数万人の鑑定で視えてきた濱口善幸氏の 「ココロが教えてくれる幸せ」vol.20
〜プライドについて〜

思い当たる人も居れば 自分はそうじゃない! 人はそんなもんじゃない! と思った方も居ると思いますが 感じ方は人それぞれなので正解も不正解もないので一つ参考にして頂けたら幸いです。
数万人の鑑定で視えてきた濱口善幸氏の 「ココロが教えてくれる幸せ」vol.20<br>〜プライドについて〜

みなさんこんにちは! タロット心理学研究家の濱口善幸です。

今日はプライドについて深くお話ししたいと思います。
プライドとはなにかご存知でしょうか? あなたの周りにもきっとプライドの高い人は居るのではないでしょうか?

 

そんなプライドの高い人と上手に接する方法を今回はお伝えしたいと思います。

①プライドとは?
②なぜプライドが盾になるのか?
③自分のプライドを知る方法
④プライドの高い人との接し方
⑤プライドの高い男性との恋愛

①プライドとは?
辞書には「誇り、自尊心、自負心」と書いてあったり「うぬぼれや思い上がり」と書いてあります。

またプライドが傷ついたという言葉は人に馬鹿にされた様に感じた時の表現方法だったり
プライドが邪魔をして本心とは違うことを言ってしまったという経験談も聞きます。
プライドをリフレーミングする(視点を変えてみる)ことでプライドとは何かを見つけることができました。

プライドは殆どの人が持っています。
ただそれが高いのか低いのかが問題になります。

心理的にこのプライドを見ると盾になります。

プライド=盾

②なぜプライドが盾になるのか?
それはプライドが高い人の心理はとても弱い人間だからです。
自分はなんでもできる! と周りに言ったりすることで自分の弱さを人に見せないようにできます。それがプライドなのです。
盾で守って自分の弱さを隠すことで人との関係にある程度の距離をとってうまく接しようとしています。
この距離をとることで自分の心の弱い所を他人に触れさせない様にできる仕組みです。

photo by hamaguchi yoshiyuki

photo by hamaguchi yoshiyuki

③自分のプライドを知る方法
心理テストなどで自分のプライドを知る方法は数多くありますが
今回僕はもっとシンプルに知れる方法をお伝えます。

「自分は悪くないと思う時に謝ることはできますか?」

この質問をするとプライドが高い人は「謝れない」と考えてしまうでしょう。

逆にプライドを捨てられた人やごく稀にプライドを持つことが無かった人は
「自分は悪くないと思う時に」の所で
「自分は悪くないと思う時がない」と反応してしまいます。

時と場合によるかなーと思われた方はプライドが少し高く人を笑わせるのは楽しく感じますが、何かミスをして笑われることを嫌ったりします。

④プライドの高い人との接し方
プライドの高い人はどこにでも居ます。
会社に勤めていた頃はプライドの高い人と接することも多かったです。
そんな僕もプライドの高い人間でしたので他人の服や靴、時計などをみて自分と比べては僻んでいました。
そして負けず嫌いの気持ちが出てくると
無理して良い時計を買って着けてしまうと陰で嫌味を言われたりしていました。

プライドの高い人は自分が負けていると感じる相手に敵対心が現れてしまいます。
プライドの高い人は褒めておけば良いと考える人もいますがそんな扱いをされても喜べる人はごく一部の人です。

photo by hamaguchi yoshiyuki

photo by hamaguchi yoshiyuki

褒めるタイミングは相手が自慢してきたり、新しい物を新調して着けてきたりする時です。
絶対に触れてはいけないのは相手の生き方やこれまでの実績などです。
これらを褒めたりすると「上から目線だ」と思われてしまうことがあります。

プライドの高い人と接するもっとも良い方法は
「初めから自分の弱さを見せる」ことです。
そうすることで相手は油断してくれるので自分のプライド(盾)で守らなくても良くなります。
ゆっくり時間をかけるのもポイントです。焦って動かしても良いことはありません。

最後にプライドの高い人の恋愛についてお話しさせて頂きます。

⑤プライドの高い男性との恋愛
先に好きになってしまうとなかなか上手くいかないタイプが「プライドの高い男性」です。
女性の占いのお客さんでこのタイプの男性に恋をした人の多くが、振り回されたりする例が多くあります。
なかなか結婚できない人の好きになるタイプでもあります。

単刀直入にアドバイスすると

「彼の言いなりにならない」ことです。

プライドが高い男性は自分の思い通りにならないことに関してとても価値を見出すことがあります。
自分の言いなりになる様な人はあまり価値を感じないことが多いです。
逆に価値を感じるのは
なんでもハイと言わない。自分の意見や気持ちがしっかりしている。
空気をよんで流れをよんでくれる人です。

例えば彼があなたに仕事終わりに必ずメールや電話で連絡をして欲しいと言ってきたとします。
彼のことが大好きなら喜んでハイと言いたいところですが

「あなたのことが大好きだから連絡したいけど」

「毎回はできない」「そういう約束はしたくない」「言われてするなんてしたくない」

その様に伝えて彼が理解してくれたのなら

ありがとうと言って毎回連絡をしてあげて下さい。

もし怒りやあっそと素っ気ない態度ならあの手この手とあなたを支配しようとしてくるので連絡しない時を作ったりしてどんどん難しい女性になってあげて下さい。
言いなりになれば彼はどんどん調子に乗ってしまいますので注意して下さいね。

photo by hamaguchi yoshiyuki

photo by hamaguchi yoshiyuki

今回はプライドのお話をしましたがみなさんいかがでしたか?

思い当たる人も居れば
自分はそうじゃない! 人はそんなもんじゃない! と思った方も居ると思いますが
感じ方は人それぞれなので正解も不正解もないので一つ参考にして頂けたら幸いです。

★よっちゃんへ質問&相談のコーナー
トリニティ読者さま限定で、仕事、恋愛、家族などのお悩み、何でもお答えさせて頂きます。
みなさまからのご質問、お待ちしています!

ご質問はこちらへ!!

 

《濱口善幸 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/hamaguchi_yoshiyuki/?c=99657