夏もいいかげんに過ごそう! PART2~イライラ・モヤモヤな夏ウツに効果的な青色のお話~

夏ウツ

暑くてイライラしてばかりでは損しちゃう!

暑い夏の日が続いていますね。
前回、この毎日の暑さに負けないための「夏バテ」対策についてお話しました。

暑くてダラダラしがちですが、夏は「成長の季節」です。
体調管理に気をつけて、無理のない範囲で夏を楽しみたいものです。

そのために基本中の基本である水分補給や食生活に気をつけたり、身体を冷やし過ぎないように部屋の温度や冷たいものの摂り過ぎに気をつけたりして、休み休み「好い加減」に過ごすことが大切です。

特に、体調だけでなくメンタルにも注意が必要です。
身体が冷えすぎると様々な不調が出やすくなったり、自律神経のバランスを崩しやすくなったりするため、メンタルにも影響します。

夏バテで身体のダルさや寝不足、食欲不振などがあるとウツっぽくなることもあります。
それでなくても暑くてイライラしてしまうのに、さらにイライラ、モヤモヤしてしまっては最悪ですよね。

イライラすることで得られるものはありません。
人生にとってマイナスでしかありません。
自分も辛いし、周囲にも迷惑でしかありません。

夏ウツ

イライラしてしまうと攻撃性も増すので、人間関係も悪くなってしまいます。
イライラしている人が好きだという人、いませんからね。
涼しくなって、穏やかになったとしても取り返しがつかなくなります。

そして、イライラは伝染します。
誰かがイライラすると、それを見てイライラしてしまうのです。

そもそも程度に差はあれ、みんなが暑くてイライラしているのですから、お互いに気をつけなければ気持ち良く過ごせません。

というわけで、今回は夏のメンタルケアについてお話します。

 

夏だってウツっぽくなる!?

夏は成長の季節だというけれど、成長どころか疲れきってしまっている人も多いです。
暑さが原因かもしれませんし、それ以外にも原因があると思いますが、活力が低下し、ネガティブ思考になってしまったり、イライラして攻撃的になってしまったりするのです。

暑いのは自然のことなので仕方がないのですが、だからといって無理をするのは禁物です。
ただの夏バテではなく、夏にもウツは存在するのです。
冬の寒い時期にウツが多発していることは知られていますが、極論をいえば一年中気をつけて欲しいのです。

「季節性うつ病」という、特定の季節になると心身の具合が悪くなる病気もあるのです。
おそらく、秋から冬が一般的といった感じではありますが、夏も注意が必要です。

 

夏バテだと思って見過ごさないで!

夏バテしたときの身体のダルさや寝不足、食欲不振などの症状って、ウツ状態の時ととても似ています。
しかし、夏バテで精神的にネガティブになるということは殆どありません。

些細なことでイライラしてしまったり、やる気がなく無気力状態が続くようでしたら、まずは自分を十分に休ませてあげてください。

本当に単なる夏バテかもしれませんから、まずはそれを対策してあげましょう。

初めから必ずしもメンタルクリニックに行く必要はないと思います。
最近見なおされている漢方医や鍼灸師などに相談してみるのも良いかもしれません。

要は心と身体のケアが必要だということです。
毎日がんばっている自分を労わってあげましょう。
がんばりすぎて、一時的に心身のバランスが傾いたのであれば、薬を飲まなくても回復させることが可能かもしれません。

身体のケアだけでなく、気分転換も大切です。

信頼できる人に相談してみるとか、気心の知れた仲間と食事に行ったり遊びに行ったりしてリフレッシュするのも良いと思いますよ。

何事も「良い加減」が大切です。
たまに「夏だからといってダラダラするな!」と喝を入れてくる人もいますが、ある程度は自分自身の心地よい過ごし方でマイペースを保つのも大切です。

ぜひ意識してみてくださいね。

 

夏ウツに効果的な色は青! ダイエットにも効果的!

今回は色彩で夏バテ対策しようと思います。
オススメのサポートカラーは青です。
青は心身をクールダウンさせる効果があるため、暑い夏に最適な色です。

青を見ることで清涼感や爽快感、高いリラックス効果を得ることができます。
気持ちを落ち着かせる効果があるため、冷静な判断力をもたらしてくれます。

夏ウツ

感情をコントロールすることにも役立つので、なんとダイエットにも効果的な色なのです。
青いお皿で食事をすると良いというお話を聞いたことがある人も多いのではと思いますが、それは青の色彩効果により食欲を抑えることができるからなのです。

青を見たり身につけることで色彩効果を取り入れることができます。
青は鎮静作用のある色なので、寝具やパジャマなどに取り入れることで安眠効果を得ることができますし、見た目にも涼しげです。
青は、濃い青でも薄い青(水色など)でも構いません。

自分にとって心地よいと思う青系なら効果があるのでOKです。

寝具以外にも、ファッションや小物、インテリアに取り入れてみてください。
普段使うハンカチやスカーフなどでも良いと思います。

また身につけなくても、見ることで青の色彩効果を得ることができます。
青い海を見たり、キレイな青空の写真を見ることでも良い効果が得られます。

新鮮な空気を吸いながら、適度にお散歩するのも良いと思うので、海や湖の近くに遊びに行って、自然の青を目で見て、身体で感じるのも良いかもしれませんね。

毎日暑くて大変ですが、ぜひ体調管理だけでなく、メンタルケアにも気をつけて元気に楽しく夏をエンジョイしましょうね!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711