エアリアルヨガで、楽しくストレッチ!
体幹アップ、バランス感覚アップ!

はじめてすぐでも、こんなポーズもできたりする。
エアリアルヨガで、楽しくストレッチ!<br>体幹アップ、バランス感覚アップ!

●先生の指示を守れば、初心者でも楽しめる。

エアリアルヨガは、天井から吊るされたリボンで体を支えて行うヨガ。
やってみたいと思っても、アクロバティックに見えるし、自分にできるかどうかちょっと心配、そんな人も多いのでは?

今回は、大阪市中央区にあるSHALAさんで、エアリアルヨガを体験させていただいた。
ここでは、参加者の体のコンディションや体力、経験などに合わせてレッスンしてもらえる。体験レッスンを受けるのは、とってもおすすめ。
自分に合ったスタジオを見つけるためにも、エアリアルヨガが自分に合っているかどうかを知るためにも、試してみたい。

エアリアルヨガの特長は、ムリなく体をストレッチできること、そして深いリラックス感が得られること。
いろいろな動きを行っていく上で体幹とバランス感覚が必要なので、これも鍛えられていく。

はじめてでも、先生の指示をひとつひとつ守って、自分のできる範囲で行うようにすれば、ムリなく気持ちよく誘導してもらえる。
先生のおっしゃることには、効果的に安全に行うための大切なことが本当にいっぱい含まれているから、自分のものにしないともったい。

今回、教えていただいたSHALAさんでは、構造的に2トンの重さまで吊り下げに耐えられるようにつくられているそうだ。
スタジオによって、耐荷重は違うかもしれないけれど、最初に、何キロまで大丈夫か確認すると、すごく安心して体をまかせられ、リラックスして楽しめる。

 

●自分の体重を利用して、じんわりストレッチ。

地面で行うストレッチより、可動域が広がるエアリアルヨガのストレッチは、自分の体重を利用してじんわりと負荷をかけるができ、体を少しずつ伸ばしていける。

例えば、座って片腕だけをリボンにかけ、前屈していくと、ただ腕を前に伸ばしただけでは伸ばすことができない脇の下にも体重による負荷がかかってじわじわと伸びていく。
さらに自然に、肩の後ろも伸びていくので、肩の可動域が広がる。

前から後ろへ腕をまわしていく動きにも常にじんわりと体重がかかっていくので、ふだん動かさないところがストレッチできる。
このような簡単なポーズでもエアリアルヨガのストレッチ効果が体験できるから、ふだん運動をしない人や高齢者の方にもムリなく行えるようだ。

実感としては、この動きで肩のこわばりがふんわり解消された。
体重による負荷には、もうひとつ利点がある。
それはリボンに当たる体の部分に体重がかかるので、その部分が効果的にプッシュされる。

ライトなツボ押し効果のようなイメージ。
ひとつひとつのポーズや流れは、そのことも考慮されて作られている。

 

●ヨガで、できなかったポーズができる⁉︎

片脚で立ち、もう片方の脚を横から上方向へ伸ばしていき、手で持つY字バランスのポーズは、難易度が高い。
ヨガだけでなく、フィギュアスケートやバレエなどでもよく見るポーズでできたらカッコイイけれど、脚を伸ばしつつ高く上げていく中でバランスはなかなかとれない。

そんな憧れのY字バランスが、リボンの力を借りたらできるのだ。
リボンの支えがあれば、自分の柔軟性や筋力の範囲でムリをしないで上げられる高さで、ポーズをキープできる。
リボンがなければ、バランスを取る前に脚が床につくだろう。

でも私たちには、リボンの助けがある。
バランスがくずれても支えがあるので立て直しができ、そうすることでバランス感覚も養われていく。
逆立ちは、血行促進や下がり気味の内臓を上げられるなどのメリットがあると言われているが、できない人も多いのではないだろうか。

ふだん運動をしない人がいきなりチャレンジするには、ケガなどの心配も。
エアリアルヨガなら、逆立ちができない人もできるポーズがある。
先生の指導を守れば安全、しかも腕をだらんとしてリラックスしてできるのだ。

できなかったポーズができる利点は、カッコイイだけではない。
できたときに得られるストレッチ効果やバランスをとることによる効果、体幹を鍛える効果などが得られる。

リボンに支えられてY字バランスをとっている自分を鏡で見てみよう。
できている! その感じがうれしくて気分も上がってくる。

*さあ、繭の中でリラックスしよう

 

●リボンに体をゆだねて、揺れる感覚を楽しもう。

エアリアルヨガには、いろんな効果や利点はあるけれど、特に実感できるよさは、リラックス感と楽しさではないだろうか。
体がゆらゆらする中でバランスをとる、ブランコのような遊具で遊ぶような楽しさ。
恐怖感と重力を忘れて、日常のわずらわしさもすべて捨てて、リボンと先生の誘導に心も体もゆだね思う存分に体を伸ばし、ゆらゆら揺れてみよう。
子どもの頃くらい身が軽くなった気がしてくる。

最後のポーズは、リボンをハンモックのように伸ばして、その中に寝転ぶ、ヨガのシャバアサナのスタイル。
繭の中で眠るような、やさしい何かにつつまれるような安心感、無重力の心地よさ。
いつまでもその感覚にとどまっていたくなる。

照明が落とされた空間の中で、深いくつろぎが広がって、わずかな時間でも充実したひとときが過ごせる。
リボンと別れ地上に降りると、日常が戻ってくる。
しばらく少しぼうっとした感じもある。

現実から少し離れたような時間、エアリアル。
先生の空中で流れるように繰り広げられるすごいポーズの数々に見とれていると、「できるようになりますよ」と、言ってもらえた。そんなうれしい言葉を信じて、レッスンを続けてみよう。

 

yumi先生

全米ヨガアライアンス認定 RYT200
エアリアルヨガTT
エアリアルヨガ アドヴァンスTT

INBODY shala エアリアルヨガ
http://for-inbody.com

 

《梶 和佳 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/angelwaka/?c=130406