先が見えないと感じるあなたに! 〜 裸足になって大地に繋がることは、心と身体が整う最高の癒しです 〜

大地

「身体を鎮め、意識を内側に向けると、
どんな感情や思考が今ここにあるのかがよく見えるようになります。」

ここ数ヶ月、ブログを書けずにいました。
世界の動きが激しくて、
気づきを得て、書こうと思ううち、
あっという間に次に心が動いていました。
心の動きが早すぎて、書き留めることができないまま
時が経過していた感じです。

スティホームで、物質的な身体の動きが少なくなっていくほど、
心の動きが活発になっていった気がします。
身体が鎮まると、そこにすでにあったささやかな感情にさえ
とても気づきやすくなりました。
皆さんもそうではないでしょうか?

普段、瞑想を教えていて、よく話すことですが、
瞑想中は、身体を鎮め、意識を内側に向けると、
どんな感情や思考が今ここにあるのかがよく見えてきます。

「瞑想しようとすると、雑念があふれてきて、身体も落ち着かない感じ。瞑想ができていない気がする」と、瞑想を始めた方の多くが口にしますが、
それは、見える世界のあちらこちらに意識を向けていた心が、
座って目をつぶり、内側に意識を向けたことで起こります。

外側の気を散らすものがなくなったので、
内側にあるものに気づいたものです。

まさに、瞑想がうまくいっていると言えるのです。
身体を鎮め、意識を内側に向けると、
どんな感情や思考が今ここにあるのかがよく見えるようになります。

大地

 

「好きか嫌いか!? 考える隙を与えることなく、
世界は音を立てて形を変えています。新しい形に日々、変化しています。」

ここ数ヶ月、世界は音を立てて形を変えています。
新しい形に日々、変化しています。
ただ、形を変えて変化していることは感じていても、
スーパーシティ!? マイクロチップ!? AIが加速!?
世界のトップCEOが1000名以上辞任!?
何が今、どう変化しているのか?
情報は不確かで、何が正しくて、何が正しいのか?
未だ情報戦争の真っ只中にいるように感じます。

私たちはすごい時代を経験していると感じてなりません。
これまで正しいと思っていたものが裏返り、
正しくないと思っていたものが逆転しています。

明らかに、誰もが、自分自身の価値観が変わったと感じていると思います。
今まで大事だと思っていたことが、もういらないと感じたり。
今まで関心がなかったものが、とても大事なものに変わったり。
皆さんも、大掃除と大片付けをされたのではないでしょうか?

令和が始まり、新しいステージが確実に始まっていることを実感しています。
それが、好きか嫌いか!? を考える隙を与えることなく
世界は音を立てて形を変えています。
新しい形に日々、変化しています。

 

「裸足になって大地と繋がるアーシングは、
身体と心に素晴らしい効果をもたらします。」

大地

この変化の時に、
不安や苛立ちが上がってきた時、
どこへ向かって進んだら良いのか? 先が見えないと感じる時は、
この世界の源の無限の意識から、ちょっと離れているとも言えます、

意識を地球の中心につなげて深呼吸してみてください。
今、この瞬間! 世界全体と繋がると、
自分がするべきことが見えてきます。

もしもそのイメージが難しいと感じる時は、
とても簡単で確実に効果のあるパワフルな方法があります。

裸足になって大地に立ち、
足の裏から線が伸びて地球の中心と繋がるイメージを持って
地球全体を感じながら深呼吸をするのです。

こうしたアーシングは、身体と心に素晴らしい効果をもたらします。

 

「アーシングは心が整い、安定します。
世界の激しい動きの中で、アーシングは素晴らしい力となります。」

密を避けて、マスクで自分を隠すような日々は
分離を作り出しています。
だからこそ、地球と密になりましょう。

今、世界中の人にやって欲しいこと!!

裸足になって、それぞれの土地に立ち、
地球を感じて深呼吸をするなら、
地球は新しい息吹を始める!

そう感じます。

アーシングは心が整い、安定します。
世界の激しい動きの中で、
アーシングは素晴らしい力となります。

世界中でアーシングをする日!! を提案したいと思います。

この変化の時、
心に不安や苛立ちが上がってきた時や、
どこへ向かって進んだら良いのか? 先が見えないと感じる時は
裸足になって大地に立ち、
足の裏から線が伸びて地球の中心と繋がるイメージを持って
地球全体を感じながら深呼吸をすることは、
あなたを最も自然なあなたに! 還してくれる力があります。

裸足になって大地に繋がることは、心と身体が整う最高の癒しです。
あなたが進む道が、きっと! 内側から湧き上がってきます。

 

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423