オーラを見るより簡単! 太陽のプラーナ(氣)を見る方法

オーラを見るより簡単! 太陽のプラーナ(氣)を見る方法

「プラーナ」という言葉を耳にしたことがおありでしょうか。
プラーナとはすべてのものに必要で、すべてのものに内在する生命エネルギーのこと。
そしてその主な源は太陽です。こう言うとオーラや氣のような「目に見えないもの」のように思えますが、この太陽のプラーナ、意外と簡単に目視することができるのです!

霊感や特殊能力の開発などは必要なく、どなたでも見えるはず。
今回はその方法をご案内しますね。

まず、時間は日中の太陽が出ているとき。天気は晴れでも曇りでもOKです。
場所は目の前の空が開けているところをオススメします。
そこでどこも意識して見ずに、ひたすら目をぼんやりとさせてみてください。何かに焦点を合わせるのではなく、なんとなく目を開けている感じです。
すると、無数に飛び交う光の粒が見えるはず!
オタマジャクシのように尾を引き、放縦に飛んでいる太陽のプラーナ、それはそれはキレイですよ。

かくいうわたしも、過去記事にもあるお気に入りのチルアウトスポット『七沢荘』(https://nanasawasou.jp/)の“氣の広場”で瞑想をしようとぼんやりし出したときに偶然目にし、あとあとそれが太陽のプラーナであると判明。元気に飛び交う光がなんだかとっても愛しくて、以降、気が向いたときにちょくちょく見ています。
生命エネルギー、自然エネルギー、宇宙エネルギーである太陽のプラーナ。うっとりと見ていると、感謝があふれて心身が浄化され、エネルギーがチャージされていくんです。
時間を忘れ、ただ四方八方に飛ぶ光とセッションする至福のとき。慌ただしいこのご時世だからこそ、こういう時間を大切にしていけたらと思います。

普段から吸収している太陽のプラーナも、肉眼で実感したときの感動はまた格別。
みなさんもトライしてみてくださいね!

なお、光、太陽のプラーナと深い関わりがあるのが「第三の目」と呼ばれる“松果体”という脳の器官。身体の自然のリズムを司り、また次元をつないだり直感的にものを見たりするなど神秘的な力を持っていると言われています。
この松果体の詳しいはたらきや鍛える方法、石灰化を防ぐ方法などについても、次回以降の記事でふれていきたいと思っていますのでお楽しみにしていてくださいね。

(弥栄)