2015年5月26日(火)〜28日(木)
”抱きしめる聖者”アンマ来日のご案内
〜アンマの抱擁から無償の愛を感じよう〜

過去44年の間で3,500万人を抱擁し、その心を癒してきたアンマが、来場された皆様に対して一人ひとり優しく抱きしめてくれます。
2015年5月26日(火)〜28日(木)<br>”抱きしめる聖者”アンマ来日のご案内<br>〜アンマの抱擁から無償の愛を感じよう〜

毎年TRINITYでもご紹介をさせて頂いている、抱きしめる聖者アンマ(マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィ)が遂に明日、来日します。

Amritaheart-Amma

amma

世界中を歴訪し、訪れる人 ひとりひとりを優しく抱きしめる行為から「アンマ(お母さん)」と慕われ、海外メディアでは『世界で最も影響力のあるスピリチュアルリーダーのひとり』として、ローマ教皇やダライ・ラマ法王と共に紹介されました。

過去44年の間で3,500万人を抱擁し、その心を癒してきたアンマが、当日のプログラムでは来場された皆様に対して抱擁し、無償の愛を感じさせてくれます。

他にも、会場ではインド伝統音楽やインド占星術、チャリティーバザーなども予定されており、アンマの幸福と併せてインドの魅力もたっぷり体感できる内容となっております。

 

アンマが代表を務めるエンブレイシング・ザ・ワールド(ETW)では世界42か国以上で、大規模な人道的支援活動を展開しています。

出典:アンマ公式サイト

宮城県東京事務所副所長 相馬敬喜氏に寄付するご様子。 〜ガーデンシティ品川にて行われた2011年7月23日アンマ来日プログラムより〜

アンマは、東日本大震災で多くの人々が苦しんでいるとき、救援・復興のために、日本に大規模な寄付支援を行って下さいました。

アンマのボランティアたちは震災からわずか2日後の3月13日より、民家と農地のがれき撤去、避難所で年配者や子供たちの補助、食料、日用品と医薬品の配布などの積極的な支援活動を行っていたことに感謝をされている人々もたくさんいらっしゃいます。

また、先月ネパールを襲った大震災に対しても、アンマは緊急支援として、ETWから50トン(5万kg)の小麦と、2千セットの暖かな衣服や医薬品等を送るようにしました。
さらには地面の状態を調べ、今後数日間で援助活動をサポートする、より多くの方法を見つけるために、上級代表者を現地へ派遣するといった対応もしました。

今我々ができることは何か?

今我々がすべきことは何か?

その答えを誰よりも一番理解し、誰よりも積極的に、『愛』と共に行動されるのがアンマ。

当日は、アンマの抱擁を受けることによって、全てを包み込むアンマの偉大さと共に、自分自身を見つめ直し、今自分がすべきことに気づかせてくれることでしょう。

 

<第25回アンマ来日プログラム‐Embracing The World-

【日程】2015年5月26日(火)、27日(水)、28日(木)

【会場】TRC東京流通センター 第二展示場 Fホールにて

(東京都大田区平和島6-1-1(東京モノレール「流通センター」駅 正面2階)

≪入場・抱擁等無料/入退場自由≫

 

【日時】

26日(火)

開演11:00(開場10:00)

*初日の整理券は夕方5時配布終了予定です。

27日(水)

〈午前の部〉開演10:00(開場09:00)

〈午後の部〉開演18:30(開場17:30)

28日(木)

〈午前の部〉開演10:00(開場09:00)

〈午後の部〉開演18:30(開場17:30)

 

【内容】

〈午前の部〉メディテーション(アンマと共に開演後15分間)、

アンマによる来場者一人ひとりの抱擁

〈午後の部〉アンマのスピーチ&歌(インド音楽)

メディテーション、アンマによる来場者一人ひとりの抱擁

(*午前の部の終了時間は、通常、午後となります)

※抱擁を受けるには整理券が必要で、抱擁を受けられるのは一日一回です。

 

【整理券について】http://www.amma-rainichi.org/#postbottom
抱擁を受けるには整理券が必要です。整理券はその日のその回に限り有効で、開場とほぼ同時に配布を開始します。午後の部に電車でお越しの方は、終電を考慮し、早めにご来場の上、整理券をお受け取り下さい。

 

【主催】特定非営利活動法人国際チャリティ協会アムリタハート

アンマ来日専用サイトhttp://www.amma-rainichi.org/

アンマ公式サイト http://www.amma.jp/web/index.html

アムリタハート http://www.amritaheart.org/

アムリタハート・ブログ(NPOアムリタハート便り)http://ammanpo.blogspot.jp/

日本MAセンター・ブログ(MAセンター便り)http://macenterjp.blogspot.jp/