【耐え忍ぶ報われないシンデレラ⁉︎ 水の女の恋愛レスキュー6カ条】アーユルヴェーダイケメンの甘辛アドヴァイス

バランスが崩れるとメンタルも不安定になるぞ!

【女たちよ、愛されてるか?】

愛されるのは女の仕事・尽くすのは男の仕事
女は自分の幸せを最優先に生きてこそ輝くんだ

俺は 全ての女性を愛せる男。アーユルヴェーダの叡智で今日も世界の女性を救う。

どんな女もアーユルヴェーダでは大きく3つに分けられる。「カパ(水)の女」「ピッタ(火)の女」「ヴァータ(風)の女」 どんなタイプの女も自分を知ればもっと愛される!

今日は水の女のレスキューだ!

 

【耐え忍ぶ報われないシンデレラ⁉︎ 水の女の恋愛レスキュー6カ条】

水の女の特徴……半数以上当てはまるなら水の女の可能性が高いぞ。

1 色白で肌がしっとりしている
2 太りやすい・むくみやすい
3 寝るのが好き・いつまでも寝れる
4 めんどくさがり屋
5 運動は嫌い
6 なんでもスローペース
7 性格は穏やかで内向的
8 安定志向。新しいことへのチャレンジには勇気がいる
9 こだわりや執着が強い
10 落ち込むと引きずる
11 忍耐強い

水の女は 優しい。そして忍耐強い。
報われない恋愛、どんなダメ男でもいつか変わるはず! とズルズル頑張り続けてしまう癖がある!
カボチャの馬車に乗れない報われないシンデレラになる女だ!

そう落ち込むなよ。水の女の優しさに男はつい甘えすぎてしまうんだ。
報われないシンデレラにならないために、これから言う6カ条を心に刻め!

 

【水の女の恋愛レスキュー  6箇条】

1 勇気を出して行動しろ!

とにかく新しいことや変化に奥手な水の女。異性との出会いやアプローチにも消極的になってないか?
仕事と家のルーティンに いい男は落ちてない!
カボチャの馬車に乗らなきゃ王子様にも会えないんだぞ!

気になる異性に対しては行動には移せないものの、相手のことを調べ上げたり、情報だけはしっかり集めていたりするちょっとストーカ気質なところがあるのが水の女。

妄想だけの恋で終わらせてしまうこともあるだろう。
本気ならまず、行動!
安定志向の水の女は、趣味、友人を通じての会などじっくり関係を進めていくのがオススメだ!

2 憶するな! 伝えろ!
思いを胸に秘める率、ナンバー1!
粘り勝ちは水の女の得意技。
問題は気持ちを伝えられない臆病さだ!
モヤモヤ・グズグズ一人で考えすぎて煮詰まってないか?
チャンスの神様は待ってはくれないぞ!
傷つくのが怖い?
おまえの魅力がわからない男なんか願い下げだ!

3 耐えるな!  小出しに怒れ!

優しくて忍耐強い水の女は、なかなか怒らない。だが怒ったときは誰より怖い。
我慢して我慢して、ある日突然、地を揺るがす大爆発!
こうなった水の女に、男の声は届かない。

頼むから手遅れになる前に小出しに言ってくれ!
たいていの男は以心伝心なんて高度な技はできないんだ。
怒ることは悪いことじゃない。
優しいおまえを知らないうちに 傷つけていたことに気付けるんだからな。

4 過度な束縛はご法度!

独占欲がとりわけ強い水の女。
不安に駆られて監視や携帯の盗み見なんかしていないよな?
かわいい嫉妬くらいに留めておくんだぞ。
窮屈になると逃げだしたくなるのが男なんだ。
愛することは信じること。
相手のことも自分自身の魅力も、もっと信じろ!

5 変化を楽しめ!
安心・安定が好きな水の女。
気が付けばデートはいつもお家。ご飯を食べに行くお店も同じ。
選ぶ洋服や髪形も長年似たような雰囲気になってないか?
変化の少ない関係性は安心で心地いい。
だが それだけマンネリしやすくなる
新しい体験、普段しないこと、いつもは選ばない服
たまには変化を取り入れてみるんだ
新しい自分を楽しんで!

6 甘やかすな!

飴とムチという言葉を借りれば、飴ばかりあげ過ぎていないか?
飴に慣れるとありがたさを忘れるのが人間だ
包容力に溢れた水の女は癒しを求める男の理想郷
そんなおまえの優しさを踏みにじるような男は、突き放したり、ときには見限ることも必要だ

これで 報われないシンデレラは卒業だ! 存分に愛されろ!

 

最後に

男は女に尽くすことで本領を発揮する生き物だ
尽くさせてやれ、与えさせてやれ
それが 男の生きがいになる

 

え? ダイヤの指輪が欲しい?
情も物欲も深いのが水の女だ
俺は 全ての女性を愛せる男……

 

 

バランスが崩れるとメンタルも不安定になるぞ! 調子を整える習慣はこちらも参考に。

調子が良ければ 【セクシーおっとり癒し系】調子が悪いと【ぐうたらデブ】⁉︎ 女の魅力を上げるアーユルヴェーダイケメンの甘辛アドバイス
http://www.el-aura.com/fujiwaramari20170327/?mode=all

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299