真夏の夜の救世主は長袖のパジャマ!? ~エアコンで身体を冷やしすぎないで~

エアコン

暑いけど「冷え」に注意!

毎日、暑いですね。
身体中から汗が滝のように出て、頭が溶けてしまいそうです。

これだけ暑いと、外出するのも嫌になってしまいますよね。
涼しい部屋に引きこもりたくなってしまいます。
しかし、涼しい部屋にいても体調を崩すこともあるので要注意です。

暑いとついエアコンをガンガンにしているという方も多いと思います。
特に外出から戻ったとき、身体が悲鳴をあげるほど熱をおびているので、寒いくらいに室温を下げて涼むこともあるかもしれません。
このように、長時間エアコンで冷やした室内で過ごしたり、暑い屋外と冷えた屋内を行ったり来たりすると、自律神経のバランスを崩してしまいます。

「クーラー病」、「冷房病」って、聞いたことありますか。
おおざっぱに言うと、エアコンの冷えによる体調不良のことです。
足腰が冷えてしまったり、肩こりや頭痛の症状があったりします。
他にも、身体がダルくなったり、ウツっぽくなったり……。

エアコン

これだけ暑いと、どこに行っても屋外以外はほとんどエアコンで涼しくなっているので、常に身体が冷やされている状態です。
身体が冷えると、体温が下がり免疫力も下がってしまいます。
そのため、体調不良を起こしやすくなるのです。

だからと言って、エアコンが悪いということではりません。
冷やし過ぎないように気をつけながら、エアコンを上手に活用するようにしてくださいね。

 

長袖・長ズボンのパジャマで快適に!

長袖・長ズボンのパジャマは、エアコン対策、冷え対策の救世主的な存在です。
「夏なのに長袖のパジャマ!?」と思われるかもしれません。
しかし、これが最高なのです。

エアコンでひんやり気持ち良い空気のなか、身体は冷やさずに快適に過ごせます。
心地よい温かさを感じられ、心も身体もほんわかします。
そのため、癒されながら眠れます。

例えば、エアコンの設定温度を低めにしておいて、長袖・長ズボンのパジャマを着たり、布団をかけたりして調整するのも良いと思います。

それなら、エアコンの温度を高めに設定して、薄手の夏仕様のパジャマを着て寝れば良いのではという声も聞こえてきそうですが、もちろん、自分の寝心地の良い方で構いません。

ただし、ガマンしないことが大切です。
夏はどうしても電気代が心配ですが、節約のために暑さをガマンして体調を崩すことがないようにしてください。

熟睡するためには、身体は体温を下げる必要があるからです。
睡眠が深くなるにつれ、身体の内部の温度(深部体温)が下がるようになっているのです。
夏、よく眠れないのは、身体の温度が十分に下がっていかないことが原因なので、好みの室温を探したり、パジャマや寝具で調整したりして、「自分にとって快適な環境」を見つけてくださいね。

 

パジャマを着ると「寝返り上手」になり健康に!

パジャマのオススメは綿100%の平織りです。
肌触りも良いですし、吸汗・保湿性、耐久性、どれをとってもパジャマに最適な素材です。

サイズは、身体をしめつけない、ゆったりとしたものを選んでくださいね。
だからと言って、ダボダボすぎるのも良くありません。

というのも、パジャマを着ると「寝返り」を打ちやすくなるからです。
寝返りを打つことで、良質な睡眠をとることができるのです。
また、腰痛や肩こりの予防にもつながります。

身につけるものと、寝具の間に不要な摩擦が起こると、スムーズな寝返りを妨げてしまいます。
そのため、Tシャツ、ジャージ、スウェットなどで寝ている方もいらっしゃるかもしれませんが、より快適に眠るためには、摩擦が起こりにくいパジャマがオススメなのです。

また、パジャマを着ることで、スリープセレモニー(睡眠儀式)にもなるので、「いまから眠るぞ!」と気持ちの切り替えができるのも良いですよね。

パジャマって、人に見せることもないですし、「寝るだけ」だからと思って、それほど気にしていない方もいらっしゃるかもしれませんが、パジャマを着るだけでもだいぶ快適に眠れるようになりますよ。

一日中がんばっている自分のためにも、ぜひパジャマを準備して、快適に眠れる環境を作ってあげてくださいね。

 

エアコン依存に注意して快適に過ごそう!

エアコン

出先ではエアコンの温度を調整するのは難しいですよね。
せめて、自分の家にいるときは、エアコンで冷やし過ぎないよう気をつけましょう。
かなり暑いとき以外は、時々エアコンを切ったり、窓を開けたりしてください。
部屋の温度が24℃以下にならないように気をつけてくださいね。

特に、エアコンの風が直接身体に当たらないように工夫して下さい。
特に首(うなじ)や肩を冷やさないにすることが大切です。
襟のついた上着やシャツを羽織ったり、スカーフを巻いたりすることで、冷えによる肩こりや頭痛の予防にもなりますよ。

また、お腹を温めるのもオススメです。
ひざ掛けをお腹にかけて温めてあげることで、冷え対策になります。
冷えが気になる方は、室内だけ毛糸のパンツや腹巻で温めるも良いと思います。
冷えで胃腸の調子が悪くなったり、腰が痛くなったりすることもあるので、気になる方は試してみてくださいね。

最近では、薄手タイプの腹巻もあるので、アウターにひびく心配も少ないので、密かに冷え対策している方も多いですよ。
デザインも豊富なので、楽しみながら対策してみてくださいね。

まだまだ暑い夏は続きます。
そして、熱帯夜も続きます。

パジャマや寝具などを上手に活用して、エアコンとも上手に付き合いながら、夏を元気に乗り切っていきましょうね。

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711