「悪運グセ」を失くしましょう
―開運の効果を倍増させる方法―

運に見放される人の大きな特徴は、十分努力しないことです。「恋人がほしい」「お金が欲しい」「昇進したい」といった願望があるにもかかわらず、達成に向かって頑張ろうとしないのです。
「悪運グセ」を失くしましょう<br>―開運の効果を倍増させる方法―

ツイていないとき、思うようにならないとき、あなたはツキを呼ぶために何をしますか?

世の中には、占い、神社参拝、パワーストーンを身につける、など、開運法はいろいろありますね。それだけ、開運の選択肢の幅は広くなっています。

でも、どんな開運法を試すにしても、その効果を上げるための「前提」が存在します。

逆を言えば、その「前提」がしっかりしていなければ、どんな開運法を実践しても十分なツキを呼ぶことはできません。

では、開運の「前提」とは何でしょうか。一言でいえば、

自分を客観的に見直すことです。

もう少し詳しくいえば、自分の「悪運グセ」を見つけ、改善していくことです。

ツイていないのは、もちろんその時期の運気が影響していることもあるのですが、悪運につきまとわれる悪いクセが影響していることも多いのです。ですから、自分の「悪運グセ」を直すことが、ツキを呼ぶのに重要になります。

では、「悪運グセ」とは何なのかを次にご説明しましょう。そして、そのクセをもっていないかどうかチェックしてみてください。

記事内挿入写真2

1.プラス言葉よりマイナス言葉を発していることが多い

「ウザい」「かったるい」「面倒くさい」など、ちょっとした悪い言葉、グチや否定的な考えを口にしてはいませんか? 人と話している時、返事の内容には、「どうせ…」「でもね…」「…は違う!」といった言葉を入れてはいませんか?

言霊(ことだま)と言われるように、言葉には神霊が宿っており、魂や力となって現われます。

それはあなたの運勢にも作用します。マイナス言葉を出せば出すほど、あなたの運は次第に0に近づくのです。

もしあなたが、マイナス言葉をよく言っているなら、これからはそれを口に出さないようにしましょう。

グチは話すのも聞くのもよくありません。言いたくなっても、そこはぐっとこらえて、言わないように努めましょう。
そして、プラスの言葉を多く言うことです。「ありがとう」「楽しい」「ツイてる」など、誰が聞いても心地よく聞こえる言葉を頻繁に言うようにしましょう。

2.他人の境遇や状況をうらやましく感じることが多い

お金持ちの人や出世が早い人、勉強ができる人、といった何かに恵まれた人を目にすることがあると思います。それで、あなたはその人たちをどう思いますか? もし、「うらやましい」と思うのであれば、いますぐそれをストップしてください。

人をうらやむことも、悪運グセのひとつであるからです。

人をうらやんだところで、あなたの何が変わるでしょうか……何も変わりはしません。進歩することもありません。あなたがうらやむ人にもなれません。ただ、うらやむことで自分の不幸を招くだけです。

むしろ、「人は人、自分は自分」と考え、自分自身の幸福を目指すほうが建設的です。あなたしかできないことをやって、それを自らの幸福につなげるようにするのです。

3.精一杯の努力をせず、途中で放棄したり、中途半端になったりしている

運に見放される人の大きな特徴は、十分努力しないことです。「恋人がほしい」「お金が欲しい」「昇進したい」といった願望があるにもかかわらず、達成に向かって頑張ろうとしないのです。

自分で「こんなに頑張っているのになんで……?」と言う方がいます。自分は努力を惜しんでいないのに、全く運が上がらない、ツイていないということを言おうとしているのでしょう。

しかし、頑張っているという評価は自分でするものではありません。他人がするものです。何人もの人がその人の姿を見て、「この人頑張っているなあ」と言ったならば、それが本当に頑張っているということになるのです。
あなたの努力は人から認められていますか?

4.自分自身で積極的に動かず、他力本願になっている

運は人によって「はこばれるもの」です。あなたのツキは他人がもたらしてくれるのです。しかし、そういう形になっているため、多くの人は「ツキは外からやってくるもの。自分ではもたらすものではない」というイメージをもっているようです。

そのせいなのでしょう。ツキを得ようとして他力本願になっていることも多いようです。自分を見直すこともせずに、神社にお願いに行く、占い師に頼る、パワーストーンに願いを託す、といった行為がよく見られます。
残念ながら、その行為はまちがいと言わざるを得ません。

なぜなら、ツキはあなた自身が原動力となって、あなた自身が作り出さないといけないからです。

他人が運んでくれたツキはあなたの行為が作り出したもので、人から人へめぐりめぐってやってきたものなのです。
そのためには、まず自分から積極的に動くことが重要です。人が喜ぶこと、人のためになることを、自分で積極的にやってみましょう。

以上の4つのことをチェックして、ひとつでも当てはまるようでしたら、そのクセを直すように心がけてください。当てはまるかどうか自分でわからない場合は、友人や知人に判断してもらうとよいでしょう。そのほうが客観的で確実です。

悪運グセが直ったあとで開運法を実践すれば、あなたはもっと幸福になれるはず。