古代レムリア Vol.1
日本の建て替えが始まった。
舞台はレムリアの聖地「琉球」。

レムリア一族の末裔たちの復活。新時代の幕開け。日本立て替えの表舞台を描いた新連載スタート!
古代レムリア Vol.1<br>日本の建て替えが始まった。<br>舞台はレムリアの聖地「琉球」。

日本の建て替えが始まった。
現代の岩戸開きは古代レムリア一族によって新時代を導くことになる。
建て替えの舞台。

それは、日本きっての天国・地獄に一番近い神の聖地「琉球王国」沖縄から始まる古代首里城に繋がった、神のエネルギーを運ぶレムリアン巫女一族の復活。「役目を持って転生している御霊の覚醒を急ぎなさい。」「これからの時代は神が選んだ者が世を導き担っていくことになるであろう。」

当方にかけられた日本建て替えの裏舞台。「知らずしてこの世を通れると思うなよ。」国常立・スメラノミコト一族お立ち上がりの総勘定。琉球の女神が目覚める。超宇宙時代の到来。その導きを当方が役目の方々とその封を切る事になる。意識では掴めぬ世界、だが確実に存在する神と呼ばれる世界。多次元の世界では壮大なプロジェクトが今繰り広げられている。水を伝って神の息吹を取り戻す。この世は全てエネルギー「神の息吹そのもの」である。

流動エネルギーでもある「水」によって、この世の大浄化、大洗濯が始まる。古代レムリアの記憶、半身半霊、透明にも近い意識と魂の融合体。初代根源を担ってきたレムリアン一族。女性性を司るレムリアの力、周波数でその記憶を共有する。今、魂に眠ったレムリアの記憶に刺激をかけながら眠りから醒める琉球王国。同時に、役目を担って転生してきている者は魂の疼きを感じ、前世療法に足を運ぶことになるであろう。

魂の目覚めをもって世を統治する超神時代。人を伝って降りる神の周波数を読み解ける能力を持つレムリアの一族よ。今目覚めの時。長い年月をかけて眠りから溶け出した琉球の深海に眠る神殿の目覚め。そして幻の島に隠された壮大なエネルギーの真実。琉球のレムリアン巫女・ユタ・ノロの末裔がひた隠しにしてきた人魚の伝説。その根源に広がるパラレルなワールド。人魚伝説は本当に存在していた。そして竜宮城も存在する。そして長い月日をかけて目覚めの時を待っていた。今、琉球の「女神・天女」が再びその力を目覚めさせようとしている。時代は超霊的・超宇宙時代を迎えた。舞台は琉球、沖縄、宮古島から。琉球の神女に護られる御嶽に隠された古の真実。意識では全う持ってそれを知る者はなく、レムリアの記憶を伝って蘇る、懐かしきも悲しい事実。涙なしでは与れない神業の一部を、回を追ってご紹介していくこととする。

目覚めよ! レムリア一族の末裔たち。役目の時担いの時。早春の到来がそのレムリア時間を刻むであろう。強欲にかられた精神性では、決して掴むことのできないレムリアの能力。今、精神性の目覚めと共に、レムリアが導く超! 宇宙時代がはじまる。