アーユルヴェーダ・インタビュー 第1回~マノハ・パラクルティ先生 PART.2

アーユルヴェーダ・インタビュー 第1回~マノハ・パラクルティ先生 PART.2

アーユルヴェーダの情報サイトであるアーユルヴェーダライフさんが、アーユルヴェーダの権威の方々に行ったインタビューをTrinity WEBでもご紹介させて頂けることになりました。5000年の歴史があるインドの叡智、アーユルヴェーダ。その深い叡智をご紹介します! 今回はそのPART.2です。

マノハ・パラクルティ先生インタビュー

アーユルヴェーダの日本における教育・普及活動のため来日されている、マハリシ・アーユルヴェーダ医師(ヴァイディヤ)でいらっしゃるマノハ・パラクルティ先生にインタビューの機会をいただきました。

マノハ・パラクルティ先生は、アーユルヴェーダの聖人バルラジ・マハリシ師の直弟子で、インドのアーユルヴェーダを伝統的に受け継ぐ家系の出身者でもあり、インドや米国をはじめとする世界各国においてマハリシ・アーユルヴェーダの普及のための教育活動やコンサルテーションをされています。

また今回のインタビューは、マハリシ総合教育研究所様のご協力により、那須にある古代インドの建築学に基づいて建てられた「ヴェーダの森 那須」にて行わせていただきました。 奥深い緑に囲まれた美しい自然環境の中、マノハ・パラクルティ先生にお話をうかがいました。
————————————————-

―アーユルヴェーダというと、漠然と医療技術と考えてしまいますが、具体的にはどのようなものなのでしょう?
アーユルヴェーダを医学的な側面からみると、西洋医学と同じようにいくつかの部門があります。例えば、一般的な治療法が語られている、西洋医学においてのいわゆる内科である「カーヤ・チキッツァー(Kaya Chikitsa)」というものがあります。この中のひとつに診察・診断に関する知識についてがあり、「脈診」などについてはこのカテゴリーに含まれます。脈をとって、脈を診て、生理上の全て働きを知る、そうしたことが説明されています。

また外科である「シャーリャ(Shalya Chikitsa)」においては、アーユルヴェーダにおける2大原典とされるスシュルタ・サンヒターにもその名が冠されているスシュルタが有名であり、彼は世界最古の外科医師とされています。またスシュルタ医師は、数多くの外科手術の中で凡そ500を超える手術器具を発明し、現在に繋がる西洋医学においてもその影響を強く受けているとされています。

他にも、小児科(Kaumarbhritya)、毒物学(Vrishya Tantra)、耳鼻咽喉科(Shalakya Tantra)、精神学(Graha Chikitsa)、解剖学(Sharir Rachana)、生理学(Sharir Kriya)、婦人科(Stri Roga)、診断学(Nidana)といった形での医学体系があります。

これらの医学知識は、一つの本に一つのカテゴリーが総括して書かれているというようなものはほとんどなく、各部門においては、様々なレベルの文献にそれぞれのレベルに合わせた形で内容が説かれており、それら全て理解していくこと学んでいくことは本当に大変な作業です。

アーユルヴェーダ医師であるヴァイディヤは、それら全ての医学体系を総合的に習得していきます。

ただ、こうした膨大な量の医学の知識すらも、その多くは身体に生理的な面について語られているものであり、本来のアーユルヴェーダにおいてはほんの一部に過ぎません。

アーユルヴェーダとは、単に医療技術を扱うものではなく、それらをはるかに超えた「生命」そのものを捉える知識であり、その名の通り深遠な「生命の科学」なのです。

~PART.3に続く~

★バックナンバーはこちら

————————————————–
(C) 一般社団法人 マハリシ総合教育研究所
許可なしに転載、複写を禁じます。

■取材協力:一般社団法人マハリシ総合教育研究所
http://www.maharishi.co.jp/

■転載元:アーユルヴェーダライフ
http://www.ayurvedalife.jp/

(運営サイト:アーユルヴェーダスタイル)
http://www.ayurvedalife.jp/style/
————————————————–

1. マハリシ総合教育研究所の情報
http://www.maharishi.co.jp/
マハリシ総合教育研究所では、那須の美しい自然環境の中に、アーユルヴェーダをはじめとして、ヨーガや呼吸法、超越瞑想(TM)、ヴェーダの知識と技術全般を学ぶことができる「ヴェーダの森 那須」という滞在型施設を用意しています。

2. ヴェーダの森 那須
http://www.ved-nasu.com/
「ヴェーダの森 那須」では、マハリシ・ヴェーダ健康法全般をコンパクトに学ぶ医療従事者のための「基礎コース」も開講予定です。

(医療従事者向けのコースの詳細はこちら)
http://www.ayurvedalife.jp/ayurveda_course_20130317.html

3. マハリシ・アーユルヴェーダサロン/ザ・ラージ・ジャパン(The Raj Japan)
(ヴェーダの森那須内)
http://theraj.jp ※サイトオープン5月24日

4. マハリシ・アーユルヴェーダ商品サイト
http://m-veda.jp

5. 医療従事者向けのコースや、一般の方も参加できるオイルトリートメント習得コース・初級などに関するお問い合わせはこちらから。
(お申込み、お問い合わせ先)
0800-800-4996 / マハリシコールセンター