闇への対処法【1】~陰陽全てを観る。わかったつもりが一番効果がでないということ~

僕が救われたものとは、自分の不幸と思える境遇を主観ではなく客観的にそして一つの現象として観れたことです。

◆僕が救われたもの

さて、今回からは闇に対する防御の仕方、自身の闇に囚われない方法をお伝えして行きますが、
闇の存在を忘れない為に、そこも挟みながら書いて行きます。

ここまで読んでくださった皆さま、僕の事を暗い人間、ネガティブな人間だという印象を
お持ちになられたかと思います。

が、しかし! 実際にはめちゃくちゃ陽気です!

若い頃よく言われたのが、「好洋君は悩みが無くていいねぇ」(笑)
実際には悩みだらけでしたが、他人と居る時にそれを出す必要がない。
周りの人にも笑っていて欲しい。だからいつも笑っています。

若い頃は無理にテンション上げていた事もありましたが、今では類い稀な人生と、
オカルトを超えた現実を目一杯楽しんでおります。

そもそも、闇なんて考えたことも無かったし、自分が闇の中に居る事すら思いもよらなかったというのが
実際のところ
ただ夢中でやって来た中で、様々な気付きや結果が出て来たのであって、
元々は能天気な右脳バカ
それが僕のデフォルトです(笑)

印象変わりましたよね?

そもそも、自分は明るい人間、どこにでも居る普通の人間、そんな風に思ってました。
ただ、やたらツイてないなぁという思いは常にありました。

産まれた時は死んでたし、
小さい頃はやたら虐められたし、
親や兄、教師からよく怒られ、殴られたし、
高校の柔道部は暴力部だし、
何かやると必ず障害が現れるし、
頑張ってビジネスで成功したら娘が亡くなるし、
それでも必死で頑張って37歳でセミリタイアしたら突然2度も死にかけるし、
何度も人に裏切られ、詐欺にも何度も合うし

……
……やっぱツイてない(笑)

そんな僕が救われたのは、事業を始めた時に精神を病んでしまい、たまたま訪れた催眠療法の先生から
伝えられた一言
「貴方がマトモな社会人に成れたのは奇跡です……」という言葉
普通ではなかったのか
そうか! 俺頑張ったんだな! と、その一言で文字通り救われました。

その後もイジケまくっていたのは変わりませんが、そんな僕を見かねた先輩から頂いた一冊の本
【生きがいの創造】
苦労が絶えない人間は生まれ変わった回数が多く、それだけ魂が成長しているというお話
これで完全に吹っ切れました。
そこから猛勉強を始め、紆余曲折を経て現在に至るわけです。

思い返せば、少年時代は猟奇を地で行っており、そのまま行けば間違い無く快楽殺人者になっていた事でしょう。
だからこそ、闇に対する憧れなど一切無く、光を求める気持ちが揺らがないんです。
僕が救われたものとは、自分の不幸と思える境遇を主観ではなく客観的にそして一つの現象として観れたことです。

 

◆情報収集の仕方

始めた勉強も最初はポジティブ思考一本やりで、脳が快になる本、CD、DVD、講演と、
極端に明るくなる情報を集めまくりました。
カウンセラーを始め、スピリチュアルに目覚め、成功法則や神社巡り、何でもやりました。
何事ものめり込む性格故、色んな先生方にもお会いし、組織にも入り、体験して行く中で観えて来たもの

それが陰陽でいう陰の部分です。

アレ? この先生こんな人なの?
アレ? この組織、こんな状態なの?

違和感満載、裏を知るほどに分からなくなる。
真理を求め続け、上っ面だけでなく深く入り込むことで学んで来たこと

そこで知ったことは、本当に結果を出している指導者は、
世の中や人間の陰陽、その双方を知り、常に真理を追求している求道者だということ

自分が仕上がっているとは全く思っていないし、これが完成形とも全く思っていない。
常に進化成長し、次々と新しいコンテンツを生み出していること
だからこそ、今も第一線で活躍しているんですね。

これは、永らく続けて来られた企業にも言えることです。
そして、自分にも他人にも非常に厳しいが、その根底に愛、希望、信仰があること
聖書にもその3つが大事だと書かれていますね。
その中で一番大切なものとは?
それが、僕が一番に伝えたいことであり、一番大切であり、一番効果が高いものです。
分かったつもりになるのが一番効果が出ないので、それは他の投稿で書かせて頂きます。

今回は陰の部分を観る

今まで信じて来たもの、信じられなかったもの
信じて来た先生や信じられなかった先生
大好きな法則や大嫌いな法則
大好きな言葉、大嫌いな言葉
大好きな方々や大嫌いな方々
大好きな食べ物や大嫌いな食べ物
大好きな神様や大嫌いな悪魔
情報収集は偏りなく観る
全ての陰陽を観る
全てを陰陽で捉える

その習慣を付けることが大切です。
次回はその観方について詳しく書かせて頂きます。

つづく

 

《加藤好洋(かとうよしひろ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/katoyoshihiro/?c=157537