女神の星が宇宙に描き出す神秘的な図形とは?

当然ながら金星の姿を見ることは出来ませんが、宇宙に描かれた五芒星の力を、空を見上げて感じてみるというのも面白いと思います。
女神の星が宇宙に描き出す神秘的な図形とは?

【明るく美しい金星】

地球から見える星の中で、「太陽と月の次に発見しやすい星」をご存じでしょうか? 最大光輝は-4.5、地球から最も離れても-3.9もの明るさを持つこの星は「宵の明星」「明けの明星」などと呼ばれ、その美しさから「女神の星」などとも呼ばれて来ました。その星の名前は「金星」。

英語では「ヴィーナス」と呼ばれ、ギリシャでは「アフロディーテ」、古代メソポタミアでは、それらの女神の原型となった「イナンナ」の名前が冠せられた金星は、美しい星の代名詞といえます。そのために、金星を表す惑星記号は、女性を表す記号である「♀」と同一となっています。

421748296

 

【叡智を授ける金星のパワー】

412437229

 

地球から比較的近いだけでなく、その明るさによって古くから知られていた金星ですが、東洋では「智慧を与えてくれる存在」という側面も持っていました。「弘法大師空海」は、厳しい修行の末に、口の中に明けの明星が飛び込んだことで、超人的な記憶力を得たとされていますし、仏教の開祖である「釈迦」は明けの明星をみて、真理を悟ったといいます。

「一番星見つけた〜♪」という歌にある「一番星」も金星であることが多いのですが、実は金星が地球から見えなくなる時期があります。それは「合(ごう)」と呼ばれる状態に金星がなっているときなのです。これは金星が太陽と同じ方向にあることを示しており、太陽が金星を隠してしまっているのです。この合には、地球に金星が最も近い「内合」と、最も遠い「外合」という2種類があります。

 

【金星が創り出す五芒星】

84189745

 

金星も地球と同じように太陽の周りを定期的に回っているわけですので、「合は定期的に訪れる」のですが、「外合」に関して非常に面白い動きをしていることがわかっています。基本的に地球と金星の位置が同期することで合になるわけですが、外合は「8年で5回」巡ってきます。このとき、地球も移動していることから、金星の位置というのは、同じ外合でもかわってきます。それが8年で元の位置に戻るわけですが、この位置を繋ぐと「五芒星が現れる」のです。

「5つのポイントを繋げば、絶対に五芒星になるだろう」と思われるかも知れませんが、外合のポイントを繋ぐと、「正五角形から産み出した五芒星とほぼ同じぐらい綺麗な形」となるのです。これは、たんなる偶然なのかもしれませんが、様々な逸話を持つ金星が五芒星を産み出すというところに、「宇宙の神秘」を感じずには居られません。

 

【宇宙を浄化する女神の五芒星】

404306650

 

五芒星といえば、世界的に「力のある図形」として知られています。魔除けとして使われたりするのがポピュラーですが、地水火風空の五元素を著す象徴とされたり、スピリチュアルな力を集中させる図形であるともいわれています。そんな力のある図形が、広大な宇宙空間で金星という力ある星によって描かれるというのは、なんだか「女神が宇宙全体を浄化している」ように思えませんか?

そんな宇宙的浄化作業ともいえる外合が「6月7日」にやってきます。
当然ながら金星の姿を見ることは出来ませんが、宇宙に描かれた五芒星の力を、空を見上げて感じてみるというのも面白いと思います。

 

Venus is a beautiful star.
Venus created pentagram.

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809