水の飲み方にご注意~熱中症対策は万全ですか~

人間の身体の60%を占める水。だからと言って取り過ぎは禁物!正しい知識で賢く水分補給をしましょう。
水の飲み方にご注意~熱中症対策は万全ですか~

熱中症に注意!

今年も猛暑がやってきました。
7月14日に消防庁が発表したところによると、7月6日から7月12日の一週間で「熱中症による搬送人数が3058人」。
「前の週の7倍以上」となりました。
この時点で「死亡者が4名、重症とされた人が52名」ということで、これから、熱中症にはより注意が必要になっていきそうです。

熱中症とはなにかというと体の中と外の暑さによって引き起こされる体の不調と定義されています。
具体的には、「めまいや失神、頭痛、吐き気」などのさまざまな症状がでて、最悪の場合、「全身の臓器に障害が発生し死亡してしまう」こともあるものです。

最初は軽い症状だと思っていても、「短時間で急速に重症化」する場合もあるとされており、「ちょっと暑さにやられたかな?」と思っていたら、「いつのまにか意識を失い倒れてしまう」というケースもありえます。
そんな熱中症を予防する方法としては、適切な温度管理はもちろんですが、「水分を取ること」が最も有効とされています。

水分は熱中症対策だけでなく、ダイエットにも重要

水分を摂取することは、熱中症対策だけでなく重要とされています。
「適切な量の水を飲むことで、ダイエットにも効果的」というのは、有名といえるでしょう。
体内の「老廃物を汗として排出してくれたり、便を排出してくれる」という「デトックス効果」はもちろんですが、「血流をよくすることで、基礎代謝をあげる」ともいわれています。

そのために、水分を「女性ならば1日あたり1.5リットル」、「男性ならば2リットル」程度摂取することが良いとされていますが、「カロリー0だし、多く飲んだ方がより効果がでるだろう」と思って、「大量に飲むことは厳禁」です。

こわ~い水中毒

聞き慣れない言葉かもしれませんが「水中毒」というものがあります。
これは、大量の水を摂取することでひきおこされるもので「軽度の疲労」「頭痛や嘔吐」「神経過敏」「精神不安定」などを経て、最悪の場合「痙攣昏睡」「呼吸困難」「精神疾患」を引き起こしてしまい、「死亡にまでいたる」こともあるのです。

普段から水を摂取するように心がけている人が、熱中症対策と思って、さらに水を無理に飲むことで、逆に「身体に害を与えることになってしまう」ので「要注意」と言えるでしょう。

熱中症と水中毒から身体を守る方法

では、水中毒にならないためには、どうしたらいいのか?

基本としてはトイレを我慢しないこと」「上記の水分の摂取量を超えないこと」があげられます。
また、お水を冷やしすぎず、「常温で飲んだ方が急激な水中毒におちいりにくい」ともいわれています。

熱中症対策としては、水分の量を増やすのではなく「体内に吸収しやすいものを摂取する」ことがベストです。
「経口補水液」などはそういった吸収されやすい水分ですが、ここで注意するポイントとして、「スポーツドリンクなどを飲み過ぎるのはやめましょう」。
なぜかというと、味を良くするために「大量の砂糖や香料がふくまれています」ので、「糖分過多や虫歯になったりする」可能性が高いのです。

経口補水液の作り方

市販のスポーツドリンクのように甘すぎず、自分で成分をはっきりと把握するためには、自作の「経口補水液」を作るという方法がオススメです。
さっそく、そのレシピを紹介しましょう。

材料
水…1リットル
塩…小さじ2分の1
砂糖…大さじ4

この「3つの材料をよく混ぜる」だけで完成です。
味は市販の物に比べるとかなり劣りますが、「通常の水に比べると25倍もの吸収力がある」とされていますので、汗をいっぱいかいたあとや、暑いところで作業するときなどは、こちらを飲むようにすることで、水分を取り過ぎずに熱中症対策も可能です。

私たちの身体の60%は水でできています

それだけに、水分というのは非常に重要な要素ですが、間違った摂取の仕方をすることで、「身体全体のバランスを崩してしまう」こともある、ということをしっかりと把握した上で、賢く水分を補給して猛暑を乗り切りましょう。

Hot is summer. Be careful to water intoxication.
Introducing the drinking and recipes of efficient water.

》前回の記事はこちら《