「6月17日 17時31分 射手座の満月」〜蒼月紫野の「満月のお願い事」vol.97

射手座

「6月17日 17時31分 射手座の満月」

こんにちは、蒼月です。
もうすぐ射手座の満月ですね。
射手座の支配する領域の願い事を振り返るときに最適です。

6月の満月はアメリカではストロベリームーンともいいますし、ヨーロッパではローズムーンともいいます。
簡単な天文現象ですが、とても低い確度で月が空を動くので、赤く見えやすくなるのです。
好きな相手と一緒にみるとしあわせになれるという話もあるようなので、この日にチャレンジしてもいいかもですね。

いままでは、満月のお願いは、ひとつに絞ってきたのですが、長年私や家族などでデータをとり続けた結果、10個くらいのお願いは叶うことが分かりました。
満月に願うお願いごとは、10個としておきたいと思います。
いまはまだ、10個以上叶うかどうかのデータは、取りきれていないので、沢山願いたい人は、最大パワー周期を活用してください。

最大パワー周期期間中の人は、いつでも願い事を書くことができるので、新月の十個の願い事を含めて、40個まで書けます。
新月が、仮にあなたの最大パワー周期期間中に二回起きていたとしたら、残りの20回が最大パワー周期期間中のものとして書けます。

6月17日の17時30分〜18日の01時14分までは、やや長いボイドタイムがありますが、最大パワー周期期間中の方は、ボイドタイムのパワーに負けずに書くことができます。
ただ、避けられるのでしたら、避けたほうがいいですね。

ペンは銀色の軸の緑のペンで書けると理想的です。
銀色系の万年筆に緑のインクを入れてみてもいいでしょう。

射手座

現在、木星は、射手座に位置していますから、びっくりするようなお願い事でもかなうでしょう。
張り切って書いて下さい。
また、火のエレメントの人は、願いが叶いやすいでしょう。
牡羊座、獅子座、射手座の人が火のエレメントの人です。
太陽星座であれ、月星座であれ、影響を受けます。

自分のホロスコープを見て、太陽星座や月星座が火のエレメントだったときは、最大パワー周期中ならば、願い事を必ず書いておきましょう。
いつもよりかなう可能性が高いからです。

 

★願い事キーワード

探究心の追求、自由、学問の成功、楽観的な期待、幸運
弁護士、訴訟裁判、調停、倫理、道徳、良心
寛大な心、道徳観念、自然との縁、外国との縁、
旅行、自発的に考える、親切になる、親しみやすくなる、
不注意さを克服する、安易な考えは直す、
腰や肝臓、大腿部、足のつけね、の身体部分や症状

……など

 

★主な願い事カテゴリー

真実の追究、正直になる、宗教、率直な会話
心の安定、ポジティブになる、自然との結びつき、直感
法律問題の解消、弁護士との出会いなど
幸運・楽観的になれるような願い事、
好奇心を満たすような海外旅行、
哲学、大学、問題の解決策をさがす、
無愛想、不注意や極端な楽天家を直す
腰や肝臓、大腿部・足のつけねの身体部分や症状を癒す願い

……など

射手座

射手座の満月の日に身に着けるといいのは、ラピスラズリや、ターコイズ・スギライトのアクセサリーや、紫の服。

料理は、エスニックフードがラッキーフード。
是非、召し上がってください。
可能なら、お友達を呼んで、盛り上がりましょう。

この日は、紫のキャンドルに火を灯して、クローブのインセンスを焚きましょう。
そうしながらお願い事を書くと更に吉です。

可能そうなら、月光浴もしてみましょう。
天然石の月光浴は、30分程度でOKです。
ただし、朝日が昇る前に必ず取り込むこと。
色がついた石は、太陽光で退色しますので、日に当てないでください。

 

《蒼月紫野 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E8%92%BC%E6%9C%88%E7%B4%AB%E9%87%8E/?c=14897