「今いる場所で今を生きると、よりパワフルに自分の力を使える」。ウィリアム・レーネンさんインタビューPART.2

「今いる場所で今を生きると、よりパワフルに自分の力を使える」。ウィリアム・レーネンさんインタビューPART.2

現在をどう生きるかによって、未来を変えることはできるのです

-酒井さんとどのようなお話をされたのでしょうか?

レーネンさん:
過去を手放すことの重要性とその方法をお話ししました。過去は過去。終わったことで、自分を責めても仕方ありません。『今いる場所で、今を生きる』ということをすればするほど、よりパワフルに自分の力を使えるようになります。過去に起きたことを変えることはできませんが、今をどう生きるかによって未来を変えることは可能です。

すでに彼女は、人生をきちんと生きていて、真剣に取り組んでいる方です。ですので、いつまでも人の批判や判断にフォーカスするのではなく、もっと自分にフォーカスしたらどうかとお話ししました。

誰が何をしようとも、批判する人はいます。批判したい人には批判する権利があるからですですが、批判を受けた人には、相手から言われたネガティブな面にフォーカスするのか、ポジティブな面にフォーカスして生きるのかを選択する自由意志があります。

芸能や報道というのは、いつもネガティブな面にフォーカスしてばかりいます。ですから私が言ったのは、世の中に起きているポジティブな面にフォーカスしなさい、ということ。そうすればもっともっとポジティブなことがいろいろ増えていくからとお話ししました。人の非難や批判は褒め言葉だと思いなさい。あなたに関心がある、あなたへの興味だと思って。すべての人がポジティブな面にフォーカスをすれば、ポジティブな未来が創造されます。

-どうして人間には、“魔がさす”のでしょうか?

人間はそれぞれの状況のなかで、他人からいろいろな影響を受けます。その行動は間違っていると分かりながらも、影響を受けてしまうという許可を相手に与えてしまいます。ですから、結婚相手とか友達から影響を受けるのです。

やってはいけないと思いながら、何かをしてしまった場合、それによるネガティブな結果から、抜け出せなくなる人もいます。しかし、「これは人生に必要ない経験だ」と学んで、ポジティブな経験に変える人もいます。私たちが経験するすべてのことは成長のためのチャンスです。

たとえ、ネガティブな結果から抜け出して成長するという選択ができない人がいたとしても、誰もその人たちの良し悪しを判断することはできません。彼らの魂レベルでは、必要な経験だと思います。反面教師として学ぶこともできますし、その人が成長することができたら、「あの人にできたのだから、私にもできる」と、模範として相手を見ることも可能だと思います。あらゆるものを判断することなく、観察することが大切です。

続く
★PART.1はコチラ

<information>
今夏発売予定!
酒井法子×ウィリアム・レーネン対談DVD付き
「ウィリアム・レーネンさんから学んだ『つらい過去』を手放す方法(仮)」(主婦の友社) 1,890円
Text : Noriko Miyazaki

★バックナンバーを見る→連載記事:ウィリアム・レーネンさん