かっさで目の疲れを取って目力アップ

島田流かっさマッサージ Part 11
かっさで目の疲れを取って目力アップ

疲れやすい目もとのかっさケア

前回「春は目のトラブルを起こしやすい季節」とご紹介しましたが、意外に知られていない島田流かっさの「目」への効果。今はパソコンなしに仕事ができない時代なので、目の疲れを感じている方は多いのでは? 私、島田淑子もほぼ毎日フェイスかっさをしております。もちろんかっさにリフトアップや小顔効果、肌が乾燥しないなどの効果があるためですが、何と言っても一番は「目のため」に行っていると言っても過言はありません。

寄る年波に勝てず、老眼が始まってきて近くも遠くも見づらくなってきました。でもかっさをしていると目がぱっちり開くだけでなく見え方もクリアーになるんです。お顔の筋肉は筋肉どうし繋がっているので一番いいのはフェイス全体をかっさすること。ただ応急処置として目周りの部分かっさだけでも十分効果が期待できます。

プレートの耳の部分を使って


①眉の中、毛のある部分を1カ所3cmを3回眉尻の方にこすったら、次の3cmを3回 というように、「眉を描くところまで」進みます
これを3回繰り返します。


②次に「眉の上、毛のないところ」を①と同様に行います


③目の下の柔らかい部分を通ってコメカミまで螺旋を描いて進みます。この部分は皮膚が柔らかいところなので力を抜いて丁寧に行いましょう。3回繰り返します。

目がスッキリして、目がパチッと開きましたか? 目周りだけかっさをする時も必ずお化粧を落としてすべりのよいクリームなどをたっぷり付けて行いましょう。また薬膳的に目にいい食材として有名な物に「枸杞(クコ)」や「菊花(きっか)」があります。枸杞は眼精疲労をとる効果、菊花は目の充血や熱感などを取る効果があります。目の疲れを感じたら枸杞と菊花のお茶を飲むのも有効的です。かっさ&薬膳茶で目力アップしましょう!