霊能力のためのホリスティック健康相談②―霊能力の磨き方

私も沢山の「痛い」、人によっては「無駄」と言うかもしれない経験をしてきました。でも、無駄なものは一つもありません。 全てが繋がり、意味があり、私に知恵と経験を与え、他者を思いやる心を深くしてくれました。 それがあったからこそ、今、直感・霊能力を使えるのだと思います。
霊能力のためのホリスティック健康相談②―霊能力の磨き方

まさかの「霊能力のためのホリスティック健康相談」(笑)
前回、霊能力は本来、誰にでもある生きるために必要な力だと書きました。
それを認め、使う事で自分の存在を肯定することに繋がるのです。

使っていないから衰えるだけ、なら、使いましょうと言う事で、今回は霊能力の磨き方について書きます。
やっぱり修行? いえいえ、違います。

 

誰にでもできて簡単な霊能力の磨き方はこれ!

それは、「今やっている仕事や、取り組んでいることを、誠心誠意、真剣に丁寧にやる」。これだけ……。

え? それだけ? そう、それだけ。

例えば、昔のお百姓さんは天気予報なんてなかったけれど、風や雲の具合を見て天気を予測し、秋の実りを得るために土や作物の様子をよく見て、直感という意識もなく、当たり前に「勘」を働かせていました。
また、あらゆるジャンルの職人さんは、教えようにも教えられない、その仕事をする人ならではの「勘」を持っていると言います。

Terraの食事相談の久恵先生も20年以上「食と人間と健康」について取り組んでこられたので「人を見れば何を食べて来たかがわかる」「食べているものを聞けば、その人がどんな思考回路かが判る」とおっしゃいます。
食事相談をする時も毎回同じではなく、まるで半分トランスするように、その人の
「身体、心、魂」のどこにポイントをおいて話をすればいいのかが判り、言葉が勝手に出てくるそうです。

そんな風に事務職なら事務職、ホテル業ならホテル業、主婦(夫)なら主婦(夫)ならではの「直勘」ってあるはずなのです。
その仕事を真剣にある程度の期間やっていれば、ですが。

それって霊能力? って思いました?
前回、「霊能力は生きるための力」と書きました。
この「仕事を真剣にすることで得られる独自の直勘」が、生きるための力で無くて、何だと言うのでしょう?
前世やオーラが見えたりしたって何の役にも立たないとも書きました。
この方がよっぽど役に立つ力です。
努力して得たその力こそ素晴らしいと思いませんか?

それともやっぱり、滝行や臨死体験とかして「いかにも霊能力」を授かった方がすごいと思います?

 

占いとかカウンセリングとか

よく、「占いは統計学だから霊能力なんて必要ない」とか、「カウンセリングは心理学などの幅広い知識で云々」とか言います。

ですがそれも、目の前のクライアント様と誠実にむき合い、その方が幸せになる方へ向かうことを真剣に目指していれば、占いで言えば、カードなどの意味や解釈以外の「直感」としか言いようのないものが沸き起こってくると思います。
「カードリーディングの不思議」参照

理論や知識はその仕事をするならあって当たり前。
それは「お勉強」すれば誰でも得られるものです。

でも、クライアント様は、その知識や資格を目指してくるのではありません。
「人」を目指してくるのではないでしょうか?
そうでなければ、その人でなくても、他の人でも良いはずです。

その人の持つ過去の経験、例えば恋愛、失恋、いじめ、結婚、離婚、出産、子育て、病気などの人として生きてきた経験と、そこから得られた知恵と、その時のその人に一番ぴったりくる対応をとる直感があってこそ、その知識を有効に使えるのだと私は思います。

真摯にそれに取り組んでいる方なら理屈を超えた何かがある筈です。
それがあるなら、他者の霊能力に関してとやかく言う必要もなく、今、ご自分が得ている直感で十分ではないかと思うのです。

大事なのは「人間として」目の前の人を思いやり、誠実に取り組むこと。

それが、金銭を生み出しても、生み出さなくても、それのスペシャリストになることで、その人に必要な直感=生きるのに必要な霊能力が身につくはずです。

昔の日本人は様々なことを丁寧に、そして、それを当たり前にやっていました。
色々なことが今よりは不便だった分、知恵や直感を活かしていたのだと思います。
最近はそれを軽視する傾向にあるように思います。

「自分に合っている仕事は何か?」「天職とは?」「運気が上がるのは?」

気にするのはそこですか?
自分が目の前のことにどれだけ真剣に取り組んでいるかを考えた方が良いと私は思います。あらゆる言い訳をせずに真面目にやれば、向いているかどうかが判かる時が来ます。
それを時間の無駄だと考えますか?
全ての起きる事には意味がある。無駄なものはない。
って、よく言いませんか?

私も沢山の「痛い」、人によっては「無駄」と言うかもしれない経験をしてきまし
た。でも、無駄なものは一つもありません。
全てが繋がり、意味があり、私に知恵と経験を与え、他者を思いやる心を深くしてくれました。
それがあったからこそ、今、直感・霊能力を使えるのだと思います。

それこそが、生きるために必要な力。
それが本当の霊能力だと、Terraでは考えています。

次回は霊能力に関係する「身体と波動」について書きますね~。

前回の記事はコチラ:
霊能力のためのホリスティック健康相談①―霊能力って何?