富士山の祝福に学ぶ 〜ハートはすべてを知っている〜

今年最後の新月のこの日、本当に特別な何かが起きたようです。富士山を感じると内側に強いマゼンタ色の波動が脈打っていました。
富士山の祝福に学ぶ 〜ハートはすべてを知っている〜

『ハートの感覚に従うと、完璧にすべてが整います。』

先週末、富士山麓で私の師匠ボブ・フィックス氏と共にワークショップを開催しました。北海道から沖縄まで、全国からはるばる集ってくださいました皆さまと3日間、瞑想を深めて参りました。

このワークショップに向けて「富士山、大地、地球と深く繋がりながら、純粋な波動を創造する役割を担った方々が集合する」と意図していましたから、私たちの意図を地球が求めるなら、きっと導かれるだろうと、宇宙に託してきました。

そうして迎えたワークショップ。ところが初日は大雨の予報。
私自身、雨の中に車を出しながら、これは本当に導かれているのだろうか? と、少し不安を感じました。

ところが、高速道路に乗った途端、いままでに見たことのないほど幻想的で美しい光景が始まったのです。
雨を降らせる雲の合間から、抜けるような青空が見え隠れし、いくつもいくつも虹が現れていきました。龍の姿の雲が輝くようにあちらこちらに現れ、あたりがきらきらと輝いていました。

2日前にチェンマイから来日したばかりの通訳さんを隣に乗せていましたが、
美しい自然の都であるチェンマイ在住の彼女さえ、感嘆をあげ続けていました。
窓の外の光景には、心がわくわくするような何かがありました。
それが何かを思う間も与えずに、幻想的できらきらした光景が繰り広げられ、心を奪っていきました。

何かが起きていました。でもそれは何なのか?

富士山のワークショップ会場に到着しボブ・フィックス氏に会うと、「富士の高次のゲートが開いた」ために光が溢れ出したことを知りました。その日、11日の富士山は22度の気温になりました。祝福のエネルギーがこんなにも美しいのだとしみじみと感動したことはもちろんです。

大雨の予報だったのに、富士山は美しい姿を見せて、私たちを迎えてくれました。
富士山は、今日ここで私たちが何をするのかを知っていたのです。それを強く感じました。富士山は参加者一人一人を感じていました。

初日、私たちは一晩中、14時間の瞑想をする予定でした。
そして、その日の瞑想は、参加者の方々みなさんが溶けてしまうかのような体験をしました。とても美しい時間で、真夜中の星空もまばゆく美しく心に響きました。

翌朝になって、11日の真夜中に天照大御神が富士山に降り立った、富士山に神々が集った、富士山で聖なるイベントが開かれたなどとネットに書かれていましたが、今年最後の新月のこの日、本当に特別な何かが起きたようです。富士山を感じると内側に強いマゼンタ色の波動が脈打っていました。

一晩中瞑想をし、ランチに全員が集まった時の富士山は言葉を失うほど美しく輝いていました。富士山は意識をもっています。彼女は喜びでいっぱいでした。

ワークショップの開催を12月の新月にと目指した訳ではなく、この特別な聖なる夜を知っていた訳ではなく、11月か12月に、富士につながるワークショップをしようと半年ほど前に計画を立てましたが、いざスタートしてみると完璧にすべてが整っていました。

私が無意識に、その日を選んだのか?
私が選んだことで、その日が準備してくれたのか?
どちらでも構いません。

ハートの感覚に従うと完璧にすべてが整います。

140658424

 

『ハートは感覚です。』

頭で考えるとものごとを計算してしまいます。
ですがハートは感覚です。
ハートで感じて動く時、後になっていつも、ああ完璧だったと思います。

 

数年前の震災を思い出します。
3月11日、その日は3名のセッションを予定していました。
ところが朝になって、ありえないことに3名全員熱を出しキャンセルの連絡をもらいました。急に丸1日空くことになりました。
お休みは年に数回しかないため、「やった! 今日は休みだ」と、ずっとやりたいと思っていたことをやろうと車に乗って飛び出しました。

まずは、買い物に行こう!! と、ずっと行きたかったコストコに向かいました。
ところが、あと数百メートルのところまで来たにもかかわらず、急に行きたくなくなってしまいました。どうしても嫌という感じがやってきたのです。
しかたなくUターンして、近所のいつものスーパーに行きました。

私はシンプルライフを心がけていて、食材を残したくないこと、新鮮なものをちょこちょこ買いたいと思うため、冷蔵庫の中はほぼ空っぽ状態で生活しています。今日使うものしかない状態を維持しています。

ところが、その日、とにかく見るものすべて買いたくなってしまい、滅多にすることのない大量買いをしました。5名で1週間は楽に暮らせるほどの量でした。
おまけにガソリンを入れたい衝動にかられてスタンドに行き満タンに。
帰りにはトイレットペーパーからティッシュまで、本当に山のように買い物をしました。

今日は久しぶりの休みで、楽しみのために使う予定だったのに、なぜか買い物に走ってしまったのです。

買い物を終え、車いっぱいの荷物を降ろして、荷物をすべて家の中の置き場に収めた瞬間、地震がきました。最後の荷物をしまい終えるのを待っていたかのようなタイミングでした。

翌日から、スーパーは商品がなくなり、ガソリンを求める車がどこまでも列をなし……となったのは皆さんご存知の通り。私が向かっていたコストコは駐車場にはいるスロープが壊れ、車が落ちて2名の方がなくなられています。コストコの駐車スペースに止めた車は、スロープが再生されるまでの数ヶ月間車を出すことができず、台車生活を余儀なくされることになったようです。

コストコの目の前まで来ていたのだから、マインドは行こうよというけれど。
ハートは意味を言わずに、ただNOと感じる。
後になってハートの意味を知ります。

ハートは地震を知っていました。そして、地震の後に起こることも知っていました。私はハートを感じて今この瞬間感じるままに動いたに過ぎません。
ところがあとになって、すべての選択が完璧だったことを知りました。

234506476

 

ハートはすべてを知っています。

ハートは、いまこの瞬間の宇宙全体を知っています。

ハートは感覚です。

ハートは説明をしません。
言葉もありません。
ただ、感覚を通して私たちに常にメッセージをくれています。

ハートの声はささやきです。
言葉ではなく、かすかな感覚です。

ハートに従うと、後になってその完璧さに驚きます。

ハートはすべてを知っています。

 

≪高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ≫