人生が100倍楽しくなる魔法の生き方・舞香さんインタビュー vol11【幸せにしかならない魔法の恋愛】

舞香さん

皆さん、こんにちは。
大人気アメブロトップブロガーであり作家としても活躍する【魔法の生き方伝道師】の舞香さんにインタビューしてきました。

 

恋愛なんてやめちまえ!

記者 舞香さんは、新刊【恋愛やめたら王子様が現れた~幸せにしかならない魔法の恋愛~】を出版されました。

恋愛に悩む女性も多いと思います。【魔法の恋愛】についてお話を聞かせてください。

舞香さん 元も子もないことを言いますけど、『悩むくらいなら、恋愛なんてするな!』って言っています(笑)

記者 恋愛全否定!(笑)

舞香さん 恋愛なんてやめちまえ! っていうのを本の中でも言っています。

そもそも、よく考えて欲しいんです、何のために恋愛するのか?
人生をより楽しむためとか、Happyに過ごすためとかじゃないですか。
そのはずなのに、悩む。その時点で幸せじゃないですよね。

たとえば、今の人生が70点くらいだとして、恋愛したら80点とか90点くらいになるかな~、と思って恋愛したのに、恋愛して彼がどーのって悩んで30点とか、逆に不幸せになっちゃう。

目的は楽しむことや幸せになることなんだから、そんなんだったら恋愛しない方が幸せでいられますよね。
記者 恋愛って勝手にしてしまうもの、でもあるじゃないですか。
ふいにときめいてしまったり。そういう場合も『やめちまえ!』と……?

舞香さん ときめいたり、好きになるのは全然OKです。
異性だけでなくて、素敵な女性とか、おいしい料理を食べた時にも『素敵!』『美味しい!』ってときめいたりしますよね。
それと同じことなのに、恋愛になると、相手にときめいたから、デートしなきゃ、ゲットしなきゃになるのか。相手にもこちらにときめいて貰わなきゃ、とか。
なんでそんなに求めだすの?

記者 確かに。いろいろ進まなきゃいけない! みたいに思いがちですね。

舞香さん いきなりゴールができるじゃないですか。ときめいた、彼と付き合うことがゴール! そのためには……みたいな。

記者 つきあった後は結婚がゴール

舞香さん 彼からずっと愛される続けことが目的……みたいなね。
そうじゃなくて、ときめいた! 嬉しい! 幸せ! 以上!

その場その場で楽しんでいけば、まず悩むことってないですよね。

舞香さん

 

恋愛を始める前の前提

舞香さん わたし、ちょっと前までものすごい恋愛に振り回されていたんです。
でもある時、ハッと気づいて腑に落ちたんです。
それまでほんとに変な魔法にかかっていたみたいな感じです。
そのくらい恋愛についてはみんな洗脳されているんです。

【恋愛とはこういうもの】みたいのがあり過ぎて、自分の幸せを見失いがちなんですよね。

記者 確かに、告白されなきゃ! とか3回目くらいのデートで○○する……とかありますよね

舞香さん 彼から選ばれるために! とか。私が選ぶんじゃないのか?と。
いろいろ不自然ですよね。

記者 舞香さんの中には、恋愛に関してなんの概念もないんですね。

舞香さん 今までの、好きになって相手にも好きになってもらって、というような恋愛ではなく、ただ単に大切にしたい人。
関係がすごく変わりました。

1人でいてもめっちゃ楽しいから、2人でいて、もっと楽しい。
相手に特になにも求めない。

記者 基本1人でも幸せでいられるってことが大事ですね。
彼がいないと愛されている気がいない、とか、彼がいないと、なんか寂しい可哀そうな人になっちゃうのは、違うよってことですね。

舞香さん なんでそうなるかというと、【自分になにか欠けたところがあると思っていて、それを埋めてくれるのが相手】というスタンスが前提なんです。
そもそもそれが誤解なんです。
自分に欠けていると思っているから、それを見せてくれるような相手しか出てこないですよね……。

記者 ここが欠けてますよっていうのを見せてくれる相手?

舞香さん そうです。埋めるどころか、欠けていることを強調する相手しか出てこないです。
欠けているというのは誤解で、もともと欠けたところなんてない、完璧でまんまるな状態なんです。
その前提から始めた恋愛はその満たされた状態がどんどん膨らんでいくだけです。

記者 スタンスが全然違いますね。恋愛をする前に自分を満たしておこう! ということですね。

舞香さんの新刊【恋愛やめたら王子様が現れた~幸せにしかならない魔法の恋愛~】大好評発売中です。

次回は舞香さんインタビューvol12【幸せにしかならない魔法の恋愛・後編】】をお届けします。

 

舞香さんインタビュー記事一覧は、藤原マリの記事一覧からご覧ください。

舞香さん

舞香さんのプロフィール
エッセイスト/魔法の生き方伝道師
オンラインサロンMAIKALAND運営
グランデ・モンタナ株式会社 代表取締役

15才で出産してシングルマザーになる。10代の頃から、自己啓発、成功法則、宇宙の真理を探究し「魔法の生き方」に出会う。
魔法の生き方を実践することで、27才で会社を設立し事業も軌道に乗り、11才年下の通称「王子」と共に悠々自適な幸せな毎日を過ごすようになる。
現在では「魔法の生き方」を広めるためにラジオ出演や講演会など、精力的に活動している。
著書『人生を100倍楽しくする魔法の生き方』『優しい世界に行ける魔法の言葉52』『恋愛やめたら、王子様が現れた』

SNS https://linktr.ee/maika.mahou

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299