夏のモヤモヤは睡眠のせい!? ~睡眠の質を改善して心も身体もリラックス~

睡眠

自覚症状がないこともあるので、自分が睡眠不足ではないか、いま一度振り返ってみてくださいね。
十分な睡眠時間を確保していても、睡眠の質が悪いと結果的に睡眠不足になりますからね。

また、夜更かしすると、メンタルに影響が出やすいので、要注意です。
イライラ、モヤモヤしやすい方は、もしかすると睡眠不足が原因かもしれませんよ。

睡眠が足りていないと、様々な不調が出やすいからです。
決して、自分の体質や性格のせいだけではないのです。

睡眠不足におちいると、自律神経やホルモンバランスが乱れたり、疲れやすくなったりします。
また、集中力や記憶力の低下や、やる気が出なくなったり、臆病になったりすることもあります。

とにかく、きちんと眠ることが大切です。
なるべく早く寝て、朝日を浴びることができる時間に起きることを意識してみてください。

そうすることで、少しずつ身体の調子が戻り、心も身体も軽やかになっていきます。
活力がわいてきますし、心に余裕も出てきます。

 

睡眠の質を上げるには

具体的に、睡眠の質を上げる方法についてお話していきますね。
まず、毎日、同じ時間に起きて、同じ時間に眠るようにしてください。

実は、一日でも時間をズレてしまうと、睡眠のリズムが狂ってしまうのです。
身体が時差ボケ状態になり、少なくとも3~4日は睡眠のリズムが狂ってしまいます。

休日の前夜は夜更かししたり、休日は昼までゆっくり寝たり、そんなときもあるかもしれません。
しかし、睡眠の質を上げるには、同じ時間に起きて、同じ時間に眠るのがベストです。

そして、太陽の光を浴びるようにしてください。
太陽の光を浴びると、ちょうど良い時間に眠くなり、深く眠れるようになります。

睡眠ホルモン「メラトニン」の原料となる、幸せホルモン「セロトニン」は、太陽の光を浴びることで分泌量が増えます。

「セロトニン」の分泌が増えると、太陽が沈んだ夜、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌がスムーズになるので、よく眠れるようになるのです。
朝起きて、夜眠るというサイクルを意識してみてくださいね。

睡眠

 

眠る前の準備が大切

睡眠の質を上げるためには、眠る前の準備を整えることも大切です。
自分の心と身体を「睡眠モード」に切り替るために、スリープセレモニー(睡眠儀式)をしてみてください。

まず、眠る1時間前の食事や飲酒、カフェインは控えてください。
また、パソコンやスマホの利用は避け、眠る1~2時間前から照明は暗めにしておきましょう。
もちろん、眠るときの照明は暗め、もしくはオレンジ色の照明にすると良いですよ。

ぬるめのお風呂で身体を温めて、パジャマに着替えて眠ることもおススメです。
前回の記事でパジャマに着替えることで快適に眠れるようになるというお話をしましたので、こちらも参考にしてくださいね。

とにかく、眠る前は「刺激」を避け、ゆったり過ごしながら徐々に「睡眠モード」に切り替えてくださいね。

 

眠る前はリラックスしてね

睡眠の質を改善していくには、少し時間がかかるかもしれません。
急に状態が良くなったり、劇的な改善をしたりすることは難しいかもしれません。

しかし、睡眠の質が良くなれば、それだけ心と身体の状態も良くなっていきます。
少しずつ、少しずつ改善されると信じて、あきらめずに実践してみてくださいね。
「つづける」ことが何よりも大切です。
一度にすべてを実践するのが難しいようなら、できることから実践してみてください。

その過程で、またイライラしたり、モヤモヤしたりすることがあると思いますが、焦らないでくださいね。
そして、そんな自分を責めたり、反省し過ぎたりしないようにしてください。

特に、眠る前、このような考えが浮かんだら、スルーしてOKです。
先ほどもお話しましたが、眠る前は「刺激」を避け、ゆったり過ごすことが大切です。
悩んだり、反省したりすることで、自分の心に強い刺激を与えないようにしてくださいね。

眠る前は、楽しいイメージを頭に浮かべながら過ごすことを意識しましょう。
もし、イメージするのが苦手だという場合、自分にとっての「癒し」を感じられる睡眠環境を作ってみてください。
お気に入りのパジャマを着たり、好きなアロマの香りに癒されたり、何でもOKです。

良質な睡眠をとって、心も身体もリラックスしできますように。
毎日暑くて大変ですが、夏のイライラ、モヤモヤに負けず、楽しく過ごしましょうね!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711