水星の逆行が4度も訪れる2016年をどう乗り切るかによって、ニューエイジの幕開けを笑顔で迎えることが出来るかはあなたの行い次第です!

余程でない限り、新しい契約は水星が逆行中には控えた方が良いでしょう。 例えば、結婚式、旅行、何かの発表(特に言葉が必要なイベント)など、相手との意思を伴うような契約事は慎重にすることです。
水星の逆行が4度も訪れる2016年をどう乗り切るかによって、ニューエイジの幕開けを笑顔で迎えることが出来るかはあなたの行い次第です!

2016年1月の水星逆行で大きな衝撃ニュースがメディアを震撼させました。

日本ではSMAPの解散報道、海外ではデビッド・ボウイの訃報が流れたものの事実なのか誤報なのかで大きな混乱が起きていました。

また、タレントのベッキーのLINEを利用した不倫騒動、さらには、政界でも、甘利氏の不正問題が浮上にて、辞任したニュース、次から次へと新しい情報がインターネットを通じて表に出て来ました。

 

そもそも、その水星が逆行って何なの?
と思う方もいらっしゃるでしょう。

簡単に言うと、惑星の水星が、つまり逆戻りしているように見えることを示しています。

本当に逆行しているかと言えば、逆行していません。

占星術から見て、地球から見て逆戻りしているように見えるため、逆行と言っています。水星が逆に進んでいる訳ではありません。
また、逆行するのは、水星だけではなく、太陽と月以外の他の天体は逆行します。

西洋占星術では、10個の天体を主に使用します。

太陽と月、そして水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星。

各天体に固有の意味があり、例えば、金星は愛情や美意識、火星は主張や行動、木星は社会的な成功や豊穣などを示しています。

 

なぜ、今回の水星の逆行が他の時と異なるのか?

それは、どのニュースもそのニュースが事実かどうか専門家からの情報ではなく、ネット世代の人達がSNSを利用して拡散したことで、誤報かどうか確かめることなく、情報が漏れたことで、過去で起きた事柄が、表に出て来そうだった話題が、再度、メディアで取り上げられることになりました。

近年では、無くてはならない便利なツールが、水星の逆行で意思疎通となり、また、日頃からの行いが第三者によって錯乱されることもあります。

特に、水星は、思考、学習能力やコミュニケーションなどを表わします。
読むこと、書くこと、話すこと、電話やメール、交通機関、ビジネス、短期の旅行、そのほか、兄弟姉妹に関係することが役目となります。

ですから、水星の役目は今の時代には必要不可欠なエネルギーを発しています。
そのため、その水星が逆行したことで、生活に支障が出ることもあります。

こんなことが起こりやすいです。

•メールやパソコンなど、通信系のトラブル(メールが届かない、パソコンが不調だったり壊れたりするなど)
•コミュニケーションの意志の疎通のずれ(勘違い、誤解、行き違いなどが増える)
•交通機関のトラブル(ダイヤの乱れなどが起こりやすい)、天候、バス、車での事故
•計画のずれ(仕事など、予定通りに進まなくなる)
•再調整(過去の決定事項、また考えていたことなどを、見直す必要が出てくる)
•情報の洩れ(個人情報などが流失しやすい、個人単位では、噂したことが、相手の耳に入る、いじめられていることが明るみになる)

338996033

 

しかし、逆行は悪いことばかりではありません。

•過去の関係がよみがえる(昔の友達や知り合いと連絡が復活することも、元カレ、元カノ、別れた相手とSNSを通じて復活することもある)

•過去失敗したことにもう一度挑戦する(夢で終わりそうなこと、諦めていたことに挑戦する威力が湧いて来る)

•自分の内面に向き合うのに良い時期(自分を知るには良い時期ですから、瞑想したり、物心がついたときから思春期(8歳~15歳)の写真やアルバムを見直すと良い感情が蘇る)

今年、2016年の水星の逆行は2017年の年越しを含めると、4回となります。一回ごとに、約3週間ほど逆行します。

 

ただし、今年の水星の逆行には特徴があります。

なんと! すべて※「地のサイン」である星座で起こります。
※牡牛座、乙女座、山羊座

2016年に4回もの水星逆行
1回目:1月5日~1月25日<水瓶座0度で逆行開始、その後山羊座へ>(すでにご存知の通りの話題に尽きないニュース)
2回目:4月29日~5月21日<牡牛座で逆行>
3回目:8月30日~9月21日<乙女座で逆行>
4回目:12月19日~2017年1月7日<山羊座で逆行開始、その後射手座へ>

水瓶座、射手座も含まれていますが、地のサインで逆行するとどうなのか?

古代ギリシャ哲学では、「火」と「風」は男性の持ち物であり、「水」と「地」は女性の持ち物であるという考えがあります。

また、実生活を安定させて運営するには、この「地」の要素が強化されなければなりません。

ピタゴラス派のテトラクテュスは、世界の創造は4つの段階でなされたと言われています。(この話は機会があれば、また、今度)

水星が支配星となると、サインは双子座と乙女座ですが、双子座は知性の拡大、乙女座は実用的能力の発達に関係します。