池田日子先生インタビュー「内なるパワーに蓋をしないで。ネガティブなエネルギーが現実の人生まで変えてしまいます」

池田日子先生インタビュー「内なるパワーに蓋をしないで。ネガティブなエネルギーが現実の人生まで変えてしまいます」

古来、信仰の山とされてきた神戸・高取山の中腹にある池田日子先生のヒーリングサロン「光への扉」。女性誌の取材を受けたことから人々が殺到し、「池田先生のところに行けばなんとかなる」と関西スピリチュアル界でも名の通る存在に。22年ものカウンセリング実績を通し、これまで1万人もの人々を救済してきました。クライアントのエネルギーを視て、問題解決を図る池田先生のスピリチュアル・カウンセリング、その人気の秘密に迫ります。

■エネルギーの停滞を取り除いて生き方を見つめる

池田先生のカウンセリングは悩みの原因を紐解きながら、その人だけにフィットする方法を見出す、オーダーメイド型。エネルギー浄化、高次元意識へのコンタクト、エネルギーの調整、前世療法、チャネリングなど様々な方法を用いて、心の不調を取り除いていきます。
「悩みを抱えている方はご自身のパワーに蓋をしている状態なのです。そのフタを取り去るのが私の役目。そうすれば物事は自然に解決に向かいます。クライアントさんとサロンで対面し、エネルギー交流すると、どこにエネルギーの停滞があるのかが分かります。過去のトラウマや前世だったり、問題の糸口を探り、癒していきます」。

■「今年結婚しそうね」の一言で…

予約の電話で先生と話しただけで心がスッキリしたというクライアントさんもいるほどのヒーリングパワー。結婚を願っていたある女性のエネルギーの状態を視て、「今年結婚しそうね」といったところ、本当に結婚!
彼女は「他の占い師さんには「今年は結婚できる」といわれても何年も独身だったけど、先生の“予言”だけは当たった!」と喜びました。
先生には、「家族との問題が解けたのが視えた」ので、すぐに結婚が決まると教えたそうです。

■チャクラに波動を送るリザレクション・ボイスチャクラヒーリングとは?

そのパワーは近年さらに高まり、カウンセリングも大きく革新されています。
「十数年来のクライアントさんにはそのパワーの違いがはっきり分かるようです。セラピーでもチャクラに波動を送りこむ、リザレクション・ボイスチャクラヒーリングを取り入れました。
私たちの体には、7つのエネルギーポイントがありますが、ネガティブなエネルギーが影響して、チャクラに残留した記憶が、次第に現実にも変化を及ぼしてくるのです。各チャクラのネガティブ・エネルギーを浄化することで、人生観が変わるのです」。
感動に包まれて心が静まり、セラピー後に心泣きだす人もいるといいます。

■言霊と内なるパワーを信じて

阪神大震災をきっかけに霊的な才能が一気に目覚めたという池田先生。言霊とエネルギー交流で幸せな人生を花開かせてくれます。
「みなさんの悩みに寄り添いながら、道を切り開くお手伝いをします。もし、今辛いことがあるなら、鏡を見て最高の笑顔を作って。そして自分に響くように言霊を発しましょう。それだけでも内なるパワーが動き出す力を生みだすのです」。
 
 
HP:光への扉
http://motherhiruko.jp/