守護天使・天使・ハイヤーセルフの違い~アカシックで見る「守護天使が『天使』と呼ばれる理由」~

ハイヤーセルフは色々な姿をしていますから、翼をもたないハイヤーセルフもたくさんいます。

守護天使もハイヤーセルフも天使も、存在たちは皆、役割があるから存在しています。
それぞれがどのような存在か、考えた事はありますか?

あなたをサポートしている存在を知ることは、あなた自身を見つめることになりますし、知る事自体を楽しいと思う方も多いと思います。

私は「全ての概念は、全て正しく存在する」と信じていますから、分析することが好きなのです。
人や本から見聞きした概念を「全て正しい」という観点で分析します。
疑問点を存在たちに聞いたり、アカシックで調べたりします。もちろん人に聞くこともあります。
今回は、その一端をご紹介します。

 

守護天使とハイヤーセルフの役割

守護天使とハイヤーセルフはこのような概念で存在しています。

守護天使とは?
その人間が地球に転生を決めた瞬間からサポートする天使で、その人の今生の目的や役割の全てを知っています。
「人生の青写真(ブループリント)」を持っている天使です。その人が地球で活動し続ける間は、いつも一緒にいます。

ハイヤーセルフとは?
高次の自分(未来世)のことです。
自分の歩んだ道を覚えているので、私たちの今生の役割や目的に合わせながら、高次の自分(ハイヤーセルフ)に進んでいくようにサポートしてくれる存在です。

私は、ハイヤーセルフという存在が「あなたの全ての事をサポートしている」と講座でも、ブログでも話しています。
この私の概念では、様々な存在は必ずハイヤーセルフを経由して、皆さんの前に現れているという事です。
ハイヤーセルフが全てのタイミングを指揮しているという事であり、「青写真」を持っていると同じ状態であるということが言えます。

 

天使と守護天使とハイヤーセルフ

では、ハイヤーセルフと守護天使は同じものなのか?

その前にまず、「天使」という名の付く「守護天使と天使の関係」を見てみましょう。
昔のブログ記事で、様々なエネルギーについてまとめたものがありますので、よろしければご覧ください。
”スピリチュアルなエネルギー”たちの関係をまとめてみました

この中で、天使は「地球のエネルギー」としています。
地球のエネルギーは第5密度の集合意識です。
私たちがその集合意識から必要なエネルギーを意図して利用していて、その1つの形が天使です。
仕組みとしては、人が地球に転生した後、天使のサポートを意図して求め、サポートを得ているということです。

ここまでをまとめましょう。

● 天使は、私たちが意図すればサポートします
● 守護天使は、私たちの転生後、サポートを意図しなくても私たちをサポートします
● ハイヤーセルフは、いつでも意図しなくてもサポートします

このように見ると、天使、守護天使、ハイヤーセルフはそれぞれ役割が違うという事がおわかりいただけると思います。

 

なぜ「守護天使」を「天使」と呼んでいるのでしょう?

では、天使と守護天使の役割が違うのに、なぜ守護天使に「天使」という名が付いているのでしょうか?
この疑問についてアカシックを読んでいくと、2つの理由がありました。それは、

● 過去のチャネラーたちが見たハイヤーセルフの姿に翼があり、姿が「天使の様」だったから
● ハイヤーセルフという概念よりも天使という概念の方が受け入れやすかったから

です。

私自身もセッションで多くの方のハイヤーセルフを見てきましたが、その中には翼を持った存在もいました。
まるで天使の様でした。
この姿を過去のチャネラーさんが「天使」と表現することは間違いではありません。
ちなみに、ハイヤーセルフは色々な姿をしていますから、翼をもたないハイヤーセルフもたくさんいます。

また、元々「天使」や「守護天使」の概念は西洋から来ており、宗教的観点、文化的観点から「天使という存在が側にいる」という考え方が、ハイヤーセルフという概念より受け入れやすかったというのも理解できます。

実は、この記事は大天使ミカエルさんと一緒に書いています。
ミカエルさんは皆さんが思う事を先読みするので、もう一つ書く事が増えました。
お付き合いください(笑)

 

私が聞いた守護天使の名前は何だったの?

例えば、
「あなたの守護天使の名前は○○です」
とチャネラーさんに伝えられた場合、それは天使の名前だったのか? 守護天使の名前だったのか? それともハイヤーセルフの名前だったのか?
という事です。

ミカエルさんが、「私の名前と同じ守護天使の方がたくさんいる」と言っています。

全ての存在に言えることですが、天使、守護天使、ハイヤーセルフにとっても、名前は重要ではないのです。

何が重要かというと、存在を意図できる事です。
あなたが意図したい存在を意図できれば、それで十分なのです。
どんな名前でも姿でも「今の私をサポートしてくれる存在」を意識して、自分は一人ではないと感じられるのであれば、存在たちは何と呼ばれても良いと思っています。

HP「虹色の空に 金色の風」:https://nijiironosora.amebaownd.com/

《Tomokatsu さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tomokatsu/?c=129363