睡眠を変えて内側から白髪改善! 黒い艶髪が蘇る方法 Part.3

わたしが変えたあることは【睡眠】です。日本にいた時と比べたら真逆の生活・マインドに変えました。
睡眠を変えて内側から白髪改善! 黒い艶髪が蘇る方法 Part.3

ヘアサロンで染まらない白髪の理由

日本に住んでいたときに行きつけだったヘアサロンさんに、髪の毛のことについて、少し教えていただきました。
白髪が染まりづらい理由は、髪に皮脂やシリコンなどの油膜が多く付着している場合と、髪が太くて硬いためにカラー剤が浸透しづらい場合があるみたいです。

髪にシリコンが付着というのは、使っているシャンプーに残留しやすいタイプのシリコンが多く含まれているか、髪質的に付着しやすいなどの理由があるそうです。

 

皮脂の付着の多さは髪の毛の洗い方に問題があるのか?

皮脂の分泌量は人それぞれで、多い人の場合、髪にある程度溜まった状態になるそうです。普段のシャンプーでは、なかなかそれは落ちないので、洗い方の問題というより、髪質だそうです。
ただ、髪に油分があった方が、ツヤが出るので、皮脂の分泌が多いことは、悪いことではないそうです。
普段のシャンプーで落とせるのは、主に頭皮の皮脂だそうです。

 

半年間の白髪改善睡眠法で黒い艶髪に!

421027360

 

白髪改善睡眠法とは、わたしが付けた名前です。
どのような睡眠法かというと、とにかく睡眠時間を大切にする睡眠法です。
わたしは日本にいた時は、歯科医院の仕事から帰った後に、夜中まで原稿の執筆をしていました。
睡眠時間4時間くらいの日もあり、6時間眠る時間がある日は「6時間も眠れる!」と感じるような生活でした。
その生活から、いっきに睡眠時間を8時間に変えました。
最初の頃は、そんなに長く眠ることができなかったのですが、最初の1ヶ月くらいで徐々に慣れてきました。

※ ちなみにこの名前は後付けで、たまたま睡眠時間を大切にしたら白髪が改善しました。

 

ヘアサロンでも染まらない白髪が、睡眠で黒髪に改善!

92832922

 

わたしの髪の毛は美容師さんにも、母にも太くてしっかりした髪の毛だと言われます。
太い髪の毛は、カラーリングで、なかなか染まりにくいそうです。
ヘアサロンでプロの方がやっても染まりにくい毛が、睡眠で改善したことにすごく驚きました。

次回、睡眠の質と睡眠時間についてお伝えします。

続きもお楽しみに。

 

♦︎イギリスで婚活ブログ
http://london-mei.com/

 

《仲谷めいさんの過去記事はコチラ》