★いい彼氏と悪い彼氏の決定的な見分け方を公開! ほぼ100%不幸になる〇〇をする男性からは絶対に逃げて。

彼氏

こんにちは。生き物大好きな占い師&理科教員&気象予報士&物書きの金子大輔です。

占いで圧倒的に多いのは、やはり恋愛相談です。

「蓼食う虫も好き好き」というように、人の好みも実に多様性に富んでいます。
オタクが好きという人、毛深い人が好きという人、一人っ子が好きと言う人……。
どんな好みでも人それぞれですが、絶対に彼氏(彼女)に選んではいけない、付き合うとほぼ確実に不幸になってしまう「地雷」も一定数潜んでいるのが現実です。

そんな地雷の見分け方について、今回はお話したいと思います。

 

●絶対に付き合ってはいけない人

ではさっそく、「絶対に付き合ってはいけない人」のお話をしてみます。
それはずばり「激しい束縛をする人」です。
「束縛は愛の証」は300%大嘘です。

心理学的には束縛は愛情ではなく「欲求」です。善人は、相手を人間として尊重するので束縛なんてしませんが、悪人は、相手を物として思い通りに支配しようとするのです。

束縛する人と付き合ってしまうと、視野が狭められてしまいます。友だちや親とも滅多に会えなくなったり、電話もできないなんてことになったり、自由時間がまったくなくなって精神を病んでしまうこともまれではありません。
さらに恐ろしいことに、束縛男は高確率でモラハラやDVに進化するのです。

彼氏

 

●「束縛をする人」はこんな人

強い束縛をする人には、以下のような心理が隠れていると考えられます。

・自分に自信がない。
・傷つくのが怖い
・自分がやましいことをするから相手も疑う
・支配欲が強い(お前の物は俺の物、というジャイアニズム)
・依存性が高い

性格としては、不安で心配性で小心者、被害妄想が激しく、独占欲が強いという特徴を持ち合わせています。

 

●「束縛をする人」の見分け方

親しくなるまでは、「束縛する人」を見抜くのはなかなか難しいですが、以下のような傾向が見られたら要注意ポイントです。

・連絡がマメ過ぎる
・ケータイやカバンの中を見たがる
・周囲の異性について知りたがる
・恩着せがましい
・学校の「お勉強」は頑張らなかったのに、仕事はバリバリ頑張る

最後の「学校の勉強~」の件については、因果関係はまだ不明ですが、なぜか女性を激しく束縛し、ボロボロにしてしまう男性によく見られる特徴です。

 

●「束縛する人」と付き合ってしまったら

では、うっかり束縛男と付き合ってしまったら、どうすればよいでしょうか。速やかに別れるのがお進めですが、二人で話すのが危険なこともあります。独占欲や被害妄想が強い相手なので、激しくごねたり、「別れるくらいなら自殺してやる」などと脅したりすることもあります。

ですから、なるべく多くの友だちや家族に相談し、場合によっては同席してもらって冷静に話をするのがよいでしょう。
どんなにごねられても泣きつかれても、心を鬼にすることが大切です。人生をドブに捨てたくなければ……。

彼氏

 

●「束縛されて嬉しい」は錯覚

自己評価の高くない女性は、「束縛されたり嫉妬されたりすると嬉しい」と感じることもあると聞きます。しかし、それは文字通り「恋」で心が変になったことによる錯覚です。繰り返しますが、「束縛は愛の証」は300%大嘘です。
現代功利主義の基礎を築いた哲学者J・S・ミルも「人間は自由であるべき」と語っています。
クリスマスも近づき、ぜひ彼氏を作りたい、と積極的になる方も多いと思いますが、束縛男と付き合ってしまう犠牲者を少しでも減らしたく、この記事を書きました。「誰でもいい」とヤケクソになるのは危険です。

付き合う男性に条件をつけるのであれば、「束縛をしない人」にするのがお勧めです。

関連動画
★【超危険】絶対に彼氏・彼女にしてはいけない人

 

《金子 大輔 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/turquoisemoth/?c=146217