マイケル・エステと呼ばれるゆえんは!? 〜ライフ・フォースの源とつながって得られる、光輝く若さと美しさ〜 マイケル・フレミングのATPコーチングの秘密

マイケル・エステと呼ばれるゆえんは!?  〜ライフ・フォースの源とつながって得られる、光輝く若さと美しさ〜 マイケル・フレミングのATPコーチングの秘密

ライフ・フォースの源とつながる

マイケル・フレミングは米国在住のライフ・コーチです。元理学療法士で生物理学士号などの博士号を複数持つアカデミックな背景に加え、瞑想や気功など東洋的なアプローチへの造詣も深く、長く職人的とも言える研究と臨床経験の中で、とてつもない変容を人にもたらす、革新的なコーチング・メソッドを確立しました。

脳神経科学や発達心理学にも精通するマイケルは、人間は、生後三年という、生育の極めて早い時期の経験と学習によって、一生を左右してしまうネガティブな思考パターンを身につけてしまうという事を発見したのです。

小さな頃にお母さんに叱られただけで、膝が崩れ落ちる様な無力感や絶望感、あるいは強い抵抗感や怒りを感じた経験はありませんか? これは、ひとりでは生きてゆけない無力な人間の幼児の、”養育者からの愛と注意力を失うこと=ライフラインを失うこと”、という動物としての本能的危機認識によって起こる、強烈な感情反応です。

赤ん坊はお腹が空いた時や不快な状況に置かれた時に、助けを求めて泣きます。大人にとっては日常茶飯事と感じられる泣き声かもしれませんが、赤ん坊にとっては毎回が真剣勝負です。もしも空腹時に泣いて助けを求めても、なんらかの事情で誰もそれに気付いてくれなかったら、その時赤ん坊の脳とからだは、”命を脅かされている”と知覚し、”泣いても助けてもらえない”、という体験を学習するのです。

こうした生物学的学習認識は、脳の長期記憶野に蓄積されることで、私たちの心の深層に”ネガティブな信念”として横たわり続けます。

この、生育の早い時期に、経験によって刻み込まれた学習認識/”ネガティブな信念”は例えば、「お腹が空いて助けを求めたけれど誰も来てくれなかった=人生において、自分の欲しいものは決して与えられない」「初めてひとりで靴下を履けたけれど誰も褒めてくれなかった=自分のやっていることには価値がない=自分の存在には価値が無い」「怖い、あるいは痛い思いをしたから泣いたのに、誰も抱き締めてくれなかった=人生は危険で誰も助けてはくれない」といったように、シンプルながら強烈な思い込みへと書き換えられ、また当然ながら、この思い込みは、様々な行動のパターンを作り出します。

ネガティブな信念に基づく行動のパターンは、当然のことながらネガティブな現実を創り出し、結果としては、この無意識下にある自分の負の信念そのままの人生が実現されてしまう結果となりえます。また、ネガティブな信念には緊張とストレスがつきまとう為、決まった部位の筋肉の萎縮、例えば、お母さんに怒られて怖くて身をすくめる時、脚や背中や腕の筋肉に萎縮が起こりますが、こうした筋萎縮が習慣的なからだの癖となってしまうことで、血液やエネルギーの循環に支障をきたし、健康面での弊害をもたらすこともあるのです。

マイケル・フレミングは、今まで誰もが触れる事の出来なかった、この生後三年間の領域、言葉を話す前なので「言語獲得前期」と呼ばれる時期なのですが、この領域に蓄積された信念と感情ブロックの層を、安全かつ確実な方法で癒し解放できる、世界的にも希有な癒し手です。

この深い心の傷の領域を手放すと、どんなことが起こるのでしょうか。

まず、ストレスで萎縮していた筋膜が弛むことで、血液やエネルギーが本来の流れを取り戻し、筋萎縮によって生じていた体の歪みも解消されます。

そして意識は、生育の歴史によって後天的に刻まれた信念ではなく、本来持って生まれた本質的な自己の資質に、繋がります。
この、本質的な自己の資質の領域こそが、多くの人々が古来より求め続けている、「悟り」とか「目覚め」とか「覚醒」と呼ばれる領域なのです。

マイケル・フレミングのコーチング・ワークにとってこの、古来よりあたかも、普通の人には達成不可能な神秘的領域であるかのように言われ続けている「覚醒」したコンディションは、決して特別なものではありません。それは単に、本来人間が生きるべき、本当の、心身の健康の状態であるに過ぎないのです。

ワークショップでマイケルのワークを体験された多くの方が、ほんの90分程度のセッションを終えたあと、まるで別人の様な美しさを取り戻してしまうのは、そこに秘密があります。
生まれたての赤ん坊が、生来の、制限の無い豊かで伸びやかな意識と生命エネルギーによって光輝いているように、私たちもまた、そこに再び繋がる事で、本来の命の輝きを取り戻す事が出来るのです。
これは意識の変容であると共に、リラックスした体全体が、正常なシステムの流れを取り戻す事によって生じる、目覚ましい身体的変化でもあります。

心と体の根幹的なデトックスであるマイケルのワークは、まさに究極のエステと呼ぶに相応しい、革新的な変容のワークなのです。

 

<Information>
●マイケル・フレミング来日WS〜自己の本質に繋がる旅 3泊4日の週末リトリート

開催日程: 2013年11月21日(木)15:00〜11月24日(日)15:30
場所:長野県飯綱高原・水輪 www.suirin.com/ (JR長野駅水輪間 無料送迎有り)
参加費:12万円 (受講費・宿泊費・食費・通訳費込み)
お申し込み・お問い合わせ:atpjapan@hotmail.co.jp または ☎050-3636-6229
マイケル・フレミングATPコーチング詳細:www.awakeningtopresence-japan.com