内側の感覚に気づく!〜内側の感覚は常に外側に鏡として投影されています〜

いつでも向かう先は、自分の中心です。 ここが自分の還る場所であり、 本当の自分のいる場所です。
内側の感覚に気づく!〜内側の感覚は常に外側に鏡として投影されています〜

「考えることと、感じることは違うものです。」

外側の状況にイライラしている時、
イライラした感覚にちゃんと気づいていますか?

ああ、イライラする! と、言葉に出していたとしても、
自分の内側で感じている感覚に意識的になっているでしょうか?
外側で見ている出来事について、あれこれ考えていませんか?

例えば電車の中で騒いで入る人たちにイライラしたとしたら、
どんな風に内側でそのエネルギーを感じているか?
自分の中にどんなエネルギーが発生しているか?
そうした感覚に意識を向けずに、
混んでいる電車内でこんなに大声で騒ぐのは非常識だ!とか。
周りの迷惑を考えないのかしら? とか。
自分がイライラしていることを考えによって気づいていませんか?

考えることと、感じることは違うものです。

390162118

 

「考えは、内側で感じている感覚を表現するためのものです。」

考えることはマインドの仕事です。
感じることはハートの仕事です。
考えることは身体がしています。
感じることは心がしています。
マインドは過去の記憶でできています。
ハートは内なる知性から来ています。

あれこれ考えがとめどもなく現れているとしたら、
そこには必ず感情があります。
感情に意識を向けてみてください。
感情に気づかずにいると、考えに操作されるようになります。
考えに操られるようになっていきます。
例えば、信頼していた友人たちが、自分を外して旅の計画を立てていたことに気づいたとします。
内側に感情が表れてきて、
その感情のエネルギーに沿ってコメントがされていきます。
仲間外れにされた。自分は嫌われているのかもしれない。
なぜ自分に言ってくれないのか。最初に言うべき人間は自分ではないのか? あそこに行きたいと最初に行ったのは私だ。先日彼に会ったのに彼は一言も旅の話をしなかった……。
あああ、もう考えまい。仕事に集中しよう。
と思えば思うほど、気がつけば考えが次々上昇してくる。

考えは、考えようとして出てきているのではありません。
内側で感じている感覚を表現するためのものです。
内側からふつふつと湧き上がる感情を表して、説明しているのです。

379052017

 

「自分の中心が、自分の還る場所であり、本当の自分の居場所です」

考えで表現する代わりに、
どんなエネルギーがそこにあるのか感じてみてください。
目を閉じて内側に意識を向けると、
体がよじれるような気持ちの悪いエネルギーがあったり、
体の中に火がついたような熱いものがあったりします。

そのエネルギーこそが感情の正体です。
感情とはエネルギーです。
目に見えないエネルギーを表現する行為が考えです。

考えは自然と内側から溢れてくるものです。
裏切られたとか、許せないとか、悔しいとか…….

考えにフォーカスするのではなく、
私の身体(マインド)は、こんなことを考えているのだ! と気付きながら、感じていることにフォーカスしていくと、
内側からエネルギーが溶けていきます。
いつでもこの世界の鏡の仕組みは、
内側が外側に現れています。
決して、外側が内側に現れているのではありません。
内側の感覚は常に外側に鏡として投影されています。

内側を体験するための方法が、外側の現実です。
内側にあるものに気づいている時、それは溶け出します。
私たちが自分の中にあるものに意識を向けた時から溶け出します。

ところが、投影された鏡の中にフォーカスしてしまうと、
投影された周囲の諸々に意識が拡散してしまいます。
映し出された映像に振り回されることになります。

自分の中心に向かうのか?
自分を中心に拡散するのか?

いつでも向かう先は、自分の中心です。
ここが自分の還る場所であり、
本当の自分のいる場所です。

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423