2015年の「年の始めと1月5日の蟹座の満月」

蟹座の月は、家族的なつながりとか、職場、仲間といったつながりを大事にする意味がある
2015年の「年の始めと1月5日の蟹座の満月」

あけましておめでとうございます。清々しい一年の始まり、いかがお過ごしでしょうか?MICHAEL Yukiです。

今年は、どんな年にしよう?ということを先月最後の新月の時にお願いをした方もいらっしゃったでしょうか?また、新年の初詣でしっかりお願いするぞ!と誓った方もいらっしゃるでしょうか?お願い事も、他力本願ではなくて、しっかりと自分がちゃんと動く部分も必要です。なかなか「お願いしたらそれでOK」と思ってしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、お願いしっぱなしではなくて、それに近づく、という努力をすることで、より一層物事がスムーズに進むことを新月に願う、というのが、流れとしては、良いタイミングを呼んでくれるようです。

また、今年は、仕事始めが1月5日の方も多いかもしれません。その日が今年は、満月となっています。13:54にかに座の満月を迎えます。満月の傾向としては、なんとなく気分が高まりやすいこともありますので、この日に新年会、という方は、月曜日から羽目を外しすぎないように気を付けてください。飲食も吸収しやすいのが満月です。こちらも、気を付けて、いつも以上に少な目を心がけてください。

蟹座の月は、家族的なつながりとか、職場、仲間といったつながりを大事にする意味があります。そのため、仕事などでは「今年も頑張るぞ」といった決起集会的なものは、この日に行うと、より良いエネルギーが注ぎ込まれることでしょう。満たされるイメージで、新年を始められるというのは、なんだか何でもできそうな気分になってきますね。今年は、天体の動きからも、創造したり、自己表現したり、実行に移すことで、叶っていくことが可能になりそうなので、今から何か温めている方は、しっかりと形にしていくように流れを作っていくことをお勧めします

ある方のお話です。実際ある場所で「こういうことをやっているらしい」というのを聞いて、最初は、なんとなくイメージでしか話を聞いていなかったのですが、そのうちに、会う人に自分がその場所で「実現したいんだ」ということを公言するようになりました。すると、どういう繋がりからか、その場所からお声がかかって、実際にそのことが実行できることになったそうです。実は私も「そうらしいよ」とその方にお伝えした側だったのですが、その方が実際は自分で引き寄せたわけです。自分の実行力というのは、引き寄せる力もしっかりと含まれます。場合によっては、形になるまで公言しない方が良いこともあります。形になる前につぶされたり、邪魔が入ってしまうことも、時折あるようですが、実際には、このように「引き寄せる力」をしっかりと使って、自分が引き寄せて成功に導くことはできるわけです。

最初の一歩を踏み出さなくては、何も起こりません。誰かに助けを求めたり、知っている人に力を借りる方が近道になることもありす。上手に物事をつないでくれる人を見分けることももちろん必要にはなりますが、自分の直観を信じて、良い方向の流れに乗っていけるようにしていきたいものですね。今年は、満月にそんな成功事例を含めて、イメージの中で、自分が物事のサーフィンをうまく乗りこなしているのを想像しながら、どういう自分になりたいかを考えながら、月光浴などをしてみてはいかがでしょうか?

今年は休みが長い方もいらっしゃると思います。断捨離をしたりして、身の回りに何かがいつでも入って来られるスペースを作っておくことも忘れずに!
良い年になりますように。
そして、今年もよろしくお願いいたします
MICHAEL Yukiでした。