何故、あの人はモテるの? ステキな恋人がいる人・モテる人は、これを実行している!

超イケメンや絶世の美女であれば、モテるのは分からなくもありませんね。
しかし、それほどの外見でもないのに、異性からモテモテになっている人っていますよね?

なぜ、彼ら・彼女らはモテるのでしょうか?
実は、意外と単純なことが理由だったりするのです。

 

恋愛における男女の本能の違い

まず、恋愛における男女の感性の違いを、確認してみましょう。
多くの野生動物を見ても分かるように、多くの男性(オス)は、ハーレムを作ることが多いなど、複数の人に同時に恋心を持つことができる性質があります。
それは、多くの女性(メス)に自分の精子をばらまくことで、自分の血が通っている子孫を、少しでも多く後世に残すことを目的としています。

それに対して多くの女性(メス)は、同時に複数の人を愛することが、難しくなっています。
女性(メス)にとって、出産というのは大変な重労働であるため、生涯を通してたくさんの子供を産むことができません。
そのため、本当に愛する人の子供を産もうとするのです。
また、出産しても父親が誰なのかわからなくなると、父親からの育児協力を得られなくなる恐れがあります。

そうしたことから、男性はできるだけ多くの女性を抱え込もうとする本能があります。
そして女性は、できるだけ一人の男性に愛情を注ごうとする本能があると、考えられています。

 

女性が男性にモテるようになるには

さて、本題に戻りましょう。
では、どうすれば異性からモテるようになるのでしょうか?

女性の場合は、「多くの男性に、好意を見せること」が、男性からモテる秘訣になります。
好意といっても、あからさまに色気のある態度を見せるとか、思わせぶりな態度を取る……ということではありません。
日常生活の中で、以下の項目のようなことを、実行すればいいのです。

〇男性の前で、笑顔を見せるようにする。挨拶をするときも、明るい笑顔で。
〇男性の話を楽しそうに聞き、話を盛り上げる。
〇男性の長所を見つけて、積極的に褒める。

男性が恋愛の対象として選ぶのは、手が届かないようなところにいる絶世の美女ではなく、少し押せば、自分になびいてくれそうな女性です。
そうしたことから、「自分に好意を持ってくれている」と感じる女性を、恋愛の対象として意識することになります。

男性の恋愛心理は、結構単純にできています。
目の前で女性が笑顔で見てくれるだけで、「もしかして、自分に気があるのかな……?」と、勘違いしてしまうという性質を持っています。
それは、少しでも多くの女性を確保した方がいいという、本能から来ているといえるのです。
ですから、女性はただ多くの男性に朗らかな笑顔を見せて、爽やかに好意を示し続けていくことで、自然とモテるようになるといえるでしょう。

 

男性が女性からモテるようになるには

前述したように、女性は心から愛することができる男性を、一人だけ選ぶ傾向があります。
そのため、男性よりも恋愛相手を選ぶ目がシビアです。
ですから、男性が女性にモテるようになるのは、そう簡単ではありません。
その手っ取り早い方法は、「ない」と断言してもいいほどです。

例えば、野生のシカはハーレムを作ります。
多くのメスが、力強くて頼もしい、いわゆる「モテる」タイプのオスに群がります。
その結果、1頭のメスも確保できないという「あぶれオス」を、たくさん作り出す結果になります。

人間の場合も、これに似ています。
モテる男性にはいくらでも女性の方から接近してきますが、それ以外の男性には、あまり女性が寄りつかないという状況になりがちです。

モテる男性の特徴としては、外見の他に、経済力や知力が挙げられます。
経済力や知力がある男性であれば、安心して子供を産み、育てることができるためです。
しかし、昨今は女性の経済力や知力も高まっていますので、決してこれらが絶対的な条件という訳ではありません。

モテていない男性が、手っ取り早くモテるようになる方法は、「ない」と記載しました。
地道な方法ではありますが、オシャレをして外見を磨き、しっかりと働いて経済力を、そして知力を高めていくことが、肝要であるといえるでしょう。

 

モテなくても、ステキな恋人を得るために

しかし、複数の女性から簡単にモテるようになることは難しくても、ステキな恋人を獲得することは可能です。
女性は男性よりも、「受け身の性質」が強いといえます。
自分から動いてアタックするよりも、男性から来てもらった方が、楽だと感じる傾向があります。

ですから、モテようとして自分を磨いていくのと同時に、物怖じすることなく、自分から積極的に女性にアプローチしてください。
女性は、「この男性から愛されている」、「この人なら、私を大事にしてくれる」……と思うと、安心してその男性を受け入れるものです。
女性にとっての、たった一人の愛する男性に選ばれる可能性が、グンとアップするのです。

もちろん、振られることもあるでしょう。

でも、それはそれで良いではありませんか。
ただ受け身で女性が来るのを待っているのではなく、「数打てば当たる」の方式でも構いませんから、アタックを続けましょう。
男性の場合は特に、好みの女性と恋人になることを目指して、自ら動いていくことが大切なのです。

 

《藤森緑(ふじもり みどり) さんの記事一覧はコチラ》
https://www.el-aura.com/writer/fujimido/?c=169420