎のままになっている事は意外にも知られていません。

そして、この謎を解くためのリサーチを、ポコプンからさせられました。(かなり大変でした……)その結果、「五山送り火」は、『シリウス星』を意味するものであったことが分かりました。

五山送り火1

 

< シリウス星を意味する「五山送り火」の2つの絵 >

まずは「五山送り火」の「鳥居」と「船」の2つの絵が表す意味についてお伝えします。

「鳥居」

五山送り火 鳥居

 

日本には地上と、シリウスの聖域である海底都市を行き来できる8つのゲートがあります。この8つのゲートとは鳥居であり、ひとつは海底に沈んでしまったため、現在地上には7つのゲートが残っています。その7つのゲートの内のひとつは厳島神社の鳥居です。

この8つの鳥居は全て現在稼働していませんが、「その時」がくると、再稼働させるそうです。日本全国には数々の鳥居がありますが、それらはすべて、この8つの鳥居の模造なのです。

というわけで「鳥居」には、“シリウスの海底都市へのゲート”という意味が込められています。

「船」

五山送り火 船

 

鳥居がシリウスの海底都市へのゲートなので、うつろ舟のような海底都市の乗り物なのかと思ったら、

「シリウスの乗り物ではありますけど、空を飛ぶための乗り物です。古代エジプトの宇宙船の、『太陽の船』のようなものです」
と、ノンモさん。

というわけで「船」には、“シリウスの乗り物(宇宙船・飛行船)”という意味が込められています。

「五山送り火」の残る、2つの「大」と「妙法」の謎については、次回に続きます。

 

ポコプンからの最新情報はコチラから→ ブログ『癒守(いす)の地球』isearth.blog.fc2.com

ポコプンから伝授された「癒守結(いしゅい)」についてはコチラから→ ホームページ:isyui.weebly.com

チャネラーノンモさんの描く不思議な物語→ 『月双ノンモの地球寓話』 http://ameblo.jp/tsukisou

フェイスブック『癒守の地球グループ(非公開)』への参加方法はコチラをご覧下さい→☆

フェイスブック:facebook.com/isyui.healing

ツイッター:twitter.com/eko8ta

 

《八多恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/?s=%E3%83%9D%E3%82%B3%E3%83%97%E3%83%B3&submit=

(五山 送り火/トップ画像提供・ウィキペディア)