簡単すぎて続けられない!? 運気が上がる体操

運気を上げる方法として、固くなった心も体もリラックスさせることが大事です。誰にでも、すぐに出来る「でんでん太鼓体操」をご紹介しましょう!
簡単すぎて続けられない!? 運気が上がる体操

 

運気は万人受けするテーマ

占いはどうでもいいけど、運気が上がる方法を追求される方は本当に多いです。

運気については万人受けするテーマなのでしょうね。
現に過去記事で運気を扱うこちらのページは1200イイネを突破いたしました。

著名人の方々も「実力より運を磨け」とおっしゃる方が多く見受けられます。

「松下電器は運のええもんで固めまんのや」
by松下グループ創業者 松下 幸之助さん

「人生の98%は運である」
by作詞家 秋元 康さん

「人生は丸ごと運である」
byタレント萩本 欽一さん

「人生の90%以上は運に左右されている」
by H・I・S 取締役会長 湯田 秀雄さん

では、この運とはどうしたらついてくるものなのでしょうか?
最もシンプルで簡単な方法を一つご紹介しましょう。

kinryu

 

心と体はつながっている

ご存知ですよね?
心と体はつながっているから、体が固いと心も固くなります。
そして引き寄せの法則は執着を手放した時……つまり緩めた時に引き寄せが働きます。

心が固いままだと、引き寄せの法則は働きません。

つまり運も付かないのです。

A ガチガチにがむしゃらにがんばっても成果が上がらない人
B ゆるゆるでテキトーなのに何でもうまく行ってしまう人

Aのタイプの方はBのタイプの人を「ありえない!」「ずるい!」と感じるのではないでしょうか?
その感情の奥には「うらやましい」「自分もそうなりたい」が入っているのですよ。

AさんでもBさんになれますよ。
それはガチガチに固まった心をゆるめることです。
そして体も固いはず。
心のゆるめ方がわからなくても、体をゆるめれば心もゆるみます。

では、体をゆるめるにはどうすればいいのか……?

その方法としてお医者さんでも取り入れられている主流な心理療法、リラクセーション法における<筋肉弛緩法>というものがあります。

筋肉に力を加えて緊張させた後で、一気に力を抜いてその部分がリラックスしたことを感じて行くもの。
ですが、練習が必要な技法ですので、何も考えずにポカンとできてしまうこちらを紹介します。

ikari

 

でんでん太鼓体操

太極拳の「スワイショウ」(鳥の羽ばたきの意)とも呼ばれるでんでん太鼓体操は、一瞬で体をゆるめることができ、内臓と体の中心を整えてくれます。

その他の相乗効果として、ウエストを引きしめ、皮下脂肪と内臓脂肪を共に燃焼。便秘や下痢・冷え症・肩こり・腰痛の改善に効果があります。

注意点として

・お尻を振らない
・ひねる速さは自然に任せる
・終了する時は徐々にスピードを落とす
を心がけて下さい。
また首を振るとめまいがする場合は、首から上を動かさないで行いましょう。

① 足を肩幅に開き、真っ直ぐに立ちます。
② 肩の力を抜き、両腕を自 然に下ろし、ひざは真っ直ぐ伸ばします。
③ 肩を左に回し、視点の移動と共に上半身を左にねじる感じで、上体を左にひねります。その回転に合わせて両腕をぶらんと振り、胴体に巻き付けます。
④ 上体を左にひねった反動を利用して、同じ要領で右方向へ身体と腕をひねります。

最初は1日1回、1分~2分間程度から始めます。
→慣れてきたら毎日3分間行ってみましょう。
→もっと慣れてきたら3日は続けましょう。
→3日続いたら、3週間(21日間)続けましょう。

しかし、このでんでん太鼓体操は、いつでもどこでも好きな時にポカンとできることで、簡単すぎて続けられないのが難点です。
人は誰でも簡単にできることは後回しにしてしまいがちですものね(苦笑)

「なんでも21日やり続けると習慣になる」という21日の法則を利用して習慣にしてしまいましょう♪

 

体が固いと心も固くなります。
体がゆるめば、心も緩めます。
心がゆるむと引き寄せが働く。
ゆるい人ほど何事もうまくいってしまう。

心のゆるめ方がわからない人は、まずは体をゆるめましょう。

denndenn

 

<お知らせ>

小川いくよの「知らないと運気を逃す風水基礎講座」@愛知県春日井市
詳しくはこちら→ http://ameblo.jp/kikyou194/entry-12107739094.html

 

《小川いくよ さんの記事一覧はコチラ》