思考は現実化しません

一度きりの人生なんだから、尖って生きましょうよ。 他人から「あいつはロクでもない奴だ」って言われる人ほど、人生を謳歌してるじゃありませんか。
思考は現実化しません

「思考は現実化する」のではなく、信じていることが現実化します。

ある若者が、不動産会社に営業職で就職しました。
内気で、人付き合いが苦手、理系でおとなしい若者です。

彼は、営業職には全く向いていません。
入社して1ヶ月、たちまち、社員300人中、成績は最下位。
契約を取るなんて、夢のまた夢。
自分を正当化するための言い訳をあれこれ考えては、ため息ばかり。
結局、見込みのお客さんを捕まえることすらできません。
2ヶ月が経ち、周りの目も冷ややか。
若者は、毎日、自分がクビになることを恐れています。
毎日、出社することが恐ろしくなりつつありました。

 

パワハラ上司の怒り

236579110

 

ある夜、その営業所で所長が所員みんなを連れて飲みに行きました。
その帰り道、所長は大きな声で「おい、〇〇」言いながら、若者の脇腹をボコっ! と、殴りました。
そこで、所長は「〇〇、お前、クビになるの怖がってるやろ」と言いました。
続けて、大声で、「〇〇、お前は後半年もしないうちに、確実にクビになるわ!」と叫びました。
若者は震えて、うつ向いて、半泣きになっています。

所長は続けてこう言いました。
「お前が売られへんのは、よくわかってる」「お前には売られへんわ!」「お前には期待しない!」
若者の心の中には、絶望感が立ち込めました。
続けて所長は「お前はカッコよく恥をかかないで売りたいと思ってるやろ」
「お客さんの前で、売れない営業マンやと思われるんが恐いんやろ」と言いました。
若者は、自分の心の中を完全に見透かされていることに、驚きます。
周りからすれば誰でもわかっていることなのですが、本人だけは取り繕ってバレていないと思っているのです。

所長は言います。
「営業所の売り上げが落ちると、俺のボーナスが減る」
「お前なんかが電話を取ったら、あちゃ〜、あいつ電話取りよったと泣きなくなる」
「家族の顔が目に浮かぶんや」と、……。
でも、続けて所長は言いました。
「〇〇、それでもいいから、お前しっかり電話取れ」
「俺のボーナス減るけど、何かの縁やねんから、お前にチャンスをやる」
「クビになるまでの間、次の会社で働くための練習やと思って、必死でやってみー!」
「忘れんな、もうお前はクビになるんや、諦めろ」

 

会社をクビになるイメージが完成!

163374905

 

若者は、不思議な気持ちになります。
「もうお前はクビになるんや、諦めろ」と言われて、ハッキリとクビになるイメージが湧いたのです。
ですが、どうでしょう。
若者の気持ちはスッキリと晴れやかになりました。

それまでは、クビになることを恐れて、「クビになりたくない」「カッコ悪い」「クビにならないようになんとかしなくては」「家で嫁さんが待っている」
痛みを恐れて避けようとすればするほど、苦しかったのです。
クビになるイメージがしっかりと湧いた時、「ああ〜もうクビになることが決まってるんだ、もう悩まなくていいんだ。」と思えたのです。
すると、不思議なことに、恐れからスッキリ解放されたのです。
どうせもうここではダメなんだ、もうすぐしたら、この人たちとはお別れなんだ。
ここでどんなにカッコ悪いやつだと思われてもどうせ、もうすぐ顔をあわせることもない。