『「あの人の心」が手に取るようにわかる、誕命学の秘密』 ~人間関係を良好にするための最短ルートを手に入れませんか? ~

占いのようで占いでない!? 夫婦や恋人、会社の上司、または子供との関係等々、悩みは尽きません。全ての人に通じる良好な人間関係構築のための対処法があるとしたら……? 「誕名学」はその解決方法の一つとなります。
『「あの人の心」が手に取るようにわかる、誕命学の秘密』 ~人間関係を良好にするための最短ルートを手に入れませんか? ~

【誰でも人の性格を知る事ができる? 】

「あの人の気持ちがわかったら……」「あの人ってどんなことが好きなんだろう? 」
そんなことを考えたことはありませんか?

私たち人間の「悩みの大半は、その原因を突き詰めていくと人間関係に行き着きます」。
他人がどのような考え方をしているのか、どのようなことに興味を持っているのか、それを知る事が出来たならば、どれだけ「生きやすくなる」ことでしょう。

「そんなことはテレパシーや霊感などの特別な能力がないと無理」と思うかもしれませんが、実は、「特殊な能力がなくても、どんな人でも、他人がどのようなことを考えているのか、その性格傾向を知るための手段を身につけることが出来る」のです。

その手段というのが「誕命学」。

 

【大人気占い師が豊富な経験から産み出した技法】

「誕命学」とは、大人気占い師として「6万件以上もの鑑定」を行い、VIPや有名人などにも信頼されている「ミョンウォルさん」によって産み出されたもの。

ミョンウォルさんが、多くの相談を受ける中で、その悩みの根本に人間関係があることがわかったために、それを「クライエントが自分自身で解消できるようにと開発したもの」なのです。

その根本にあるのは「数字」ですが、一般的な「数秘術とは一線を画しています」。
元々、数字というのは、ピタゴラスをはじめとして、古くから神秘的なものとして扱われてきました。当時は口伝でしか伝えられないほどの奥義だったものが、時代がたつにつれて、数秘術という形で知られるようになったわけです。
そんな数字をベースに「四柱推命やタロット、姓名判断といった占いの根本原理を導入して、誕命学は完成」しました。

ミョンウォル01

 

【誕命学で見る数字と、他者へのアプローチとは? 】

数秘術では名前を元に数字を算出して、それをベースに判断しますが、「基本的に1つか2つの数字だけ」を扱います。それに比べると、誕命学では、「その人の中に含まれている数字を名前と誕生日から見つけ出し、どんな要素が多いのか、どんな要素が少ないのかというように多角的に詳細に分析することが可能」なのです。

例えば、「5」という数字の要素が強い人は、多くの場合、他者からの提案にたいして、一度は必ず「No」というタイプ。
しかしながら、自分自身で経験したことや、自分が納得していることに関しては受け入れやすい傾向があります。もし、あなたの意中の相手が、このようなタイプだった場合、いきなり告白をすると断られる可能性がかなり高くなります。では、どうすればいいのか?
遠回りに思えますが、恋心をそれとなく伝わるようにして、それを感じ取って貰ってからアプローチすることで、「OKを貰える確率があがる」のです。

これは恋人や配偶者相手にも使うことが可能です。
「8」という数字が強い人は、常に自分が正しいと思いがち。
また、他者をジャッジしたがる傾向もあるので、正面から意見をいうと喧嘩に発展することが多いでしょう。
そこで、一度相手の言葉を受け入れてから、こちらの意見を提案するようにしてみましょう。そうすることで、「喧嘩にならずに自分の意見を受け入れて貰いやすくなります」。

 

【名前だけでも、性格傾向がバッチリとわかる】

このように、「相手の性質を前もって知っておく」ことが出来れば、その人へのアプローチの仕方を、「最適なものに変えることが可能」になります。
そして、誕命学は、最低でも「名前さえわかっていれば、その人の性格傾向がかなり詳しくわかる」のです。もちろん、誕生日までわかっていればより詳細になります。

実際に筆者も取材時に、ミョンウォルさんには、「名前だけしか伝えていない」にもかかわらず、とても正確に自身の考え方や、嗜好を読み取られてびっくりしました。
まるで、超能力や霊感のようですが、誕命学はきちんと「原理原則がある技法」のために、それを学ぶことで、「誰もがミョンウォルさんと同じように、名前と誕生日から、人の性格を読み取れる」ようになります。

 

【子育てや会社運営、営業まで幅広い分野で活用できる誕命学】

恋人や配偶者などを対象に、「パートナーシップをより深める目的で活用する」のもオススメですが、誕命学は「子育てにも活用」できます。
「幼い子供はなにを考えているのかがわかりにくいもの」。
しかし、誕命学を使って、その子の性格傾向をつかむことが出来れば、「どういう状態ならば、話を聞いてくれるのか」「どう言えば進んで行動してくれるのか」などを理解し、「適切にアプローチすることが出来る」のです。まさに、「子育てに悩んでいる人にとっては、夢のような技法」といえるでしょう。

また、誕命学は非常にシステマチックな技法ですので、占いなどに比べると、「男性の方が学びやすいもの」です。

では、管理職や人事関係者が誕命学を身につけるとどうなるでしょう?

社員の性格傾向を把握しておくことで、社内での人間関係をより円滑にし、会社を効率的に運営することが出来るようになるのです。営業職の人が身につけると、営業先の担当者の性格によってより効率的にアプローチの手法を選ぶことが可能になります。

shutterstock_341281274

 

【自分を変えるために誕命学を使う】

このように、「男女問わず、人間関係全てにおいて活用することが出来るものが誕命学」なのです。
もちろん、自分自身にも活用することが可能です。自分の傾向を知ることで、他者からどのように見られているのかを確認できるのはもちろんですが、「自分の夢や目的にあわせて、自分自身を変えていく」ことも可能になっています。

どのように自分を変えていくのかというと、「名前の画数を変える」のです。誕命学では数秘術と違って、画数から自分自身の数字を導き出しますので、それを利用するわけです。
といっても、本格的に改名する必要はありません。目標にあわせて、必要な数を取り入れることのできる画数のペンネームなどを設定するだけで、その名前にある「数字の要素を自分に取り入れることができる」のです。
実際、この手法は効果的であり、「自分の中にない数字の要素を画数によって取り入れることで、夢を叶えた」という人が多く存在しています。

ミョンウォルさんいわく、「特別な才能がなくても、誰でも使えるめっちゃ簡単」な誕命学。人間関係で悩んでいる方はもちろん、振り向かせたい相手がいる方、子育てに苦労している方、自分の夢を叶えたい、自分を変えたいなどなど、多くの人にとって、とても有用な技法ですので、興味を持たれた方は、まずは自分自身で体験して、そして身につけてみることをオススメします。

 

◆ミョンウォルさんの『誕名学セミナー』がもうすぐ開催!!
初心者向け「イブニングセミナー」(1時間半) 6月17日(金)18:30~20:00
さらに詳しく「誕名学セミナー」(3時間)   6月19日(日)14:30~17:30
詳細はコチラ
http://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=1451

 

◆残り僅か!! ミョンウォルさん「個人セッション」
詳細はコチラ
http://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=1450