気功治療家(スピリチュアル・ヒーラー)の仕事とは 〜気功治療と邪気〜

気を整えるに当たって重要なことは、病気や症状の原因になっている邪気を浄化していくことです。 邪気が残っていては、施術で一時的に症状は和らいでもまた症状が現れます。
気功治療家(スピリチュアル・ヒーラー)の仕事とは 〜気功治療と邪気〜

皆さん、こんにちは。
この記事は日曜日にさいたまの街中のカフェで書いています。

今日はどこに行っても人だらけで、渋滞・行列でまいってしまいます。
人が混むから「ヒトゴミ(混み)」なのでしょうが、何かそれは「人ゴミ」の様に思えてしまって人の多いところは敬遠してしまいます。

ヒーラー、スピリチュアルなワークをしている人、気(エネルギー)に敏感な方は人ごみに行くと「疲れる」「身体が重くなる」とよく言います。
人間は特に気(エネルギー)の浄化を意識しなければ、エネルギー的に汚れているものです。
エネルギー的に良くない人が集まる所は、エネルギーが良くない場となり、そこに行くと良くない気(エネルギー)を受け疲れるのです。
気の感覚はある人ない人で差がありますので、わからない人にはまったくわかりません。
しかし、この気(エネルギー)というものは人生に大きな影響を与えています。

 

邪気を浄化するのが気功治療家(スピリチュアル・ヒーラー)の仕事

私の仕事は気功治療(スピリチュアル・ヒーリング)で、クライアントの病気や症状を癒して差し上げるものです。
開業から数年は筋肉や骨格も意識をしていましたが、現在はクライアントの気(エネルギー)を整えることだけの施術をしています。

つまり、ほとんど圧したり揉んだりはしないのです。

気を整えるに当たって重要なことは、病気や症状の原因になっている邪気を浄化していくことです。
邪気が残っていては、施術で一時的に症状は和らいでもまた症状が現れます。

病気の根本原因は何でしょうか?
色々な医師や治療家さんがそれぞれの立場で意見を言っていますが、私は病気や症状の原因になる気(エネルギー)=邪気が最も根本原因であると考えています。
肉体レベルに病気・症状が現れる前に、見えないエネルギー体に異常が生じています。
つまり、邪気が生じているのです。

気功治療家はその邪気を浄化し、無くしていくのが仕事です。
邪気が無くなると、気の巡りが正常に回復します。
東洋医学では、血流は気が誘導するという考えがあり、私も体験的にそう思いますが、気の巡りが回復すると血流が回復します。

血流が回復すると、細胞レベルまで必要な酸素や栄養素が行き渡り、免疫力も向上します。
神経の働きも回復します。
それによって病気や症状が癒えていきます。

 

様々な邪気が病気となっていく

邪気と一言で言っても厳密にはいくつかの種類があります。
それは主に次の様なものです。

① 自分自身のネガティブな感情のエネルギー
② 土地・建物などの場所のエネルギー
③ 霊的なエネルギー(霊障)
④ カルマ(因縁・業)のエネルギー

病名が同じでも原因はエネルギー的にみると異なるのです。
たとえば、がんと言ってもある人はカルマによって発症するし、また別の人は霊障によって発症する場合もあります。

現代の西洋医学では、手術をしたり、抗がん剤(化学療法)をしたりしてがん細胞を無くす治療を施します。
それはそれで良いと思いますが、それをしてもがんの気(エネルギー)がまだまだ残っていると感じられる場合はいずれまた再発する可能性があり、問題を先送りしている様に私は思います。

例えば胃がんを例に採れば、極めて邪気が強くこちらが不快になる位の邪気を発している場合もあれば、何か塊はある様だけどそれ程嫌な感じがしないなぁという場合もあります。
手術をしてお腹を開けてみないとがんの正確な分類ができない、良性か悪性かわからないと医師が言うことがありますが、私は気を感じ取って「あまり心配しなくても大丈夫」とお話することもあります。

 

