■免疫を高める食品選び〈14〉 ~アーユルヴェーダにおける肉の薬効 part.1~インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.96

牛肉は、乾いた咳、疲労、慢性鼻カタル、衰弱および過剰飢餓を治すと言われています。

・タイでの休日で「肉は薬」を実感

インド生活では環境的に、特にベジタリアンになるつもりはなかったとしても、普段食べるものは自然に菜食寄りになり、今思えばまるで修行僧のような食生活を送っていた時期がありました。

現在はインドを離れ、バリバリの非菜食王国・タイに住み、インド生活の頃とは違い、肉はいつでも食べたいだけ食べられる環境に身を置くようになりましたが、こういった環境では、肉を含めた動物性のタンパク質は本来「薬」であることをすっかり忘れてしまいやすいのも事実。
私自身、これを日々忘れないように気をつけています。……

さて、肉が薬となることをしみじみ実感したのは、どっぷりインド生活をしていたときのことです。
当時は休日になるとたまにタイのバンコクを訪れていました。

タイに滞在する限られた日数の間、インドではほとんど食べることのできない本物の日本食を堪能すべく、何気ないちょっとした豚のひき肉やチャーシューの入った味噌ラーメン、ギョウザといった庶民の味をすごく楽しみにし、非菜食の日本食を味わったものでした。(インドに戻ればまたベジタリアン寄りの生活に戻るので、ある意味ノンベジフードの食いだめでした)

そして、そのたびに、インド生活でのベジタリアン寄りの日常食ではタンパク質が全然足りないな、と実感しました。
タイで肉を食べたその翌日には、肌艶が明らかにアップし、活力も即効湧いてきたからです。
タイにくるたびに「体は正直だな」と思ったものです。

 

■アーユルヴェーダの古典に記された、肉の薬効:

(肉のスープは虚弱の特効薬)

インドはベジタリアンが圧倒的に多く、ヴィーガンの人たちも大勢いる国というイメージを持たれがちですが、古代のインドには、今のような完全な菜食という概念は存在しませんでした。

有名なヨガ導師といわれるスワミ・ヴィヴェカナンダなども「より高い霊的修行のためには体は強くなければならない」という理由で肉を食べていました。

アーユルヴェーダの古代教本には、肉について数多くの精巧な記述があり、そのひとつチャラカ・サンヒタには「良質の肉は強さを促進する」と記され、どの肉をどのように調理して食べるか、スープとしてとった場合、ひき肉で食べた場合、ローストした場合など、さまざまな調理法やそれらの薬効などが述べられています。

中でも肉スープは、最も栄養価が高く、極度の衰弱のための最善の薬と説明され、特にヴァータを軽減するための特効薬として有名です。

アーユルヴェーダにおいて、ヴァータは要注意ドーシャで、ほとんどの病気の要因がヴァーダ悪化だと考えられています。

このため、ヴァータを悪化させやすい生野菜は極力減らすように言われています。

野菜は一般的にギーやゴマのような油で調理し、消化を良くするためにスパイスで味付けしています。
ヴァータ悪化は、生まれつきの体質だけが影響するわけではありません。
老齢のほか、寒い気候、エアコンがききすぎたオフィス、ペースの速い現代の生活スタイルといった環境も、ヴァーダを悪化させかねません。

肉は本来、そんな現代人のヴァータドーシャをなだめる特効薬となる食べ物なのです。

 

《肉の種類別効果》

(イグアナの肉も薬??)

例えば孔雀の肉は、目、声、知的能力、肌色、聴覚などの改善のために一般的に摂取されていました。

山羊の肉は組織を膨らませるために、肉汁の形で使用され、バスティー(浣腸)にも使われてきたということです。

山羊や羊の肉は、体を正常化し強化するものとされ、ヴァータの人や衰弱状態にある人にとって最強の薬となり、また体内に毒素や老廃物を生じさせない肉としても知られています。

牛肉は、乾いた咳、疲労、慢性鼻カタル、衰弱および過剰飢餓を治すと言われています。

また、チャラカのような古代教本では、白鳥、イグアナ、スズメ、ウズラ、ウサギ、バッファロー、カメ、サイといった他の動物の肉についても叙述され、ある教本ではトラ、ライオン、カエルなどの肉の特性にも言及しているとのことです。

肉を徹底的に薬としてみる科学的な眼差しは、ある意味、冷淡に思えなくもないですが、アーユルヴェーダでは肉の薬効だけに焦点を当てているわけではなく、その注意すべき点についても触れられています。

◎次回 part.2 では、「食べ過ぎに注意! ヴァータの特効薬・肉は、ピッタやカファには毒になる?」をお伝えします。

 

《村上アニーシャ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3/?c=73188

 

(トップ画像/ヴァータ悪化につながる速いペースの現代ライフ)