数万人の鑑定で視えてきた濱口善幸氏の 「ココロが教えてくれる幸せ」vol.46〜結婚をしない幸せ

皆さんこんにちは! タロット占い師の濱口善幸です。

前回は結婚についてお話しさせて頂きました。

今回は結婚を何かしらの理由があって結婚が出来なかった場合でも幸せになれるお話をさせて頂きます。

なので、最近ご結婚された方や結婚する予定のある方は読まないで頂けたらと思います。

それではお話をさせて頂きます。

 

1.世の中の結婚のイメージ

世の中では結婚することが幸せとおっしゃる方が多いと感じております。

たしかにテレビやアニメを見ても家族が居て、そこでトラブルが起きて仲良くなってハッピーエンドの繰り返しです。

ですが、結婚をしても浮気されたりしたり親の反対や嫁姑の問題など、様々理由で離婚することも沢山あるのが現実です。

3組に1組が離婚してると言われることもあって、離婚が身近に感じるからこそ、この統計が広がった様に思います。

そんな身近に離婚問題を見せられてしまうと「結婚=幸せ」を簡単に感じなくなるのも分かります。

親の離婚や不仲が原因で、結婚する気持ちが無くなった人も多いように思います。

 

2.一人の幸せ

それに比べて一人の生活はとても楽な部分があります。

一人なので、もし何かあっても自分で責任をとるだけなので特に迷惑はかけません。

家に帰っても気遣いが要らないので楽です。

旦那や嫁と喧嘩することも、子供の進路や就職などのような悩みはありません。

独身の良さはきっとまだまだあると思います。

(photo by hamaguchi yoshiyuki)

 

3.乗り越える問題

ですが、問題が一つあります。

その問題は「寂しい気持ち」です。

この問題を解決できたなら

結婚しない人生を幸せと感じられる様になれる、と僕は思っております。

沢山話せる仲間がいたり、親や身内と仲良く過ごしていたり、ペットを飼っていたりすると寂しさは軽減されると思います。

僕がスピリチュアルの観点からこの人間関係を見たときに思うことは

寂しさとは「人と人を繋ぐパイプ」みたいなものに見えます。

もちろん動物たちにも繋がるし、物にも繋がります。

あなたは誰かとこの寂しさのパイプを繋げていますか?

少し僕の話をさせて頂きます。

僕はずっと飼っていた猫と犬と家族と繋がって生きてきました。

大人になって大好きな人ができて、初めて他人と繋げることができました。

だけどちょうど1年辺りで相手に裏切られ、僕は二度と人を愛さないとまで思いました。

その時は生きる意味さえも分からず、思い出される楽しかった日々が耐えられないくらい辛くて、早く死んで楽になりたいとまで思いました。

今でこそ生きていて良かったと思います。

あの時死んでいたら、今の仲間たちとは会えて無かったと思いますし、こうして僕の記事を読んでくれてる読者さんにも会えてなかったのですから。

知らない間に僕の寂しさのパイプは、沢山の人と今繋がっています。

人と人を繋ぐ為に寂しさというパイプを繋げることが、本当に大切なのです。

そして、その寂しさのパイプを理解できたら自分自身とも繋げてあげることで、寂しさは楽に、そして心から人と繋がることができるということなのです。

心が寂しいと訴えた時に、あなたの寂しさのパイプを誰かに繋げて、心から人と接することでたとえ結婚がなくても、たとえ家族がいなくても心の繋がり合いで人は幸せになれます。

(photo by hamaguchi yoshiyuki)

 

4.最後に

自分自身と繋げるのは難しいので補足させて頂きます。

下に書きました三つのことをやってみて下さい。

①自分の寂しさに気づいて下さい。

②気づいたその寂しさにごめんねって声をかけて下さい。

③一緒にこれからも過ごしていこうねと最後に声をかけてあげて下さい。

少しでも涙が出そうなったり身体が熱くなったりしたなら、
心と自分自身が繋がった証拠になります。

何も感じなかった人は、もしかすると既に繋がっている可能性が高いので安心して下さい。

もし、やっぱり結婚したいなぁーと思うタイミングがあればそれはそれで結婚に向けて行動することも良いことなので、その時はまた婚活を始めてみるのも良いです。

一人も二人もどちらも同じくらいに幸せなことですから。

 

《濱口善幸 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/hamaguchi_yoshiyuki/?c=99657

 

(Top/photo by hamaguchi yoshiyuki)