鶴見明世のタロットやろっと♪ PART1 〜タロットって難しいの? まずはタロットと信頼関係を結ぶこと〜

人気占い師が教えます! タロットカードの中に人格を見い出し、その人格を仕事仲間として意識し、協力し合っていく事がタロット占いでは大切。
鶴見明世のタロットやろっと♪ PART1 〜タロットって難しいの? まずはタロットと信頼関係を結ぶこと〜

『タロットは難しいの??』

この質問を私はよく受けます。
タロットは難しいでしょうか?
そもそも難しい、とは何に対しての難しさなのでしょうか?

タロットカードは大アルカナが22枚、小アルカナが56枚、計78枚のカードがあり、更に1枚についての意味が10通り程はあります。
それを全て覚えるなんてとてもとても……
スプレッド(並べ方)もとても沢山の種類があって、兎に角、覚える事が多すぎる!
これはタロットカードに対して興味を抱いた人が誰しもが持つ感想だと思います。
記憶力が良くないと、タロットカードは読めないのでしょうか?
どうすれば、タロット占い師になれるでしょうか?

はじめにタロットの基本とはカードと信頼関係を持つ事なんですね。
私は、そう思っているんです!
ほら、仕事って信頼関係の上に成り立つものですし、信用出来ないと一緒に仕事は出来ないですよね。そして、仕事は実は、どんな仕事でも1人では出来ないですよね。
というわけで、タロットをリーディングしていくという事は、タロットカードを心から信頼し、カードの中に人格を見い出し、その人格を仕事仲間として意識し、協力し合っていく事が必要なんです。

でも、タロットに相棒的意識を抱くのはちょっと違うんです……
大切に、とてもとても大切に思わないと、カードとの信頼関係は出来ないのです。
だから、相棒よ、よっ、信頼してるよっ、これでは失礼極まりない!

師として尊敬する、信頼を寄せる。

これが基本形です。

時には子供のように可愛がり、愛する。これもまた、信頼の形ですから。
あ、恋人のように、という事は無いですよ!
何故なら、恋は平常心では出来ない事ですよね。
平常心無くしてはタロットカードを読んでいく事は出来ない、だからカードに恋していては読めないという事になるんですね。

“平常心だとタロットカードを読めるならば、それって霊感とかはどうなってしまうの?
信頼タロットなんて聞いた事ない、霊感タロットならあるけれど”

うーん、そこで霊感が出てきてしまうと・・・・・・霊感タロットに関してはおいおいお話していく事にして、今は最初に戻って、タロットカードを信頼する事に関してお話ししましょう!

タロット
カードとの信頼関係を確かめる為、カードに慣れていくために、一枚引きという方法は有効です。
最初は、大アルカナカードだけ使う。
シャッフルし、今日の私、と思って一枚だけ引く。
そのカードの意味が、今日の私、というわけです。

これはとても簡単ですが、カードがどう出るか、で実は信頼関係がわかるのです。カードとの信頼関係。
さて、何がどう出ると、どういう信頼関係と捉えるのか。

それは、カードを見た時に、的確な意味を、必要な言葉を自分の脳の中の膨大な意識や記憶の海の中からサルベージしていく、という事なんです。

ますます、わからなくなりましたか??
それでは次回は、具体的な例題をあげて、カードの一枚引きを一緒に考えていきましょう。

鶴見明世タロットスクール 公式ホームページオープン!