1世紀以上の伝統を持つSAGBの叡智を日本で学べる〜ミディアムシップスクールが3月開講

スクールを卒業する時には、最高のミディアムとしての能力を身につけることができるのはもちろんですが、「世界的に活躍できるだけの技術と知識を兼ね備えるしっかりとしたプロ」になることができます。
1世紀以上の伝統を持つSAGBの叡智を日本で学べる〜ミディアムシップスクールが3月開講

【SAGBならではの霊媒育成システム】

19世紀に設立された「英国スピリチュアル協会(SAGB)」は、現在でも「ミディアム、すなわち霊媒」によるプレイベートシッティングと呼ばれるセッションを、毎日のように行い、さらに交霊会もデモンストレーションとして開催しています。

優れた霊媒が少なくなることで、「20世紀には下火になった」交霊会を21世紀の現代になっても続けられるのは、「優れた霊媒を輩出するためのシステムが確立している」からに他なりません。

そんなSAGBで看板講師として知られていたのが「キース・ビーハン」さん。自身も優秀なミディアムであり、サイキックなのですが、なによりも、その指導力と温かくおおらかで人を包み込み、癒してくれるその人柄により、多くのミディアムを目指す生徒を導き、育成してきた実績を持つことで知られている人物です。

 

【キースさんだからこそ提供出来るミディアムシップスクール】

そんなキースさんによる「ミディアムシップスクール」が、日本でも開催されています。
このスクールでは、普通のサイキックやミディアムではなく、「最高の人材を輩出する」ことを目的としているとキースさんは語ります。
「参加者ひとりひとりの中に眠っている異なった才能を、キースさんが持ち前の卓越した能力で読み取り、それを発揮できるように丁寧に指導してくれる」ことで、その質の高さが保証されるのです。

そのために、スクールを卒業する時には、最高のミディアムとしての能力を身につけることができるのはもちろんですが、「世界的に活躍できるだけの技術と知識を兼ね備えるしっかりとしたプロ」になることができます。

 

【質の高いミディアムを輩出するキースさんの能力】

カリキュラムがしっかりとしているのはもちろんですが、卓越した能力と経験を持つキースさんが、一人一人の状態をきちんと把握して、「それぞれにあわせてカリキュラムの内容や速度を調整してくれる」というのが「ミディアムシップスクール」の大きな特徴といえます。
もちろん、高いレベルのスキルを身につけるためには、「自分自身の努力が最も大切」となるわけですが、どのような方向性で努力をすればいいのか、自分のなにが足りないのかを教えて貰えるというのは、「学びを深める上でとても心強い」ものです。

そんなミディアムシップスクールの第3期が、「3月下旬から開講」。
ミディアムになりたいという方はもちろんですが、すでにプロとして活躍しているけれども、キースさんの指導の下でその力をさらに磨いて、世界に通用する力量まで伸ばしたいという方にもオススメできるものとなっています。

そういった方の場合は、基本となる「Stage1をスキップすることも可能」となっています。
ただし、基本とはいっても、Stage1を学ぶだけでも、かなり高いレベルのスキルを身につけることができますので、それを越えているとキースさんに認められる必要があります。
当然ながら、テストもありますので、自分のスキルに自信がある方はこちらも検討してみるといいでしょう。

長く続いてきた伝統的なミディアムを育成するためのプログラムを、「卓越したミディアムがより洗練させたミディアムシップスクール」。
初心者からプロまで多くの方を満足させることのできる内容となっていますので、興味を持たれた方は参加の機会を逃さないように要チェックです!

A school offered by excellent mediums.
Medium school school opened in Japan!

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809