七夕間近の満月~前に進んで行くエネルギーが加速されるかも?

月の引力も存在しているものを打ち消すことはできません。 最大限に利用したり、活用できる方向へ、ポジティブな活用をできるようにしたほうが、当然、自然で楽な流れでしょう。
七夕間近の満月~前に進んで行くエネルギーが加速されるかも?

すっかり雨が多くなって、ようやく梅雨らしくなりましたね。
こんにちは、MICHAEL Yukiです。

さて、今回の満月のお知らせですが、7月2日の11:20になります。
さすがに朝なので、満月の丸々とした月はその時間には拝めないですが、少なくとも最大パワーのある夜までは、満月のエネルギーはしっかりと感じられるはずなので、有効活用しましょう。

 

今回の満月は山羊座の満月になります。

満月の「満たされる、達成する」というエネルギーとしては、山羊座のエネルギーとして、仕事に関してだったり、野心を燃やしていることに関してだったり、前に進んで行くエネルギーが加速されるかもしれません。
また、このタイミングで、なのか、箱根では山の動きも活発になっています。
こちらも心配な状況ですが、大地も呼応しているように思います。
それゆえに、よく考えて行動することをお勧めします。

自分だけでなく、巻き込まれてしまうこともあり得るので、こちらは、可能な限り、自分自身を冷静に保ち、最大限に情報を得られるようにして、その悪い状況から逃げられるようにしておくことが大切です。
人はパニックになると、釣られて同様に集団心理というもので、おかしな行動をする人たちに同調してしまうことがあります。
例えば、「非常口」というのは一つだけでないはずなのに、誰かがそちらに走り始めると、逆の近い方向にあったとしても、みんなが一つの場所に殺到して、アクシデントが大きくなることがあります。
また、聞いた話では、海外では、周りの人が走っていたら、何かあったと思って、同じように走って逃げていったら間違いない、という行動をするように考えているそうです。
ということは、何が起こっているのかを確実に分かった上での行動ではないのに、周りに振り回されて動いてしまうことが、物事を大きくすることもあり得るということです。
冷静に判断していたら遅い、という場合ももしかしたらあるかもしれませんが、判断をする時は、間違いなく、冷静な目で一度深呼吸して見るようにしましょう。

 

特に満月の辺りは気分が高まり易いです。

そこを理解した上で、自分の動きを決めましょう。
衝動的に動いたりすることは避けましょう。

一つ思い出したことなのですが、以前、バラエティ番組の中で、実験として、ある人が歩いて行っている方向から、大勢の人が曲がり角から急に走って出て来たら、その人はどうするか?という客観視するコーナーがありました。
やはり、何が起こっているのかわからないけれど、大抵の人は、その大勢の人たちに流されるように、走り始めていました。
(まあ、前方から人が走ってきたら、そうなってしまうのが自然なのかもしれませんが…)
そんな心理を理解しておく、知っておく、というのも大事なことだと思います。

 

自然というものは、人の想像がつかない程の力を持っています。

こればかりは、いくら頑張っても敵いません。
どれだけ頑張っても、地球を反対へ回転することはできないでしょうし、自然の法則の流れに任せるしかありません。
月の引力も存在しているものを打ち消すことはできません。
最大限に利用したり、活用できる方向へ、ポジティブな活用をできるようにしたほうが、当然、自然で楽な流れでしょう。
もちろんいつもの「お財布フリフリ」で臨時収入を得られるように願うことも満月には必ず行っていただきたいことです。
また、このところ雨が続いているので、夜の天気が心配ですが、できれば、月光浴ができるような時間を設けてほしいものです。

 

自然の中にいると、自分の中心と繋がっていくことが楽にできるようになります。

「ハイヤーセルフ」というものを、自分の外の遠い存在として置いてしまうから繋がりにくくなってしまうのです。
「自分の中心=ハイヤーセルフ」と考えてみてください。
自分自身をよく知っている自分なのです。
月の光やパワーを感じながら、自分自身がパワフルになっていて、天体だけでなく、地球の中心とも繋がって、エネルギーをしっかりといただいている様子を思い描きながら瞑想することもお勧めです。
ビジュアル化するならば、天からと地球の中心から矢印のように光の矢が降ってくる、という様子を思い描いても良いでしょう。
ハイヤーセルフと繋がるのは、慣れてしまえば、いつでもできることではありますが、難しく考えてしまうと、あえて時間を設けないと、とか、静かなスペースじゃないと、とか、特定の場所だったり、何かが無いとできない、と制限を自分でかけてしまいます。
これは、自分自身の中心から離れてしまっていくこになります。
できる限り「自分に制限を設ける」ということから解放されるようになっていくことをお勧めします。

 

全てにおいて、自分自身が最初は決めているのです。

「こういうものだ」と思うことで、その考えに同意しているので、受け入れてしまっているわけです。
簡単な例で言えば、この食べ物にはこれを付けて食べる、というものも、人によって違うはずです。
家庭環境の場合もありますし、地方的なものもありますし、一概に何が正しいのかは、自分が認めたものが「正しい」となるわけです。

簡単な所では日常でも沢山そういうことが起こっているのです。
それゆえ、楽に感じられるように、満月に、色々と試してみてくださいね。

素敵な夜を過ごせますように!