《月初めの運試し、大きく行ってみましょう! 》こんな視点はいかがでしょう? MIKAKUの易占アドバイス(9月第1週)

気軽に『易経』を楽しんでいただくきっかけになれば……ということで。 この一年も、こうした記事をちょいちょい挟んでいくことができれば! と、思っております。
《月初めの運試し、大きく行ってみましょう! 》こんな視点はいかがでしょう? MIKAKUの易占アドバイス(9月第1週)

大衍筮法による易占、4096の卦から得られる、先哲の英知。
取り入れてみると、ちょっと素敵な一週間になるかも?
易者MIKAKU(未畫齋)がお伝えします。

 

2年目、スタートです!

先週ご挨拶申し上げたところではありますが……。
Trinity WEB 様に記事を載せていただくようになりまして、ちょうど1年が過ぎました。
2年目も、よろしくお願い申し上げます。

毎月初めの恒例、運試し企画であります!
せっかくですので、大きく行ってみたいと思いまして……。
「大」の字がつく卦を選んでみました!

1、2、3の中から、好きな数字をお選びください!

415791910

 

1を選んだ方、「ありのままで」良さそうです!

1を選ばれた方。
得られた卦は、「大壮」(たいそう)です。

「大壮」は、「素早い動き」を象徴する「雷」と、「継続して動き続ける」ことを象徴する「天」とで構成されています。
そのため、非常に積極的で能動的。また、「陽気で騒がしい」という性質を持ちます。勢いの強い、良い運気です。しかし、なかなか中身が伴ってこないという性質、勢いが良いぶんだけ細やかさに欠ける(がさつ)という問題点があります。

「正しくあれば、それで良い」とされる卦です。
「正しくあれば」という言葉は少しあいまいですが、おおまかなところ、「ありのままで良い」ぐらいの意味です。

特にこれと言って不安のないひと月かも。
自然に振舞っていれば、好調に過ごせそうです。

恋愛運についても、好調そう。ただ、「がさつ」になりがちとされるところがありますので、その点には要注意です!

 

2を選んだ方、「文化の秋」のひと月かも?

2を選ばれた方。
得られた卦は、「大畜」(たいちく)です。

「大畜」は、「大なるものが養うこと」あるいは、「大いに蓄えること」を意味します。いろいろなものが充実している様子を象徴したものです。物質的なものだけでなく、人徳や教養といった精神的なものも含まれます。
また、「大畜」は、「豊かな蓄えがあるのだから、それを社会に生かすべきだ」という運気をも象徴しています。積極的な行動が吉となることが多い卦です。

豊かに実りあるひと月かも。
特に文化・教養方面では良いことがありそうです。

恋愛運についても、「円満・幸福」のイメージ。
小さなことの積み重ねが、素敵な恋愛へと繋がっていきそうです。

 

3を選んだ方、「防災月間」かも?

3を選ばれた方。
得られた卦は、「大過」(たいか)です。

「大過」は、「陽」の気が多過ぎて、それを支える「陰」の気が少なく弱いという、アンバランスな状態を象徴する運気です。土台や柱が弱い家のように、いま現在倒壊の危機が迫っている、という運気です。じっと隠れていてはだめで、積極的に乗り切らなければなりません。
現時点での危険ですので、逃げるにせよ立て直すにせよ、即断即決が求められる運勢です。
勇気と行動が、大切になります。

決断のひと月になるかもしれません。
うまく行っていないことがある場合には、「それを放り捨てる」ことが必要になるかも。

恋愛運でも、「逃げ」が基本になりそうです。
腐れ縁ではありませんが、うまく行っていない関係であれば、スパッと別れることも時には必要ですよね。
良さげな出会いがあった場合でも、何か危険なところを感じる男性であった場合には、「即座に逃げる」ことがお勧めになりそうです。

「なんだか3だけ、景気が悪いなあ」と思われてしまいましたでしょうか。
易では、「運勢は変化する」と考えて行きます。警戒し、行動すれば、変わって行きますので大丈夫!

303723392

 

早速、先週の言葉をひっくり返してしまいましたが……。

易占は「あてもの」ではなく「指針を探る」ためのもの! と先週ぶち上げておきながら。
今週いきなり「あてもの」記事で2年目をスタートさせてしまいました。

なんだかなあ、といったところでありますが。
気軽に『易経』を楽しんでいただくきっかけになれば……ということで。
この一年も、こうした記事をちょいちょい挟んでいくことができれば! と、思っております。

これからもよろしくお願いいたします!

 

《未畫齋さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/mikaku/?c=91777