しかし、一方でがんの邪気の不快さが強烈に伝わってきて私も苦しいので自分の表情が険しくなってしまうことも往々にしてあります。
その様な場合は進行しやすいがんであったり、医師がたちの悪いがんと診断するものであったりします。
ただ、私は余りクライアントを怖がらせたり不安を駆り立てたりすることは逆効果になるのでお話ししない様にしています。

また、現代はうつ病が非常に多いですが、その元々の原因はストレスによって自分自身にネガティブな感情(心配・不安・恐れ・悲しみ・怒り・嫉妬など)を作り出し過ぎてしまったことにあります。
心の中に闇というかブラックなエネルギーができてしまうのです。
そのレベルでうつ病になっている人もいれば、そこに更に霊が闇に魅かれて入り込み、霊のエネルギーが悪化に追い打ちをかけている場合もあります。

うつ病の人はネガティブな感情に飲み込まれて抜け出せないトンネルにいるかの様ですが、そのネガティブな感情エネルギーは憑いている霊のエネルギーに由来することも多くあります。
もう少し噛み砕いて言うと、未浄化な霊の苦しみを感じ取ってうつになっているということです。

また、精神の薬を使っている人はその副作用も悪影響を与えているかもしれません。
それらの原因が複合的に起こっているのです。

female soul

精神の薬は脳を半ば麻痺させてしまっているだけで、それが長く続いている人は特に頭部に邪気が溜まり良くないことになっていることが多い様に感じられます。

 

気功治療(スピリチュアル・ヒーリング)の効果は受け手側にも要因がある

私はその様な邪気を毎日毎日浄化しています。

それが私の仕事で、今世の菩薩行と思っています。
そのためにインドの密教の瞑想行を日々行っており、ご神仏との繋がりを持ち神気を高めます。
自分自身のパワーで癒すというよりも、ご神仏のお力をお借りするのが私の気功治療であり、その実態は御祈願・御祈祷に近いものと思っています。

どのクライアントさんにもある程度のレベルで気をお送りできる様になっていますが、中でも一部のクライアントさんにはものすごく神気が降りてくる場合があります。
それはご神仏がお力を一層下さっているものと感じています。

その様な人には次の様な共通点があります。

① 性格が素直である
② 利他の精神が強く、利己的なところが少ない。我が少ない。
③ 色々なことに感謝の気持ちが強い、両親やご先祖様、家族・周りの人々に対して。自分の力で生きているというよりも生かされているという感覚が強い
④ 信仰を持っている。特定の宗教団体に入っていなくても見えないご神仏や自然に対して感謝と畏敬の念を常に持っている。神社やお寺によく行く。
⑤ 人助けや人に喜んでもらうのが好き
⑥ あるもの・持っているもので満足している、不足感・欠乏感、所有欲が少ない。人と自分を比べない。

と、言ったところでしょうか。
共通項をまとめると神が喜ぶような生き方をしていると言えると思います。
別の表現をとれば、宇宙と調和した生き方をしているとも言えます。
年齢や収入・資産、肩書はまったく関係ありません。
かえってお金や地位には縁がない人の方が多いかもしれません。

その様な方に気功の施術をする場合には力強いエネルギーが降りてきて、私は身体が熱くなり右腕が怒張した様になります。
私の親しい気功家(スピリチュアル・ヒーラー)は、その様な方の施術をする場合だけ身体が自分の意思ではなく勝手に舞を舞ってしまうと言っていました。

Calibration

そしてこの様な場合、いつも必ずある訳ではありませんが受け手も変性意識になったり、光を見たり、違う世界に行ったりします。
受け手は気が入って来る実感が肉体で強く感じられます。

その様な方は神からおかげを貰ったものと思います。
私が強く気を入れようとしている訳ではありません。
私は自身のこの様な体験から、ご神仏は見えなくても一人一人の人を見守っているという信条を持っています。
昔のおばあちゃんはよく「お天道様は見ている」と言いましたが、本当にそうと思います。
誰も見ていなくても、どの様に生きるかというのはとても大事なのです。

これからの記事は邪気というネガティブなエネルギーについて解説をしていき、その浄化法をお話ししようと思います。

またよろしければ読んでみてください。