11月14日。68年ぶりの近距離となるスーパームーンがもたらすものとは?

満月の夜におきた事件の統計をとったところ、他の日に比べて「障害や放火、殺人といった事件が多い」というものであり、一躍話題となったのですが、他の学者が追試したところ、同じような結果が出ることはなくアーノルド博士が、「都合の良い統計データを使った」という説が有力となっています。
11月14日。68年ぶりの近距離となるスーパームーンがもたらすものとは?

【11月14日は2016年のスーパームーン】

11月14日は「スーパームーン」。17時ごろから朝方まで大きな月が夜空を飾ります。スーパームーンとは、厳密には天文学の用語ではないのですが、「月が地球に1年のうちで最も近づいている状態の満月」を示します。

月の公転軌道は、きちんとした円形ではなく楕円形のために、地球との距離は「約36万kmから40万kmの間で変化」しています。このために、最も地球に近づいているスーパームーンの場合、最も遠い時に比べて「最大で14%も大きく、30%明るく見える」とされています。

宇宙のサイズでいうと、4万kmというとたいしたことがないように思えますが、地球上で考えると、「地球の大きさが4万km」となります。

これは、「1mの基準」にもなったものですが、余談なので、今回は割愛します。とにかく、月の距離は、地球と同じぐらいの規模で変化するわけです。

 

【今年のスーパームーンは68年ぶりの近距離!】

179470679

同じスーパームーンでも距離はまちまちなわけですが、今回のスーパームーンは11月14日の20時20分ごろに、「356511km」まで接近します。これはなんと、「68年ぶりの近距離」なのです。ちなみに、2011年に発生した「エクストラスーパームーン」の距離は「356577km」であり、その時に比べても「60km近い」わけです。

それだけ近いのに、なぜエクストラスーパームーンではないのか? そもそもエクストラスーパームーンとはいったいなんなのでしょう?

こちらは、「月が地球に最接近する時間と、満月になる時間が1時間以内の誤差」という条件を満たしたスーパームーンを示します。今年は最接近から2時間30分程度たってから満月となるので、この条件は満たしていないわけです。しかしながら、60kmというと宇宙レベルではほとんど誤差ですので、肉眼でエクストラスーパームーンとスーパームーンを区別するのはほとんど不可能といえます。

 

【月が影響を与えているもの】

376213591

美しい月の姿を堪能出来るスーパームーンですが、「災害との関係」も噂されています。この噂が広まったのは、前述した2011年の「エキストラスーパームーンの直後に東日本大震災が起こったことがきっかけ」でした。東日本大震災を予知したとして有名な「松原照子」さんが巨大な地震が来ると予見した日が、「今年の11月23日」なのではないかという噂も出ていることから、大地震を警戒する人も多いようです。

確かに、月は潮の満ちかけからもわかるように、地球や私たち人体に影響を与えています。女性の生理周期と月の満ち欠けの関係は古くから知られていましたが、男性でも人間の身体は大部分が水分で構成されているために、月の影響を受けることで、「満月の夜は高揚して犯罪が起きる」という説もあります。

月と精神の関わりとしては、アメリカの精神科医である「アーノルド・L・リーバ—」博士が提唱した「バイオタイド理論」が有名です。

満月の夜におきた事件の統計をとったところ、他の日に比べて「障害や放火、殺人といった事件が多い」というものであり、一躍話題となったのですが、他の学者が追試したところ、同じような結果が出ることはなくアーノルド博士が、「都合の良い統計データを使った」という説が有力となっています。

また、満月と車の事故に関係があるのではないかという研究もされています。
日本の警察が発表した交通事故のデータと、月齢を比べたところ、満月と新月の前後には死亡事故が増えているというのです。

しかし、こちらも実際に警察発表データと月齢を比べたところ、必ずしも満月に事故が起きるわけではないというのが明らかになっています。最近ではきちんとした統計調査によると「満月と人の心理の間には、全く因果関係がない」という説のほうが有力となりつつあります。

 

【月のエネルギーをしっかりと受け取ろう】

181859510

しかしながら、科学的に分析することが難しい、「月がもたらすスピリチュアルなエネルギー」は、太古から私たちに影響を与えてきています。太陽暦よりも月の動きをベースとした陰暦が、現代でも東洋占術では基本になっていることを考えると、「エネルギーレベルでは何らかの影響を与えている可能性は高い」といえるでしょう。

ただし、「ルナティック」という言葉があるように、月のエネルギーは繊細でありながら、人の精神状態を高揚させたりする力もありますので、地震などを怖れすぎてしまうと「精神的にダメージを受けてしまう可能性」も出てきます。

せっかくの68年ぶりの月のエネルギーが最大限に感じられる夜であり、さらに「2017年はスーパームーンはありません」ので、怖れに身を任せてしまうのではなく、「月の光を使ったワークを行ってオーラを輝かせたり、手放したいものをエネルギーレベルで解放する」など、その力を有意義に活用することをオススメします。

The moon is closest to the 68 years.
Learn more Super Moon.

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809